施術 施術

もとび美容外科クリニック ボトックス注射について

ボトックス施術風景
ボトックスは筋肉の動きを止めたり、汗腺の働きを抑える注射です。
気難しい眉間のしわ、
波平さんのようなおでこの横じわ、
笑うと出る目尻のシワ、
アゴの梅干しジワ
など、お顔の表情じわが気になる方は多いかと思います。
眉間などの表情じわはマイナスの印象を与えてしまいますし、表情じわが深いと老けて見えてしまいます。
ボトックスで動きを抑えることでマイナスの印象を減らし、若返り効果を出すことができます。
またボトックスは表情じわだけでなく、小顔、痩身、多汗症、肩こりなどに使用して、多くの効果を出すことができます。
注射で簡単に行うことができるので大変人気の施術です。
下記の症状が気になる方はボトックスをご検討されてはいかがでしょうか?

目次

    ボトックスは何に効くの?

    ボトックスは思っているより多くの効果を出すことができます。
    大きく分けると、
    ①マイナスの表情や表情じわを抑える
    ⇒額、眉間、目尻、目の下、鼻根、口元、アゴの梅干し、口角を上げる、小鼻、ガミースマイル、首の縦じわ
    ②筋肉を薄くして痩せさせる
    ⇒エラ張り、二の腕、太もも、ふくらはぎ
    ③汗を抑える
    ⇒ワキ汗、ワキガ、手汗、足汗、鼻汗
    ④その他(リフトアップ、タレ目、肩こり)
    ⇒リフトアップ、タレ目、肩こり
    となります。それぞれについて見ていきましょう。

    ①表情や表情じわ

    表情じわ 表情のボトックス
    ボトックスはお顔の表情じわに対して以下の4つの効果があります。
    1.年齢を感じさせる表情じわを抑える
    2.マイナスの表情を抑える
    3.筋肉の拘縮を緩めて毛穴も改善し張りのあるお肌にする
    4.表情じわが刻まれるのを予防する
    老化と共に表情筋の拘縮が起こり、表情を作らなくても常にシワが残ってしまいますが、ボトックスで筋肉を緩めることでツルっとしてハリのあるお肌になります。
    また、皮脂腺などの働きを抑えることで毛穴を改善することができます。
    ボトックスは単にマイナスの表情や、表情じわを抑えるだけでなく、肌にハリを出したり、毛穴を改善したり、表情じわが刻まれるのを予防してアンチエイジング効果を出すことができます。
    筋肉が縮むと皮膚が寄って、しわは筋肉に対して垂直に出ます。

    表情じわが出る方向
    ですので、気になる表情じわには垂直に走っている筋肉がありますので、その筋肉をボトックスで抑える必要があります。
    それぞれの施術について解説します。

    おでこのしわ

    おでこのしわ
    おでこに6か所ほどボトックスを注入して前頭筋の動きを抑え、しわを抑えます。
    (前頭筋)
    前頭筋
    また、筋肉の拘縮も取れておでこがつるっとして張りがでて若々しいおでこになります。
    ただし、適切な量には個人差があります。
    ボトックスが効きすぎるとまぶたが重くなってしまう可能性があります。
    まずは多くの人がちょうど良い量を注入して効き具合を見て、調整が必要であれば次回以降に調整します。

    (注意!)目の上にたるみがあったり、眼瞼下垂のある方では、おでこで頑張って目を開いているため、おでこが動かなくなると目が重くなってしまう可能性があります。ご心配であれば、カウンセリングの際にご相談ください。

    (注意!)おでこの外側にもしっかりボトックスを打たない打ち方だと、外側の眉が釣り上がったような鬼の形相になることがあります。もちろん当院ではおでこ全体にバランスよく注入しているので問題は起こりません。
    【参照】おでこ(額)のしわについて

    眉間のしわ

    眉間のしわ 
    眉を寄せるV字の筋肉(雛眉筋)に5か所ボトックスを注入することで眉間の怒ったような、気難しく見える縦じわを抑えます。
    (皺眉筋)
    雛眉筋
    筋肉の拘縮が取れてつるっとした若々しい眉間になります。
    【参照】眉間のしわについて
    <症例写真>
    眉間ボトックス

    目尻のしわ、目の下のしわ

    目尻のシワ画像
    目尻や目の下のしわは眼輪筋という目の周りの筋肉が縮むことで出ます。
    (眼輪筋) 
    眼輪筋
    ボトックスを目尻は左右3か所ずつ、目の下には2か所ずつ注入することで、年齢を感じさせる目尻や目の下の笑いじわを抑えます。
    ただし、眼輪筋は目を笑わせる働きもありますので、目の下にボトックスを注入する際は黒目より内側に注入しないようにします。
    目の下のボトックスは人によっては笑わった表情が不自然になり、合わない方がいらっしゃいます。
    【参照】
    目尻のシワ
    目の下小じわについて

    鼻の横じわ

    鼻根のしわ、バニーラインわサムネイル
    目の間の横じわは鼻根筋、バニーラインと言う鼻背に斜めにできるしわは鼻筋や上唇鼻翼挙筋の動きを抑えることで表情じわを抑えることができます。
    鼻のしわ
    それぞれ4から6か所ボトックスを注入します。
    【参照】鼻の横じわについて
    <症例写真>
    鼻根、眉間、バニーラインのしわ

    アゴの梅干しジワ

    アゴの梅干しジワ2
    アゴに梅干しジワがあると少し老けて見えたり、アゴが小さく見 えたりして印象があまりよくありません。
    アゴが小さかったり、お口が出っ張ていたりして口を閉じようと過緊張になるとオトガイ筋が過剰に収縮して梅干しジワが出やすくなります。
    (オトガイ筋)
    オトガイ筋
    オトガイ筋による梅干し全体にボトックスを打つことで梅干しジワを改善させます。
    口をすぼめたり、口角や唇を下げる筋肉が近くにありますので、安全な注入部位に注入する必要があります。
    【参照】アゴの梅干しジワについて

    口角を上げる方法

    下がった口角noのイラスト
    老化とともに口角は下がりやすくなります。
    口角が下がっていると陰気で老けた表情に見えやすくなってしまいます。
    口角を下げる口角下制筋にボトックスを注入して動きを抑えることで、口角を上げやすくすることができます。
    (口角下制筋)
    口角下制筋ボトックス2
    ポイントに左右1か所ずつ注射します。
    口周りには口角を上げ下げしたり、口をすぼめたりする筋肉が集まっていますので、他の筋肉に効いて表情が不自然にならないように安全領域に注入します。
    【参照】口角を上げる方法

    表情で小鼻が目立つ

    笑うと鼻が目立っていやだなどという方も多いかと思います。
    表情で鼻が目立つといってもパターンが3つあります。
    ・鼻の穴が大きくなる
    鼻の穴が大きくなる  
    ・小鼻が横に広がる
    笑うと小鼻が横に広がる
    ・鼻先が下を向く
    笑うと鼻の下が下がる
    それぞれ単独のこともあれば、小鼻が横に広がるのと鼻の穴が膨らむのが組み合わさっている方もいらっしゃいます。
    原因の下記の表情筋にボトックスを注入することで気になる動きを抑えることができます。
    鼻の穴が大きくなる⇒鼻孔開大筋
    小鼻が横に広がる⇒上唇鼻翼挙筋
    鼻先が下を向く⇒鼻中隔下制筋
    それぞれ、大きな筋肉ではないので1か所もしくは左右1か所ずつボトックスを注入します。

    ※小鼻を横に広げないボトックスは合う合わないがあります。
    小鼻が横に広がるのは上鼻翼挙筋の動きを抑えるだけでは抑えられないこともあります。
    また、下記のガミースマイルの治療と同じですので、上唇が上がりにくく感じる方もいらっしゃいます。
    【参照】表情で小鼻が目立つについて

    ガミースマイル

    笑った時に唇が持ち上がって上の歯茎が見えてしまうのをガミースマイルといいます。

    ガミースマイル
    ボトックスでは唇を上げる筋肉の一つ、上唇鼻翼挙筋に注入することで唇を過剰に上げないようにすることでガミースマイルを改善します。

    首の縦じわ

    プラティスマバンド
    首の縦じわは首の皮膚や筋肉がたるんでいる方で、広頚筋に力を入れて「イーッ」とした状態で出る縦のヒダ状のしわのことです。
    広頚筋の英語名にちなんでプラティスマバンドとも呼ばれています。
    ひだ状に盛り上がっている広頚筋にボトックスを注入することで首の縦じわを改善させることができます。
    【参照】首のしわについて

