サイト内検索

美容コラム/ Beauty column

フェイスリフト手術で失敗しないための重要なポイントとは?

作成日:2015.6.25 更新日:2019.10.20

フェイスリフト失敗しない

フェイスリフトは

”腫れる”

”痛い” 

”傷が目立ってしまう”

というマイナスイメージを持たれている方も多いかもしれません。
いくらたるみが改善しても、失敗して傷が目立ってしまっては悩みが増えてしまいますよね。
そこで、

・腫れ、ダウンタイムが少ない

・効果が高い、長持ちする

・傷が目立ちにくい

という理想的なフェイスリフト手術があれば受けてみたいと思いませんか? そんな理想に近いフェイスリフトを選ぶポイントについてまとめてみました。

フェイスリフトを選ぶポイント

①皮膚ではなくSMASをしっかり引き上げているか

②メリット・デメリットのバランスの良いか。

③傷をきれいに治るようにしてくれるか。

①皮膚ではなくSMASをしっかり引き上げているか

ご存知の方も多いと思いますが、SMASとは表在性筋膜群(superficial musclo-aponeurotic system)の略で、 イメージとしてはお顔の全体を覆っている、筋繊維を含んだしっかりした支持組織です。
皮膚だけでなく、SMASをしっかり引き上げることが重要です。
皮膚で引き上げると、切開した皮膚にテンションが強くかかって、傷が目立ったり、耳が変形した入り、耳の穴が丸見えになったりしてしやすくなります。
SMASで引き上げることで、自然でしっかりしたリフト効果を出すことが可能で、傷もきれいに治りやすくなります。
お顔のタイプによってSMASを縫い縮めるのが良いか、SMAS下を剥離してしっかり引き上げるのが良いかは違ってきます。
自分のお顔に合った方法で、しっかりSMASを処理してくれるドクターが良いです。

②メリット・デメリットのバランスの良いか

フェイスリフトのグラフ2 しっかり引き上げようと剥離範囲を広げるたり操作を加えるほど、内出血や腫れのリスクは高くなり、神経障害などのリスクも高くなってきます。
リスクをとって広範囲の剥離をおこない、腫れて内出血したわりには、そこまでの効果がなかったということは意外に多いです。

フェイスリフトの場合、やればやるほどメリットよりデメリットが大きくなってきます。
「やりきった!」というドクター側の自己満足というケースは多いです。
大切なのはバランスだと思います。

腫れをなるべく抑えて、効果もしっかり出るようなバランスの良いフェイスリフトがおすすめです。
※もちろんダウンタイムが長くなっても、ある程度リスクをとってもかまわないであればしっかりやってもらうのも手です。

③傷がきれいに治るようにしてくれるか。

フェイスリフト 図解イラスト 皮膚だけで引き上げて、無理のかかる方法でフェイスリフトをおこなうと、傷に常にテンションが加わります。
傷にテンションがかかると、傷が盛り上がったり、赤みが長引いたりして汚い傷になってしまいます。
また、それだけでなく、耳の穴を保護している耳珠というかぶさりが引っ張られて、耳の穴が見えてしまったり、 ”フェイスリフト耳”といって、耳たぶが引っ張られてまっすぐの不自然な耳たぶになるなどの変形が起きてしまいます。
そうならないために、しっかりSMASで引き上げてリフトアップし、皮膚は添える程度の力加減で丁寧にトリミングして合わせていくことが必要になります
また、切開線にジグザグをたくさんつくって傷のテンションを分散するなどの工夫も重要です。

他に、傷を目立ちにくくするために、 耳珠という耳の穴の部分の出っ張りを回り込んで切開して切開線を見えにくいようにしたり、 耳の形の変形を少なくするために切開線を工夫し、手間をかけて丁寧に縫い合わせることで、 より自然で、手術をしたことをわかりにくくすることが可能です。
(フェイスリフト3ヶ月後の傷の例) フェイスリフト-脂肪吸引-傷跡 (少し赤みがありますが、あと数か月すると、もっと白くなって傷が目だだなくなって完成していきます。)

まとめ

以上のように、細部にまで気を遣い手術することで、

・腫れ、ダウンタイムが少ない

・効果が高い、長持ちする

・傷が目立ちにくい

という理想に近いフェイスリフト手術をおこなうことが可能です。

切るのは怖いという方も多く、切らないリフトを希望される方は多いですし、それはそれでもちろん良いでしょう。
しかし、切らない方法では、たるんだ皮膚や組織を除去するわけではないので、 リフト効果には限りがあり、効果としてはたるみの予防程度になってしまいます。

