Dr.松村ブログ Dr.松村ブログ

2018.03.12

切らない鼻先延長 ミスコ一週間後 ミスコ , ミスコ , 症例写真 ,

こんにちは。もとび美容外科クリニックの松村智文です。

 

本日は切らない鼻先延長術であるミスコをされたモニターの方を紹介いたします。

 

術前⇒一週間後

beforenanameafternaname

beforeyopko afteryoko

beforesita aftersita

 

ミスコは糸を鼻に注入するだけのプチ手術ですので術直後もあまり腫れず固定も必要ありません。

 

一週間後ですが、鼻先がしっかる延長されています。

 

ダウンタイム少なくできるのがメリットですが、溶ける糸での手術ですので時間が経過すると後戻りしてしまうのがデメリットです。

 

ミスコを検討している方は是非一度もとび美容外科クリニックまでお越しくださいね。

2018.03.4

切らない・固定不要で鼻先を小さくする方法 プチ整形 , 切らない鼻先縮小 , 切らない鼻先縮小 , 症例写真 , ,

こんにちは。もとび美容外科クリニックの松村智文です。

 

本日は切らない鼻先縮小をされたモニターの方を紹介いたします。

 

術前⇒術直後

beforesita tyokugosita

beforenaname tyokugonaname

beforemae aftermae

 

直後ですが腫れも少なく鼻先は鼻翼軟骨が寄ったことによりすっきりとしています。

 

施術時間は15分程でした。

 

鼻筋など少し白っぽく見えるのは麻酔の影響ですのですぐに色調は戻っていきます。

 

切らない鼻先縮小は、メスを一切使用しませんので術後の腫れや内出血が少なく、固定も不要であることが特長です。

 

デメリットは、やはり糸のみの施術法なので後戻りがあることです。

 

また、切開していないので耳介軟骨を同時に移植することもできません。

 

このモニターの方も直後の状態ですので、もう少しなじんだ状態で完成となります。

 

直後はやや過矯正気味でしっかり目に軟骨が寄っています。

 

同時に軟骨移植したい方や、後戻りはしたくない方は切開の鼻先縮小がおすすめですし、ダウンタイムがとれず、メスや固定が不要のプチ整形感覚で鼻先をすっきりさせたい方には切らない鼻先縮小がおすすめです。

 

鼻の手術を検討されている方は、状態やご希望に合わせて適切な方法を提案させていただきますので是非一度もとび美容外科クリニックまでお越しくださいね。

2018.03.2

目頭切開Z形成二か月後 症例写真 , , 目頭切開

こんにちは。もとび美容外科クリニックの松村智文です。

 

本日はブログを始めてから初めての二日連続の更新になります。

 

極めて反響の少ないこのブログですが、地味に更新していこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

さて、本日は目頭切開Z形成をされたモニターの方を紹介いたします。

 

術前⇒二か月後

before after2month

術後はもうこひだが解除され涙丘(目の内側のピンクのエリア)の見える面積が広がっていますね。

 

二か月経過していますので傷跡もかなり分かりにくくなってきています。

 

目頭切開は方法がいくつかございます。

 

その方の蒙古ひだの形状やご希望に応じて適切な方法を提案させていただきますので目頭切開を検討されている方は是非一度もとび美容外科クリニックまでお越しくださいね。

2018.03.1

切らない眼瞼下垂プレミアム三か月後 切らない眼瞼下垂 , 症例写真 ,

こんにちは。もとび美容外科クリニックの松村智文です。

 

本日は切らない眼瞼下垂プレミアム(切らない眼瞼下垂と埋没法腫れにくい2点留めのセット)をされたモニターの方を紹介いたします。

 

術前⇒三か月後

before after

 

三か月後は開眼が改善し二重の左右差も改善していますね。

 

メスを使わずに糸のみで二重にすると同時に開眼を良くすることが可能です。

 

この方は左右差が強かったので左右で糸のかけ幅を調整しつつ手術いたしました。

 

切らない眼瞼下垂や二重埋没法を検討されている方は是非一度もとび美容外科クリニックまで相談にお越しくださいね。

2018.02.26

小鼻縮小内側フラップ法一か月後 小鼻縮小 , 症例写真

こんにちは。もとび美容外科クリニックの松村智文です。

 

本日は小鼻縮小内側フラップ法をされたモニターの方を紹介いたします。

 

術前⇒一か月後

beforemae aftermae

beforesita aftersita

術後は鼻の穴が目立ちにくく、すっきりとした鼻になっていますね。

 

内側フラップ法は小鼻の内側、つまり鼻の穴の中を切開する方法ですので、小鼻の外側を切開する外側法に比べ傷跡が目立ちにくいのが特長です。

 

モニターの方も一か月後ですでに傷跡はほとんど目立たない状態になっています。

 

また、皮弁を起こしフラップにし皮下トンネル内で固定していますので単純に内側を切開するだけの方法よりも後戻りが少ないです。

 

小鼻縮小はその方の小鼻の形状によって適応のある方法が変わってきます。

 

お鼻の状態やご希望をしっかり聴いたうえで適切な方法を提案させていただきますので

小鼻縮小を検討されている方は是非一度もとび美容外科クリニックまで相談にお越しくださいね

ページトップに戻る ^
TOP