サイト内検索

美容コラム/ Beauty column

目のクマ取り整形のビフォーアフター

作成日:2024.6.10 更新日:2024.6.13

目のクマ取り整形のビフォーアフター

目の下のクマの原因とは


目の下のクマの原因は4つあります。
・目の下の脂肪のふくらみ(目袋)
・目の下の凹み
・皮膚の色(眼輪筋が透けやすい)
・色素沈着(しみ)
目袋について
凹凸は整形で改善させることが出来ますが、皮膚の色に関しては改善することが難しくなります。

多くの方でふくらみとへこみが同時にあることが多いため、脂肪取りのみや脂肪注入のみという方は比較的少なくなります。
ただ、ふくらみだけの方もいらっしゃいますので、その場合は脂肪取り単独でご案内可能な方もいます。

目の下のくまとり整形の種類

(プチ整形)基本的に凹みを埋める

・ベビーコラーゲン なじみやすいく、色が自然ですが最初は減りが早いです。
・ヒアルロン酸
残りやすいが変なふくらみがでたり、青みがかる可能性(チンダル現象)があります。持ちは比較的長いです。
・PRP(FGF)
ふくらみの程度をコントロールできないため、膨らみすぎると戻せません。

※下記PRP(FGF)に関したコラムもある為併せてご参照下さい。

(手術)凹凸を同時にならす。(皮膚を切開するとしわも取れる)

・目の下脂肪取り、脂肪注入 ダウンタイムが少なく長持ちしやすいく微調整しやすいため、ある程度リスクが少ない方法となります。

・裏ハムラ法 ➡ ダウンタイムはやや長いですが、表に傷はつかないため切開したくない方にオススメの方法です。
脂肪が少ないと凹みを埋めきれないリスクがある為、適応の方と不適の方がいらっしゃいます。

・ハムラ法 ➡ 皮膚を切開するので皮膚のたるみをとることができる。
また、脂肪を移動させてフラットにして凹凸くまも一緒に改善することが可能。
ダウンタイムは長いため、しっかりダウンタイムをみていただく必要があります。
※抜糸が手術後1週間前後であるため、通院が必要になります。
また、抜糸翌日までお化粧はできないので注意が必要です。
外反のリスク(アッカンベーのリスク)があり慎重に行う必要がある。

それぞれの症例写真

プチ整形のベビーコラーゲン、 手術では目の下脂肪とり+脂肪注入、ハムラ法の症例写真をこれから見てもらいます。

ベビーコラーゲンの症例写真

もともと目の下の脂肪のふくらみは強くなく、へこみが影になっているタイプのクマでした。

(処置前)⇒(1週間後)

ベビーコラーゲン処置前
1週間後

希望によりベビーコラーゲンを注入して凹みを埋めました。
凹みが埋まったことでクマが目立ちにくくなりましたね。
ベビーコラゲンは非常になじみやすいフィラーです。
目の下の小じわにも浅く注入して改善させることもできます。

ベビーコラーゲン注入直後の画像です。

処置直後 ほんのり赤みがありますが、すぐにメイクでカバーできる程度かと思います。

先の丸い針を使用して内出血を減らすように注入しますが、部分的に内出血が出ることもあります。

 

脂肪とり、脂肪注入(コンデンス)の手術方法

目の下の脂肪とりは、瞼の裏側に3,4㎜の切れ込みを入れてそこから目の下の眼窩脂肪を引き出し適量除去します。
1e0e8c1820c53c2e1f6626a781d0804e-300x189 当院の目の下の脂肪注入は主にコンデンス脂肪注入です。
次に下腹部や太ももの内側から 皮下脂肪を吸引して採取し、遠心分離器にかけて脂肪を濃縮します。
遠心分離コンデンスファット
細かく丁寧に脂肪注入してきます。
目の下脂肪注入イメージ あとは、濃縮脂肪(コンデンス脂肪)を先の丸い針(鈍針)を使用して目の下のへこみに注入します。
移植脂肪を塊で入れるとしこりができてしまうリスクが上がりますので、微細な水玉を一層ずつ積み重ねて少しずつ厚みを出すように仕上げていきます。

目の下脂肪とり、脂肪注入症例写真①

目の下のクマを気にされて来院された方ですが、目の下の脂肪のふくらみだけでなくへこみも目立っていましたので脂肪とり、脂肪注入をおこないました。

(before)⇒(after)