    口元のしわ

    口の周りのしわ(口をすぼめた時のしわ)
    お口をすぼめた時の口の周りに放射状にしわは老けて見えてしまいますね。
    お肌にハリがなくなると目立ってきてしまいます。
    通常上唇に縦じわができやすいため、上口唇の口輪筋にボトックスを打つことで口周りの縦じわを減らすことができます。
    (口輪筋)
    口輪筋
    ただし、口すぼめしにくくなるため、最初は飲み物がこぼれやすくなったり、ストローが使いにくくなることがあります。
    【参照】口元のしわ

    ※刻まれたしわはボトックスでは消すことはできません!

    浅くて硬いしわ
    ボトックスはしわを寄せないようにするものです。
    当然刻まれてしまったしわは動きを抑えても残ってしまいます。
    ただ、筋肉の拘縮がゆるんでじっとしていても出ているシワが改善する可能性はあります。
    ボトックスで改善できない刻まれたしわには、ベビーコラーゲンやFGFの注入が有効です。
    (ヒアルロン酸では浅く刻まれたしわはみみずばれになってしまうリスクがあります。)
    ベビーコラーゲンFGF

    ②筋肉のボリュームを減らす

    ボトックスで筋肉の動きを抑えると、筋肉が萎縮して薄くなります。
    その効果を利用して、小顔にしたり手足を細くします。
    通常のボトックスのように筋肉の動きを抑える効果ではないので、効果の持続は通常のボトックスより長く、半年~1年ほど長持ちします。

    それぞれの施術について解説します。

    エラ張り

    エラの咬筋にボトックスを注入すると簡単で確実に小顔効果を出すことができます。
    エラ張り正面
    大変人気でおすすめの小顔治療です。
    筋肉の厚みによって注入量を変えることで一度でしっかり小顔にすることができます。
    エラボトックスには通常量、強力量、超強力量がありますが、ある程度筋肉が厚い方では強力小顔ボトックス、かなり筋肉が厚い方や男性などでは超強力小顔ボトックスがおすすめです。
    咬筋が減ると歯ぎしりや食いしばりを軽減することが可能です。
    ※エラボトックスでは、ホホのコケがある方はコケが強調されることがあります。
    【参照】
    エラ張りについて
    エラボトックスについて|小顔効果を出したい方必見!
    <症例写真>
    強力小顔ボトックス症例

    二の腕を細く、太ももを細く、ふくらはぎを細く

    手足細い
    二の腕は力こぶの上腕二頭筋に、太ももは前面と後面の筋肉に、ふくらはぎは腓腹筋にボトックスを注入することで腕や足を細くします。
    ただし、大事な筋肉ですので濃度を調整しておこないます。
    最初は階段を上り下りしたり、立ち上がったり、日常の動作が少しやりにくくなる可能性はありますが、すぐに慣れます

    ③汗を抑える

    ボトックスは汗腺の働きも抑えることができます。
    エックリン汗腺に効かせて汗の分泌を抑えて、アポクリン汗腺に効いてワキガの臭いを抑えます。
    それぞれの施術について解説します。

    ワキ汗、わきの臭い

    ワキ汗
    脇全体に何十か所も細かく皮内注射することでワキ汗やにおいを抑えます。
    主に汗を抑えます。
    しっかり汗を抑えたい方やわきの範囲が広い方では通常の1.5倍量の強力ワキボトックスがおすすめです。
    効果の持続は3~6か月ですので薄着のシーズンの前に行う方は多いです。
    注入ポイントが多いので笑気ガスを使用して痛みを軽減する方も多いです。
    注入の様子はこちらをご覧ください。

    手汗、足汗、鼻汗

    手の汗
    手の平や足の裏、鼻の頭などに汗をかきやすい方の手足や鼻の皮内にボトックスを注入して、エクリン汗腺の働きを抑え、汗の分泌を抑えます。
    それぞれ痛みに敏感な部分ですので、こちらも笑気ガスを使用して痛みを軽減する方も多いです。

    ④その他

    ボトックスを打つことでたるみをリフトアップしたり、タレ目にしたり、肩こりを解消したりすることもできます。
    それぞれの施術について詳しく解説します。

    リフトアップ(ボトックスリフト)

