サイト内検索

施術/ TREATMENT

二重術(ビーズ法)

二重術(ビーズ法)

切らない、糸が残らない、自然な二重に近い二重術

まぶたを切らずに、糸も残らない手術です。本来の二重構造をつくり、埋没法より安定した二重を作ります。

ビーズ法は、1週間糸をまぶたに通しておいて、まぶたを切開せずに本来の二重の構造を人工的に作る手術です。
全切開による二重並みの強固な二重を作ることが出来ます。
傷は残らず、抜糸をしますのでまぶたに糸も残りません。
まぶたを切りたくないけれど二重を安定させたい、埋没で二重が戻ったという方にはビーズ法がおすすめです。
ただし、糸とビーズがついている1週間は目元はかなり不自然で、23週間は腫れがとくに目立ちやすいのでご理解して施術を受けていただく必要があります。

昔は、埋没法が主流になる前はビーズ法が主流でした。
ダウンタイムが少ない埋没法が出てきて以来かなり少なくなったようですが、今またその戻りにくさと仕上がりの自然さが注目されて再び脚光を浴びてきています。

ビーズ法とは

もともと二重の方では、挙筋腱膜に連続する線維性の組織が二重ライン上の皮膚につながっています。
挙筋腱膜はまぶたを開く力が伝わる部分ですので、目を開けると二重のライン上の皮膚が同時に引き込まれて二重になります。
本来の二重の人の線維性組織

これと同じような線維性の組織を人工的に作るのがビーズ法です。
ビーズ法では、太めの糸をまぶたの表と裏を貫通させて通します。
糸を結ぶ際には、ビーズを使って糸の結び目の皮膚の間にスペースを作り、糸が皮膚に食い込んで傷が残ったり、埋まったりしないようにします。
二重術(ビーズ法)の断面図イラストですので、「ビーズ法」と呼ばれています。
糸は太めの絹糸(より糸)を使用しますので、異物反応・創傷治癒反応によりご自身のコラーゲンが生成されます。
1週間後に糸は抜糸しますのでまぶたに異物が残ることはありません。
コラーゲンが生成されて癒着することで、自然な二重の線維構造を作ります。
そして、その線維構造が長期的に二重を自然な感じで安定させてくれるのです。

ビーズ法の構造(断面図)

このように、ビーズ法では自然な二重に近い構造を作ります。
埋没法に比べて強い二重を作ることが出来ます。
ただし、炎症を起こすため、最初は腫れが強く出ます。
二重の切開法と同じか、少し腫れは少ないと考えると良いでしょう。
特に抜糸するまで1週間は糸が入っていて目が開きづらくてかなり不自然ですが、正常な経過ですのでびっくりしないようにしてください。
抜糸直後から不自然さは落ち着きます。
ちなみに抜糸前の腫れは下で画像をご紹介しますのでご参考ください。

ビーズ法のメリット

皮膚を切開しない

糸を通すだけですので、切開線は残りません。

切開法並みの安定した二重が出やすい。

二重埋没法で二重がつかない方などにおすすめの施術です。

異物(糸)が瞼に残らない。

糸は1週間で抜糸します。

自然な構造の二重を作ることができる。

 上述のように、糸の炎症反応による癒着で、二重の線維性組織を人工的に作ります。

ビーズ法のデメリット

ダウンタイムは長い

切開法と同じか少し短い期間のダウンタイムがあります。

狭すぎる二重や広すぎる二重はできない。

ビーズ法は瞼板の上縁あたりから癒着させて自然な二重に近い構造を作るため、ご自身の自然な高さの二重しか作れません。
多少の調整は可能ですが、狭すぎる奥二重や広い二重を作ることは難しいです。

眼瞼下垂になる可能性がある

切開並みに癒着が強いため、まぶたに負荷がかかってまぶたが重くなって眼瞼下垂になる可能性があります。
特に食い込みがなじむまでの間、6ヶ月ほどは眠たい感じの目元になる可能性があります。
もともと眼瞼下垂の方では慎重におこなう必要があります。

二重が戻りにくいぶん戻しにくい

ビーズ法は戻りにくい二重術ですが、埋没法のように抜糸して戻すということは出来ません。

 

注意点

① デメリットでも述べていますが、ビーズ法では、自然な二重の解剖的構造を作りますが、自然な二重の高さは瞼板上縁付近に来ることが多く、狭すぎる二重、広すぎる二重は難しいです。
シュミレーションでご希望のラインをデザインさせていただき、ある程度の二重幅の調整は可能ですが、ご希望のラインと言うよりご自身のつきやすいラインに落ち着いてきますので、ご希望の幅と少し差が出ることがあります。

② 眼瞼下垂やくぼみ目、たるみなどで二重がつきにくい方ではまずはそれらの原因を改善させないとビーズ法などの二重術だけをおこなっても二重が安定することはありません。

③ 強固な二重を作りますが、100%取れないというわけではありません。
切開法でも戻ってしまう方はまれにいらっしゃいます。
ただ、かなり二重は取れにくくなります。

ビーズ法のダウンタイム、日常生活

抜糸をするまでの1週間はかなり腫れが目立ち不自然になります。
抜糸直後は不自然さがぐっと引いて、その後は腫れは徐々に改善していきます(下記症例写真をご参考ください)。
内出血は少し出る場合がありますが、1,2週間で消えていきます。
ダウンタイムは埋没法より長引き、2,3週間はダウンタイムを見ていただくと良いです。
半年~1年ほどかけて細かなむくみが取れて完成します。

抜糸して48時間以降からメイクは可能です。
腫れが強いうちはメイクでカバーしていただければと思います。
手術後1,2週間はむくみやすいため、長風呂、サウナ、激しい運動、お酒などは控えていたただくと良いです。

ビーズ法症例写真

(手術前)
二重術(ビーズ法)症例写真 手術前
(1年後)
二重術(ビーズ法)症例写真 1年後

手術直後からの経過を載せますのでご参考ください。
(抜糸直前)
二重術(ビーズ法)症例写真 抜糸前1週間後の抜糸前です。目の開きが悪くなるのでかなり不自然です。
(抜糸直後)二重術(ビーズ法)症例写真 抜糸直後、1週間後抜糸すると目が開きやすくなり不自然さはぐっと落ち着きますが、まだまだ腫れています。
(1ヶ月後)
二重術(ビーズ法)症例写真 1ヶ月後食い込みや腫れは残りますが、だいぶ落ち着いてきました。
(1年後)
二重術(ビーズ法)症例写真 1年後ほぼ完成です。
目を閉じた画像です。
二重術(ビーズ法)症例写真 1年後、閉眼 二重のしわはわずかにありますが、傷ではありません。
自然な感じかと思います。

当院では無料カウンセリングを実施しています

  • どの施術が自分に合っているの判断できない
  • 悩みがあるけど、どんな風に直せばいいか
    わからない
  • 生活への影響、施術のリスクが心配

経験豊富なスタッフが対応いたします

お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください

お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00
web予約 web予約
サイト内検索

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

Instagram Instagram

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2021年 8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら