院長ブログ 院長ブログ

2019.05.19

鼻尖縮小(3D法)、ストラット、軟骨移植 3ヶ月後 施術症例 , , 鼻尖縮小 , 鼻尖軟骨移植

(手術前)⇒(3ヶ月後)

正面 術前 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植正面 3か月前 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植

左斜め前 術前 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植左斜め前 3か月前 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植

下から 術前 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植下から 3ヶ月後 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植

もともと団子鼻が強いわけではありませんでしたが、鼻先がなだからではっきりしませんでしたので、鼻尖縮小で鼻先を細くしてメリハリを出して、鼻先には軟骨を載せて自然な感じで高さを出すことにしました。

鼻尖縮小は3D法を行ったある程度細くかつ鼻先に少し高さを出すようにしました。(3D法についての解説は後述します。)

また、鼻先に軟骨を移植して鼻先を下方向にも少し伸ばして整えました。

その際はアップノーズが強くはありませんでしたので下方向に伸びすぎてタレ鼻にならないようにしました。

施術後は鼻先がしっかり細くなったのが分かります。

下から見るとより分かりやすいですね。

また、軟骨移植で鼻先に厚みを出したことで斜めからの画像では鼻先に厚みが出てより整ったのが分かりますね。

3D画像なので、術前の変化を色で見てみると、

正面 色変化 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植

鼻先の青い部分が斜め下方に高さが出て厚みが増したのが分かります。

黄色い部分は高さが減った部分です。

3D法で鼻先のサイドの厚みが減って、鼻先に高さが出たことで鼻先が細くなって筋が通りました。

鼻先は1.3㎜ほど延びたのが分かります。

鼻先が細くなって高くなるとすっきりとして整って見えるようになります。

正面から見た感じ、すこしの変化ですが、全体の印象が変わったのが良くわかりますね。

 

さて、通常の鼻尖縮小と3D法の違いについて少し説明しますと、

通常の鼻尖縮小では鼻翼軟骨をとがらせてから寄せて細くしていきますが、3D法では鼻翼軟骨をカットして立てて段差を作ることで鼻先を細くします。

通常の鼻尖縮小と3D法

通常の鼻尖縮小の場合は軟骨が小さい方や皮膚が厚い方ではなかなか細くする効果が出にくいことがありますが、3Dほでは確実に段差を作ることで鼻先を細くしますので効果が出やすいという特徴があります。

また、段差ができて鼻先に高さが出やすいため、鼻先を同時に高くすることもできます。(正面方向のみ)

鼻先をしっかり細くしたい方や鼻の軟骨が小さい方、皮膚が厚い方では3D法はおすすめです。

ただし、内側脚が弱くなりますので、支柱を立てないとつぶれてしまうことがありますので、ストラットを立てる必要があります。

3D法の骨格

ストラットは赤い部分の軟骨です。通常耳からの軟骨を使用します。 

関連するコラム

2019.04.25

鼻尖縮小、軟骨移植、ストラット 1ヶ月後 施術症例 , , 鼻尖縮小 , 鼻尖軟骨移植

(手術前)⇒(1ヶ月後)

正面 術前 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植正面 1ヶ月後 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植   

左側面 術前 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植左側面 1ヶ月後 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植

下から 術前 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植下から 1ヶ月後 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植

鼻先が気になるとのことで、鼻尖縮小をおこなって鼻先を細くし、耳介軟骨移植を鼻先に載せることで下方に鼻先を延長しました。

ただ、鼻翼軟骨が小さい方で、軟骨を単に載せるだけでは土台の鼻翼軟骨が沈み込んで高さが出ないため、耳介軟骨を余分に持ってきてストラット(支柱)を立てて土台を強くして高さを出やすくしました。

鼻先が細くなり、高さも出て全体のバランスが良くなりました。

側面像では鼻先が斜め下方に伸びたのが分かります。

下から見た画像でも鼻先の変化が分かりやすいです。

また、上からも見てみると、鼻先が細くなっては高さが出たのが分かります。

上から 術前 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植上から 1ヶ月後 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植

上からの画像は鼻先の形の変化が分かりやすいですね。

お鼻にメリハリが出て印象が良くなったかと思います。

 

どれくらい変化したかを解析してみると、、、

色変化 シモタケユカ-鼻尖縮小+軟骨移植

1.8㎜程鼻先ほど鼻先の高さが延長しました。

そこそこの変化かと思います。

 

2019.03.28

鼻尖縮小、軟骨移植 1ヶ月後 施術症例 , , 鼻尖縮小 , 鼻尖軟骨移植

(手術前)⇒(1ヶ月後)

