症例写真 症例写真

自然な目の上のたるみとり|眉下切開 1か月後

目の上のたるみとり(眉下切開) 1か月後の経過

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

  • 自然な目の上のたるみとり|眉下切開 1か月後1セット目 Beofre
    自然な目の上のたるみとり|眉下切開 1か月後1セット目 After

西尾 謙三郎医師からのコメント

今回のお客様はまぶたが重くなって見えにくくなってきたということで眉下切開で目の上のたるみを除去しました。

 

重かったまぶたがすっきりして目がはっきりしましたね。

 

傷もメイクをすれば目立たないです。

 

当院ではルーチンで毛包斜切開という毛根を残す切り方でおこなっていますので、

 

時間が経つと、傷に毛が生えてきてどこを切ったかわからなくなってしまいます。

 

1年以上前に施術をおこなった方々から、全然傷が目立たなくてうれしいとか、傷がきれいでほめられます、など報告していただいています。

 

ただし、どんな切開の傷も数か月~半年くらいは赤みがあり、

 

すぐ傷は完成するわけではありませんので、しばらくメイクでカバーしてもらいます。

 

 

目の上のたるみを二重のライン上で切って除去する方法がありますが、

 

腫れが強くダウンタイムが長くなるだけでなく、

 

二重の直上でたるみを除去するので眉に近い厚みのある皮膚が二重の上に降りてきて、厚ぼったく、少し不自然な二重になってしまいます。

 

眉下切開であれば、まさに眉を手で引き上げたようにたるみを除去することができますので、

 

若い頃の自然な二重に戻ることが可能です。

 

目の上のたるみが気になる方には眉下切開がおすすめですよ。

ページトップに戻る ^
TOP