症例写真 症例写真

目の下脂肪とり 1週間後

(手術前)⇒(1週間後)

西尾 謙三郎医師からのコメント

西尾 謙三郎医師

目の下の脂肪とり後1週間ですが腫れ内出血も少なく自然な感じでクマが改善しました。

時間とともにむくみはもう少し落ち着いていきます。

今回のお客さまは目の下のクマを気にされてご来院され、目の下のくぼみ(tear trough)はそれほど深くなかったので、まずは脂肪とりでクマを改善させることになりました。

基本的には、目の下のふくらみ(眼窩脂肪)とくぼみ(tear trough)の両方でクマが強調される方が多く、目の下の脂肪とりと脂肪注入を併用するほうが良いケースも多いです。
参照⇒あなたの目の下のクマの原因は?|原因別の解消法

眼窩脂肪の多い方は若いうちからクマが目立ち、どんどん目袋になって目元が老けていきます。

早めに脂肪を除去すれば目が老けにくく若々しく保つことが可能です。

ある程度クマが進行してしまうと皮膚のたるみが出てくるため早めにクマ治療をおこなうのがおすすめです。

料金:148,000~168,000円

リスク:一時的な腫れや内出血。凹みのリスク、まれに目の下の膨らみが再発するリスク

このページに関連する症例写真

この症例写真で 紹介している施術

もとび美容外科クリニックの メニュー別に症例写真を見る
目の整形にこだわる「もとび美容外科クリニック」には、二重術、フェイスラインや若返りなどの幅広い美容外科の施術に加え、シミやプチ整形など美容皮膚科の症例もあります。
痩身
ページトップに戻る ^
TOP