正面 直前 鼻尖縮小+軟骨移植正面 1ヶ月後-鼻尖縮小+軟骨移植

左側面 直前 鼻尖縮小+軟骨移植左側面 1ヶ月後 鼻尖縮小+軟骨移植

下から 直前 鼻尖縮小+軟骨移植下から 1ヶ月後 鼻尖縮小+軟骨移植

お客様は鼻先を下に下げたいとのことでご来院されました。

 

鼻先を延ばすにはプロテーゼなどの異物では長期的に飛び出してしまうリスクがあるため、軟骨を使って鼻先を延ばします。

ただ軟骨を移植するだけでは鼻先がボテッと大きくなって団子鼻が強調されてしまうため、鼻尖縮小をして鼻先をすっきりさえたうえで軟骨で鼻先を延ばしました。

また、鼻尖縮小をすることで両側の鼻翼軟骨が寄って土台がしっかりとします。

しっかりした土台にきちんと移植軟骨を固定することで軟骨のずれを抑えて、左右差なくきれいに高さを出すことができます。

 

今回の方は鼻尖縮小で軟部組織を除去し鼻翼軟骨を寄せた後、耳の軟骨を使用して鼻先の伸ばしたい方向に軟骨を移植しました。

耳介軟骨のやや厚みのある部分の軟骨を鼻先部分が最も伸びるように2枚重ねにし、軟骨の形が浮かないように角を落として滑らかにして移植しました。

さらに軟骨膜で軟骨をcoverして浮き出ないようにしています。

移植軟骨と軟部組織

上の図のようなイメージですが、軟部組織でなく軟骨膜を使用して軟骨全体をカバーします。

最後はプルアウトと言って軟骨に糸を通して引っ張ってなるべく鼻先が伸びるようにしてギプス固定し終了しました。

 

術後は最初の症例写真のように鼻先が細くなり、鼻先が下方に延長したことで、鼻先がすっきりとしましたね。

3Dで解析すると鼻先は2.3㎜延長しました。

変化色 鼻尖縮小+軟骨移植

軟骨移植では皮膚側を切らずにclose法のみで、自然な感じで高さを出すことができますよ。

関連するコラム

2019.03.5

鼻ヒアルロン酸(クレヴィエルコントア) 1週間後 施術症例 , , クレヴィエルコントア(高濃度ヒアルロン酸) , プチ整形 , プチ整形鼻

(手術前)⇒(1週間後)

正面 処置前 (鼻)正面 1週間後 

左側面 処置前左側面 1週間後 

クレヴィエルコントアは硬くてなめらかで、いろいろ使用した中で最も鼻筋がきれいに上がりやすいヒアルロン酸です。

微量でシャープに鼻筋を通すことができますので、自然な感じで鼻筋を通したいという方、鼻筋を太くしたくないという方にはおすすめです。

今回のお客様も自然な感じで鼻筋が通って、側面から見ると鼻根の高さも高くなったのが分かりますね。

果たしてどれくらい鼻筋が通ったのでしょうか。

3Dで解析しますと、

鼻根高さ色変化

1.41㎜高くなったのがわかります。

当院で使う自然な控えめなプロテーゼの厚みが2.5㎜ですが、実際上がる高さは1㎜台ですので、控えめなプロテーゼか、それより少しマイルドな変化になったかと思います。

硬くて滑めらかなクレヴィエルコントアはもっと追加することで高く筋を通すことができますし、今回の方のように微調整できますし、鼻には最高のヒアルロン酸かと思います。

関連するコラム

2019.02.21

鼻尖縮小、軟骨移植(ストラットも) 3ヶ月後 施術症例 , , 鼻尖縮小 , 鼻尖軟骨移植

(手術前)⇒(3ヶ月後)

正面 術前 -鼻尖縮小+軟骨移植+ストラット正面 3ヶ月後 鼻尖縮小+軟骨移植+ストラット

左側面 術前鼻尖縮小+軟骨移植+ストラット左側面 3ヶ月後 -鼻尖縮小+軟骨移植+ストラット

右側面 術前 -鼻尖縮小+軟骨移植+ストラット右側面 3ヶ月後 -鼻尖縮小+軟骨移植+ストラット

鼻を高くしてすっきりさせたいとご希望でした。

鼻先の皮膚が厚く、軟骨がかなり小さそうな方で、なかなか普通に軟骨を入れても高さが出にくいと思われました。

ですので、軟骨移植だけでなく、鼻翼軟骨の内側脚に軟骨の支柱を立てて沈み込まないように土台を強化して軟骨を移植しました。

低かった鼻先が自然な感じで高さが出たのがわかります。

解析すると斜め下方に1.2㎜伸びていました

鼻先変化色 鼻尖縮小+軟骨移植+ストラット

 

関連するコラム

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP