施術 施術

もとび美容外科クリニック 目頭切開

目の横幅が広がって目が大きく華やかなになります

目頭切開とは

目頭切開は蒙古襞を解除して目の幅を広くして目を華やかに見せる手術です。

目頭切開2

蒙古ひだとは、目頭部分にある水かきのような皮膚などのツッパリのことで、赤ちゃんや子供で発達しているため蒙古ひだがあると幼く、目が小さく見えます。
目頭切開ではひだを切開して除去したり、解除することで隠れていた目を大きく露出し、目頭側の目の幅を広くして大きく見せます。
ですので、蒙古ヒダがないと目頭切開はできません。

※蒙古襞が少ない方では目尻を切開して目の横幅を広げる目尻切開もあります。
目尻切開は目の横幅を広げる効果は目頭切開程ではないことや、手術できる人・できない人がいますのでご相談ください。

目を華やかに見せることが出来る

目の横幅が広くなることで目が大きく華やかになります。
イメージとしては、蒙古襞があるとかわいい系の目元になりますが、目頭切開で蒙古襞がなくなると大人っぽくなり華やかな美人系の目元になります。

目はアイラインなどのメイクで大きく見せられるように、手術でも目の横幅だけでなく、上下左右に大きくすることができます。

※下記コラムを参照してください。

【参照】目を大きく見せるための方法②|整形で切らずにバレずにデカ目に

平行型になりやすくなる

二重を平行型にしたい方では、目頭切開をして蒙古襞を解除することで平行になりやすくすることが可能です。
また、二重の高さを蒙古襞より高くすることで平行になりやすくなります。
目頭切開と二重術を組み合わせるとさらに平行型になりやすくなります。
平行型をご希望の方では、ご自身のご希望や目のタイプに応じて施術をおこなって平行型になりやすくしてあげるのが良いかと思います。
【参照】二重を平行型にする方法 埋没法で平行型にできる?

目頭切開の注意点

誰でも出来る手術ではない

目頭切開は蒙古襞を解除する手術ですので、上記のように蒙古襞がない人は手術が出来ません。
また、目の横幅が広がる分、目の間の幅が狭くなりますので、もともと目の間の幅が狭い方では寄り目になってバランスが悪くなりますのでおすすめできません。
(個人差はありますが、目の間の幅が33㎜以下では手術しない方が良いと言われています。)
さらに、もともと老けて見られやすかったり、きつく見られやすい目の方では、より老けて見えるようになったり、切れ長になってきつく見えてしまうこともありますので注意が必要です。

目頭切開の傷は最終的には白っぽくぼやけて目立ちにくくなっていきますが、どこを切ったか分からなくなる方もいらっしゃれば、わりと残る方もいらっしゃいます。
最初の数か月は傷に赤みや厚みが出ることがあり、3~6か月くらいで白く抜けて完成していきます。
傷が肥厚性瘢痕になってなるべく傷が汚く治らないように、傷に赤みがある間は、傷をきれいに治しやすくするお薬(トラニラスト)を内服していただくと良いかと思います。

基本的に戻せない

目頭切開は目の形(個性)を変える手術です。
傷は目立ちにくいとはいえ残りますし、完全に元には戻せません。
(皮膚を切除しないZ形成は多少戻しやすくはあります。)
雰囲気が変わりやすいため、迷うようであれば慎重に考えて行う必要があります。
調整して控えめに切開することも可能ですのでご相談ください。

目頭切開の種類

目頭切開には多くの方法がありますが、当院では目頭切開には、
Z形成、リドレープ法、W形成(内田法)、単純法、平賀法
日本で行われているメジャーな目頭切開を取り揃えており、ご希望により選択しておこないます。
それぞれの特徴は簡単には以下の通りになります。

Z形成

目頭切開Z形成傷跡
・目頭の皮膚を切除しないので不自然な丸みのある目頭になりにくい。とがった目頭になりやすい。
・平行側になりやすい。
・後戻りが少ない
・もとに戻しやすい。

Z形成について詳しくはこちら

リドレープ法

目頭切開リドレープ法傷跡
・傷が目のラインに沿ってできるため、最終的に傷が目立ちにくい。
数か月以内は、目の下の剥離部分の硬さや厚みが出ることがある。
・どちらかというと蒙古襞の下半分を解除する方法(平行型になりにくい)

リドレープ法について詳しくはこちら

単純法、W形成

目頭切開W形成傷跡
・皮膚を切除するので切除量が多いと丸みのある目頭になりやすい。
・蒙古襞をしっかり除去しやすい。
・控えめな切除に向いている。
・後戻りのリスクがある。

単純法、W形成について詳しくはこちら

平賀法

・単純な術式だが、とがった目頭にすることが出来る。
・後戻りにリスクがある。

ページトップに戻る ^
TOP