目の下症例 手術前
DSC03281目の下

術後は目の下の凹凸がなくなって平たんになったことでクマがなくなり目もとがすっきりとしましたね。
疲れた感じ・老けた感じが改善しました。

ちなみに注入直後の画像です。
DSC00251目 注入した針穴に保護のテープが左右2か所ずつついていますが、数日後したらはがします。
直後はむくみがありますが、2,3日もすればかなり落ち着きます。
ダウンタイムは3日~1週間で見てもらっています。

目の下脂肪とり、脂肪注入症例写真②

この方も目の下のクマがやや目立っています。
(before)⇒(after)

DSC09470目
DSC00491目

ふくらみだけでなくその下にへこみもあるタイプなので目の下の脂肪とり、コンデンス脂肪注入をおこないました。
術後は目の下の凹凸がなくなってすっきりとしましたね。
目の下のクマが改善すると、疲れた感じ・老けた感じがなくなって目元が明るく若々しくなります。

目の下脂肪とり、脂肪注入直後症例写真注入直後の画像です。
DSC09490目 目の下の脂肪注入は、入れすぎるとしこりのリスクがありますし、吸収されにくい部分ですので、直後ちょうど良いくらいの量で注入します。
そのため、直後は少しむくんでいるくらいの感じのことが多いです。

目の下脂肪とり、脂肪注入症例写真③

この方も凹凸のあるクマだったため、脂肪とり脂肪注入をおこなっています。
(before)⇒(after)

DSC04853目の下
DSC05704目の下

術後は目の下がフラットに近づいて若々しくなりました。
脂肪とり・脂肪注入の効果は長持ちしますので、将来目元が老けにくくなるので老化予防としてもおすすめです。

目の下脂肪とり、脂肪注入直後症例写真手術直後の画像です。
DSC04858目の下 テープはついていますが直後から自然ですね。
テープを付けた部分は針孔なので傷は残りません。

目の下脂肪とり、脂肪注入症例写真④

この方は目の下の凹凸だけでなく皮膚のたるみがある方です。
(before)⇒(after)

DSC09991目
DSC02877目

脂肪のボリュームが減ると風船がしぼむように皮膚にたるみがでてしわが目立ちやすくなるリスクがあります。
本来はたるみが強い方では、ハムラ法で皮膚切除を行うと良いですが、今回の方は目の下が柔らかくてハムラ法だとあっかんべーになるリスクがあり、お客様の希望もあって脂肪とり・脂肪注入をおこないました。
目の下のクマがきれいに改善しましたね。

皮膚のたるみはあっても、そこまで強くなければ、切らなくてもそれほどしわにもならずきれいにクマを改善させることができるケースは多いです。

 

ハムラ法の症例写真

今回の方は皮膚のたるみもとってしっかりクマを改善ささえたいとのことで、目の下を切開してハムラ法を行いました。
(before)⇒(after)

手術前
3ヶ月後

ハムラ法で、脂肪の凹凸をならし、皮膚のたるみを切除しています。
目の下の凹凸やたるみ感が改善しましたね。

ちなみに、ハムラ法の1週間後の画像です。
1週間後
目の下を広く剥離しますので、脂肪とり脂肪注入に比べて内出血や腫れが強く出ていますね。

本来は、もうちょっと内出血は少ないケースは多いのですが、今回の方は皮膚が薄くもともと内出血しやすいとおしゃっていたせいか強く出ています。
切開するとこのようにダウンタイムはやや長くなる傾向があります。
ハムラ法の場合はダウンタイムは10日~2週間ほど見ていただくと良いでしょう。

 

まとめ

これらの症例写真のように目の下のクマが改善すると目元がすっきりして若々しくなるのがわかります。
目の下のクマを改善させる治療には、プチ整形や手術があり、クマの状態や、どこまでダウンタイムが取れるか、どこまでくま治療を行うかなどのご希望に合った治療を選んでいただくことができます。

当院では、脂肪とりと脂肪注入を組み合わせた治療がダウンタイムや効果のバランスが優れているため一番人気になっています。
自分クマのにはどんな治療が良いかわからない場合は、無料カウンセリングを利用してご相談いただければと思います。

併せて下記のコラムもご参照下さい。

お問い合わせ
0120-19-6102
10:00~19:00

簡単入力フォーム

WEB予約フォームへ

電話で相談・予約

お電話はこちら

~執筆者紹介~

西尾 謙三郎 医師
医師
もとび美容外科クリニック 院長
西尾 謙三郎
経歴
平成14年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
平成26年 もとび美容外科クリニック開院
資格
美容外科専門医(JSAS)
日本アンチエイジング外科学会専門医
アラガンボトックスビスタ 認定医
所属学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本加齢医師会
日本レーザー医学会
日本美容外科医師会
18年以上の実績を持つ美容外科専門医。丁寧で繊細な施術でお客様の望む実現を目指す。
「お客様のもつ本来の美しさを引き出す」ことをモットーに「もとび」美容外科クリニックを設立。

関連する施術

目の下脂肪取り
目の下脂肪取り
目の下のたるみとり(裏ハムラ)
目の下のたるみとり(裏ハムラ)
下眼瞼下制(結膜)+目の下脂肪取り
下眼瞼下制(結膜)+目の下脂肪取り
目の下脂肪取り+目の下脂肪注入(コンデンス)
目の下脂肪取り+目の下脂肪注入(コンデンス)
目の下のたるみとり(ハムラ法)
目の下のたるみとり(ハムラ法)

関連するコラム

人気コラムTOP10

ランキングの続きを見る ランキングの続きを見る

記事カテゴリー 記事カテゴリー

キーワードで記事を探す

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ

もとび美容外科クリニックのおすすめ情報では、お得なキャンペーンや
最新治療法のご紹介など、お客様に役立つ情報をお届けしています。

もとび美容外科クリニックについて

もとび美容外科クリニックについて
何故もとび美容外科という名前なのか、当院の診療方針などについて、youtubeの解説チャンネルでご挨拶させてもらっております。
もとび美容外科クリニック美容整形解説チャンネルでは、美容外科経験16年以上の西尾院長が、美容整形に関することを分かりやすく動画で解説し、発信しています。 チャンネル登録をぜひよろしくお願いします。
👇チャンネル登録はこちらから👇

小顔エラボトックス全価格改定

小顔エラボトックス全価格改定
顔のエラの筋肉を注射で減らします。筋肉が少なくなることで小顔効果が現れるだけでなく、歯ぎしり・食いしばり・顎関節症にも効果があります。 もとび美容外科では3種類のボトックスを用意。筋肉量に応じて最適なボトックスの量を注入します。

最強脂肪溶解注射 FatX Core

最強脂肪溶解注射 FatX Core
脂肪分解+脂肪細胞の破壊とその除去効果が最も高い脂肪溶解注射!脂肪溶解成分「デオキシコール酸」の濃度は、カベリン(0.5%)、チンセラプラス(0.8%)を超える、リスク上限の1%配合しています。

長期持続ヒアルロン酸 ボラックス

長期持続ヒアルロン酸 ボラックス
鼻やアゴの形をシャープンに作ることが出来る、形成力・持続力が高いヒアルロン酸「ボラックス」‼ 厚生省承認のヒアルロン酸です。

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力よろしくお願いします。

新型コロナウイルスの感染予防対策にご協力よろしくお願いします。
当院では新型コロナウイルス対策としてマスクを着用していただいております。(マスクがない方は受付で購入できます。)また、検温や手指のアルコール消毒にご協力よろしくお願い致します。

BNLS Ultimate(アルティメット)

BNLS Ultimate(アルティメット)
BNLSneoが進化して登場!脂肪溶解成分の増量で脂肪溶解量が確実にアップ!さらに、新成分配合で腫れにくく痛みの少ない脂肪溶解注射になりました。

HIFUで切らずにリフトアップ

HIFUで切らずにリフトアップ
新機種!切らない腫れないリフトアップ小顔レーザーのハイフ(HIFU)「ULTRAcel Q+(ウルトラセルQ+)」ダウンタイムもなく、スタッフもみんな受けて好評です。

飲むヒトプラセンタ

飲むヒトプラセンタ
ヒトプラセンタの内服薬の登場です! 今までクリニックでおこなっていたプラセンタ注射が飲み薬になりました。 医療機関限定の効果の高いヒトプラセンタを、サプリ感覚で体感してみてはいかがでしょうか。

症例写真多数掲載中 口コミアプリ

症例写真多数掲載中 口コミアプリ
お客様の率直なご意見、症例写真等掲載中! 口コミアプリの「トリビュー」はこちら。
もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする

もとび美容外科クリニックの
SNSをフォローする
予約したい日をタップしてください
もとび営業日カレンダー
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

holiday

無料カウンセリング承ります! お気軽にお問い合わせください

Webで手軽に WEB予約フォームへ
お電話はこちら お電話はこちら