    ボトックスリフト
    お顔の表情筋には上げる筋肉と下げる筋肉がありますが、お顔を下げる筋肉(広頚筋)全体の動きをボトックスで止めることで、相対的にお顔が引き上がりやすくなります。
    たるみを改善し、お顔をリフトアップすることができます。
    口周りの筋肉
    ボトックスリフトと呼んでいます。
    【参照】ボトックスリフト

    タレ目

    目の下外側の、タレ目にしたい部分の眼輪筋にボトックスを注入することで筋肉を弛緩させ、タレ目にしやすくします。
    タレ目ボトックス
     【参照】タレ目にしたい

    肩こりを軽くする

    肩こり
    肩こりは肩の筋肉(主に僧帽筋)が過剰に緊張して硬直し、血流が低下した状態です。
    ボトックスを注入することで筋肉の緊張をほぐして血流を改善させて肩こりを改善することができます。
    がっしりした僧帽筋のボリュームを減らして肩を女性らいしくすっきり見せる目的で肩こりボトックスをおこなう方もいらっしゃいます。

    ボトックスとは?おすすめの理由

    ボトックス種類
    正確には、ボトックスとはアラガン社が作っているボツリヌストキシンの商品名です。
    ボツリヌストキシンはボツリヌス菌がつくる毒素を人間が真似て作ったものです。
    ボツリヌストキシンは、神経のアセチルコリンの放出を妨げることで神経の伝達を抑え、筋肉の動きを抑制します。
    適切な量を適切な部位に注入すれば、筋肉の動きをコントロールすることができ、大変有用なお薬となります。
    歴史も古く、全世界で年間だけでも何千万もの施術も行われており安心のお薬です。

    当日のご予定も大丈夫

    注射のプチ整形で簡単にできる施術なので、腫れや内出血などのダウンタイムがなく、すぐにメイクも可能なためその日からのご予定も可能です。

    色々な治療効果を出すことができる

    上述のように、ボトックスは全身の筋肉や汗腺を微調整してコントロールできるので、お顔のしわや表情、ワキ汗から肩こりまで多くの治療効果を手軽に出すことができます。

    効きすぎても戻ってくれるので安心

    効果は長く続いてほしいですが、逆に効果が長く続くと戻せないリスクがあります。

    どの施術もそうですが、人間には回復力があるぶん、戻らない施術は非常にリスクのあるものとなってしまいます。
    ボトックスの場合は、気に入らなければ、待てば回復してくれますので、次回から調整して行うということが可能になります。

    ボトックスの種類

    ボツリヌストキシンには多くの種類があります。
    当院ではメジャーな、韓国製のリジェノックス、アメリカ製のボトックスビスタ(アラガン社)、ドイツ製のゼオミンを使用しています。
    それぞれ、効果はほとんど変わりません。
    ただし、安定性や含有する不純物の量が違います。
    不純物量は
    リジェノックス>アラガンボトックス>ゼオミン(アラガンの1/10)
    となっています。
    不純物が多いと、異物として認識されやすく、抗体ができるリスクが高まります。
    抗体ができてしまうと、ボトックスを打っても利きにくくなったり、全く効かなくなってしまう可能性があります。
    長く安心してボトックスを使っていきたい方にはドイツ製のゼオミンが一番おすすめです。
    それぞれのボトックスについて簡単に特徴を解説します。

    ドイツ製ゼオミン

     ゼオミン 
    もっとも不純物が少ない安心なボトックスです(アラガン社の1/10)。
    また最も安定したボトックスのため、効果は2,3日で迅速に出ます。
    他のボトックスのように冷所で保存しなくても良く、とても安定しているボツリヌストキシンです。
    ゼオミンについて詳しくはこちら

    アラガン社ボトックスビスタ

    アラガン社ボトックス
    ボトックスを作った元祖の会社のボトックスで、最も有名なボトックスです。
    最も人気があります。
    品質管理もしっかりしており、安心です。
    アラガン社ボトックスについてはこちら

    韓国製リジェノックス

    リジェノックス
    最もお安いボトックスです。
    効果が少し不安定だったりする場合があり、微調整が必要な部分には使用していません。
    不純物の量が多いため、何度も施術をおこなうと効果が弱くなったり、効かなくなったりする可能性が他のボトックスに比べると高いです。
    リジェノックスについはこちら

    ボトックスの効果の持続

    通常、ボトックスの効果は2,3日~1週間程で出始めます。
    1週間以内は効果が不安定だったりすることがありますので、効果の完成は1週間はしっかり見ていただくと良いです。
    効果の期間は3~6か月持続します。
    人によっては数か月の方もいらっしゃれば、1年以上保つ方もいらっしゃいます。
    また、ボトックスで筋肉を薄くする効果を狙った場合は、1ヶ月~1ヶ月半で痩せ効果はしっかりと出て、半年から1年かけてある程度戻っていきます。

    ボトックスの失敗、副作用

    部位によっては表情が不自然になったり、合わない場合もある。

    部位によっては表情が不自然になっていまうリスクがあります。
    例えば、額は人によって適切な量が違うため、たまに、効きすぎて眉が重くなったりするリスクがあります。
    目の下では笑顔の際の目元が不自然な表情になったり、その他の部位の場合でも、変に薬が広がってしまい、表情が不自然になるリスクがあります。
    また、例えばタレ目ボトックスや小鼻を横に広げないボトックスの場合、効果が思うように出ない方もいらっしゃり、効果に個人差があることがあります。
    このように、その人にとって部位ごとにボトックスが合う・合わないがあります。
    個人差はあるので、正直やってみないとわからない部分はありますが、注入部位や注入量を誤ると不自然な表情になってしまう確率が高まります。
    当院では、通常、多くの人で問題なくきちんと効果がでるようなボトックス量と部位に適切に注入しています。
    もし過不足があれば、効果を見ながら次回以降に調整していきます。

    緊張性頭痛になることがある

    表情筋のバランスが変わるため、慣れるまでは他の筋肉が緊張しやすくなったりして、一時的に緊張性頭痛になる可能性がある。

    しばらく避妊する必要がある

    動物実験では、ボトックスによる催奇形性が認められています。
    ですので、女性では2か月ほど、男性では3か月ほど避妊する必要があります。

    ボトックスで不自然な表情になった場合は

    基本的にボトックスの効果がなくなるまで待つしかありません。
    ただ、マッサージをしたり暖めたりして血流を促進することで回復を早めることができる可能性があります。
    また、アセチルコリン(オビソート)を注入部位に注射することで筋肉の動きを早く回復させることができる可能性があります。
    ただし、効果は不確実な部分があります。

    術後のケアダウンタイム、日常生活など。注意点

    鏡を見る女性

    ボトックスは極細の細い針の注射で行いますので、腫れや内出血はあまりありません。
    ただし注入直後は蚊に刺されたように注入したボトックスの分だけ膨らんでいますが、すぐに浸透して落ち着きます。
    直後腫れているからと言ってマッサージしないようにしてくださいね。
    もし内出血してしまった場合、部分的にうす緑やうす黄色くなることがありますが、メイクでカバーできる程度のことが多く、1週間前後で落ち着いていきます。
    施術直後は血が止まってしまえばメイク可能です。
    施術後すぐのご予定も問題ありません。

    注入部位のマッサージや長風呂、サウナ、運動は1週間避ける

    血流が良くなると早く吸収されてしまって、ボトックスの効果が弱まってしまう可能性があります。
    また、ボトックスは注入部分から1cmほど広がると言われておりそれを見越して注入していますが、マッサージなどで血流が良くなると効果が広がりすぎて効いてほしくない部分にまで効いてしまい、不自然な表情になってしまう可能性があります。
    マッサージ、長風呂、サウナ、運動など、注入部位の血流が良くなるようなことはボトックスの効果が安定する1週間は控えるようにしてください。

    避妊する

    上記のように女性では2ヶ月、男性では3か月避妊するようにしてくださいね。

    痛いのが怖いという方

    ボトックスの場合当院ではアイスノンで冷やして、極細の針で注入することで痛みを減らすように工夫しています。
    また、おでこなどの部分ではバイブレーションをあてることで痛みを減らすように工夫しています。
    オプションになりますが、笑気ガスを使用して痛みを感じにくくして注射したり、麻酔テープを張って少しでもチクッとする痛みを抑えて注射することも可能です。
    その際はお申し付けください。

    ページトップに戻る ^
    TOP