施術 施術

もとび美容外科クリニック 腫れ・内出血を軽減するお薬セット(シンエック+ヒルドイド)について

腫れ・内出血を軽減するお薬セット(シンエック+ヒルドイド)の概要

腫れ・内出血を軽減するお薬 シンエック

ついにダウンタイムを減らすお薬(シンエック)が登場です!

 

施術後の腫れや内出血はとても気になりますよね。

 

そんな腫れや内出血を少しでも軽くすることができたらどんなに良いでしょう!

 

細心の注意を払って手術しても、腫れが強くなってしまう方や、内出血してしまう方はいらっしゃいます。

 

シンエックを内服すればその不安を軽減することが可能です。

 

一般的に効果の高い手術ほど腫れや内出血の程度が強くなる傾向がありますが、

 

このシンエックを内服することでより効果の高い施術を気軽に受けることが可能になります。

 

<シンエックとは?>

シンエック ナチュラルハーブ アルニカ

シンエックの主成分はナチュラルハーブのArnica Montana(アルニカ モンタナ)で、

 

抗炎症作用・殺菌作用があり、

 

術後の腫れや内出血を抑えすばやく再生・回復させる効果があります。

 

アルニカモンタナはスイスのアルプス地方に生息する野生の植物で、何百年もの間、

腫れや傷の治療薬として使用されてきました。

 

シンエックはAlpine Pharmaceuticals社(米国)の製品で、

 

厳しいアメリカの政府機関FDAに認可されている安心の安全な治療薬です。

 

シンエックの効果は多くの論文で実証されています!!

 

ある論文で、切開の手術ではシンエックを飲むと回復までの時間が半分までになると実証されました。

 

また別の論文ではフェイスリフトでシンエックを飲んでいないグループでは、シンエック内服のグループに比べて25%出血が強くなり、回復までの時間が1.5倍長引くという結果がでました。

 

シンエックはステロイドと同じくらい効果的に腫れを抑えることも明らかになりましたが、もちろんステロイドのような副作用はありません。

 

シンエックは腫れだけでなく出血も減らしてくれ、プチ整形などの注射のダメージにも有効です。

 

すべての施術でダウンタイムを軽減してくれますので、施術を受ける皆様におすすめいたします。

 

<シンエックの飲み方>

シンエック 手術用 プチ整形用

シンエックには手術用(12錠入り)プチ整形用(4錠入り)があります。

 

1日3回 1回1錠を服用します

 

手術用では4日間、プチ整形では1日とちょっと   服用します。

 

あらかじめ購入されて、施術当日の朝に内服しておくことも可能です。

 

 

また、出てしまった内出血を減らすために、

ヒルドイドローションもつけせていただきました!

ヒルドイドローション 内出血

ヒルドイドローションを塗ると出てしまった内出血が早く消えやすくなります。

患部に1日2,3回ほど塗布していただくと良いかと思います。

ただし、ヒルドイドは血液を固めるのを抑える働きがありますので、塗布は以下の目安を参考にして開始してください。

プチ整形:翌日から可能

二重埋没法など:2,3日後から

切開する手術:抜糸翌日から(切開部分以外は施術翌日からでも可能)

 

※目に入らないように注意してください。

 

腫れ・内出血を軽減するお薬セット(シンエック+ヒルドイド)の特徴

種類

内服薬

腫れ・内出血を軽減するお薬セット(シンエック+ヒルドイド)の費用

腫れ・内出血を軽減するお薬セット この施術の費用へ
シンエック(手術用)
¥9,800
シンエック(プチ整形用)
¥4,800

腫れ・内出血を軽減するお薬セット(シンエック+ヒルドイド)にまつわる コラム記事一覧

ページトップに戻る ^
TOP