フェイスリフトは今まで蓄積されたたるみを除去することで、長く若返り効果を出すことが可能で、もちろん老化の進行を遅くしてくれます。
フェイスリフトはガッツリ腫れるというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、
方法を選べば、腫れを少なく抑え、傷も目立ちにくくすることが可能ですよ。

※症例写真に関する説明

(フェイスリフト)
料金:348,000~648,000円
リスク:一時的な腫れや内出血、色素沈着。傷の赤みや盛り上がり

お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

~執筆者紹介~

西尾 謙三郎 医師
西尾 謙三郎 医師
15年以上の実績を持つ美容外科医師。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。

関連する施術

もとび式フェイスリフト(ホホ)
 もとび式フェイスリフト(ホホ)
もとび式トータルフェイスリフト(ホホ・首)
 もとび式トータルフェイスリフト(ホホ・首)

関連するコラム

人気コラムTOP10

ランキングの続きを見るランキングの続きを見る

記事カテゴリー記事カテゴリー

キーワードで記事を探す

人気のキーワード

おすすめコンテンツおすすめコンテンツ

もとび美容外科クリニックのおすすめ情報では、お得なキャンペーンや
最新治療法のご紹介など、お客様に役立つ情報をお届けしています。

もとび美容外科クリニックについて

もとび美容外科クリニックについて
何故もとび美容外科という名前なのか、当院の診療方針などについて、youtubeの解説チャンネルでご挨拶させてもらっております。
もとび美容外科クリニック美容整形解説チャンネルでは、美容外科経験16年以上の西尾院長が、美容整形に関することを分かりやすく動画で解説し、発信しています。 チャンネル登録をぜひよろしくお願いします。
👇チャンネル登録はこちらから👇

今月のキャンペーン!

今月のキャンペーン!
今月のキャンペーンのご紹介! コロナ明けのマスクを外す機会が増える中、顔痩せ・小顔短時間プチ整形はいかがですか?

長期持続ヒアルロン酸 ボラックス

長期持続ヒアルロン酸 ボラックス
鼻やアゴの形をシャープンに作ることが出来る、形成力・持続力が高いヒアルロン酸「ボラックス」‼ 厚生省承認のヒアルロン酸です。

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力よろしくお願いします。

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力よろしくお願いします。
当院では新型コロナウイルス対策としてマスクを着用していただいております。(マスクがない方は受付で購入できます。)また、検温や手指のアルコール消毒にご協力よろしくお願い致します。

女性ドクターの婦人科形成

女性ドクターの婦人科形成
デリケートゾーンのお悩みは相談しにくいものです。 当院では女医さんがカウンセリングから施術を担当いたします。 お悩みをお気軽にご相談ください。

チンセラプラス 脂肪溶解注射

チンセラプラス 脂肪溶解注射
脂肪溶解成分のデオキシコール酸を0.8%配合。痛みや腫れも抑えられるようpH・浸透圧を調整された脂肪溶解注射です。

BNLS Ultimate(アルティメット)

BNLS Ultimate(アルティメット)
BNLSneoが進化して登場!脂肪溶解成分の増量で脂肪溶解量が確実にアップ!さらに、新成分配合で腫れにくく痛みの少ない脂肪溶解注射になりました。

HIFUで切らずにリフトアップ

HIFUで切らずにリフトアップ
新機種!切らない腫れないリフトアップ小顔レーザーのハイフ(HIFU)「ULTRAcel Q+(ウルトラセルQ+)」ダウンタイムもなく、スタッフもみんな受けて好評です。

飲むヒトプラセンタ

飲むヒトプラセンタ
ヒトプラセンタの内服薬の登場です! 今までクリニックでおこなっていたプラセンタ注射が飲み薬になりました。 医療機関限定の効果の高いヒトプラセンタを、サプリ感覚で体感してみてはいかがでしょうか。

症例写真多数掲載中 口コミアプリ

症例写真多数掲載中 口コミアプリ
お客様の率直なご意見、症例写真等掲載中! 口コミアプリの「トリビュー」はこちら。
もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする

Instagram Instagram

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら