お悩み別 お悩み別

もとび美容外科クリニック 鼻柱が引っ込んでいるについて

鼻柱が引っ込んでいるとは

鼻柱後退

正面から見て鼻柱が引っ込んでいると、鼻先・鼻柱が小鼻と同じか、高い位置になりバランスが悪くなって不格好になります。

鼻柱が後退している図

このようなお鼻の方では鼻柱を下降させるとお鼻のバランスが整います。

 

小鼻と鼻柱の高さの関係を表すACR(alar columellar relationship)という指標がありますが、ACRは程よく下向きが理想です。

ACR(Alar-Columellar-relationships)

ただし、ACRが下すぎると垂れ鼻で老けた印象のお鼻になってしまいます。

 

鼻柱が引っ込んでいるといっても鼻柱の基部だけ引っ込んでいる人、鼻柱も鼻先も引っ込んでいる人がいます。

 

鼻柱の基部が引っ込んでいると横から見たときの鼻柱と上唇(人中)の角度(鼻唇角)が急になります。

鼻唇角のイメージ

ちなみに鼻唇角は90~95°が適正と言われていますが皆さんはいかがでしょうか。

 

鼻柱の引っ込みを改善する方法

鼻柱基部だけを下方に伸ばすか、鼻柱や鼻先を全体に下方に伸ばすかで施術方法は違ってきます。

それぞれについて下で解説します。

 

鼻柱基部を下方に伸ばす

鼻柱基部下降

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸を鼻柱の基部のANSという骨の突起付近に注入することで鼻柱基部を持ち上げることができます。
注射で手軽な方法ですが、半年~1年ほどで吸収されていきます。
手術は怖いという方、まずはお試しで改善したいという方にはお勧めの方法です。

ヒアルロン酸(クレヴィエルコントア)についてはこちら

 

鼻柱基部軟骨移植

鼻柱基部だけ下方に伸ばすには、鼻柱部分の鼻孔縁を切開して耳からの軟骨を重ねてサイコロ状にしたものを挿入して基部を下降させます。

鼻中隔延長のように土台に固定して持ち上げるわけではありませんので効果には限界はありますが、ある程度簡単に基部を延ばすことができます。

ただし鼻先は下がらないので鼻柱基部だけ下方に下降した場合は相対的にアップノーズになりやすくなるため、アップノーズの方では鼻尖軟骨移植や鼻中隔延長が必要になる場合があります。

鼻柱基部下降についてはこちら

 

鼻下長短縮術(リップリフト)

鼻下長短縮(リップリフト)イメージ

鼻の下の皮膚を切除することで鼻の下の長さを短縮すると同時に鼻柱を下降させることができます。

上唇は上に引き上げられて中央部分中心に厚みが出ます。

鼻の下が長い人では良い適応です。

鼻下長短縮(リップリフト)についてはこちら

 

鼻柱全体を伸ばす

鼻中隔延長

鼻柱全体を伸ばすためには鼻柱にある鼻翼軟骨の内側脚全体を引き下げて固定する必要がありますので鼻中隔延長が必要になります。

鼻中隔延長は鼻中隔軟骨をくりぬいて残った鼻中隔の先端に移動させて固定し、延長された鼻中隔に鼻翼軟骨の内側脚を引き下げて固定します。

鼻中隔延長の軟骨移植

鼻先も同時に下げることも可能です。

鼻中隔延長ではもともとよく動く鼻先が固定されてしまうこと、曲がりや鼻閉になるリスクが多少出てきます。

鼻中隔延長についてはこちら

ページトップに戻る ^
TOP