院長ブログ 院長ブログ

2019.07.12

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 半年後 施術症例 , , 若返り , 目の下脂肪取り+目の下脂肪注入

(手術前)

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 手術前

(6ヶ月後)

D目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 半年後

お若い方ですが、もともと目の下の脂肪が多く、さらにその下に凹みがあり、凹凸による目の下のクマが目立っていました。

目の下にクマがあると老けて疲れて見えてしまいます。

年齢を重ねると目袋と呼ばれる老けた目の下の袋が飛び出してきます。

今回のお客様は目の下のクマを改善させて将来目袋にならないように目の下のクマ取り手術を行いました。

 

手術は目の下の脂肪取りとコンデンス脂肪注入をおこないました。

まずは目の下の脂肪はまぶたの裏側に小さい穴を開けて目の下の眼窩脂肪を除去します。

目の下の脂肪とり

目の下の脂肪は内側・真ん中・外側に分かれますが、主に内側と真ん中の脂肪を適量除去します。

目の下の脂肪

基本的には脂肪は除去すれば増えませんので長期的に目の下のクマをなくすことができます。

ただし、眼窩脂肪は目のクッションで、眼窩の奥にもあるため、少しずつ加齢でまた落ちてきて膨らみが少しずつ再発することがたまにあります。

その場合はさらに追加して除去します。

 

目の下は凹凸により影ができてクマになりますが、

目袋の断面図

眼窩脂肪(ふくらみ)だけ除去するとその下の凹み(tear trough)が残って凹みクマが残ってしまうため、クマを綺麗に改善するには凹みを埋めてあげる必要があります。

今回、目の下の凹みには下腹部から管を使って採取し濃縮したコンデンス脂肪を注入することで凹みを埋めてフラットにしています。

コンデンス脂肪は遠心分離機で不純物を飛ばして脂肪を濃縮することで生着率を上げてしこりを減らす方法です。

コンデンス脂肪注入

塊で脂肪を注入するとしこりになってしまうリスクがあるため、不純物の少ない濃縮されたコンデンス脂肪を、細かく分散して少しずつ丁寧に脂肪の粒を積み重ねて凹みを埋めていきます。

目の下脂肪注入の層注入のイメージ

そうすることでしこりのリスクが減りだけでなく、注入脂肪が生き残りやすくなってより生着しやすくなります。

この施術は、いかに繊細に脂肪を注入するかがとても大切なので、時間をかけて丁寧に脂肪を注入していきます。

 

目の下は脂肪が定着しやすい場所ですので、注入した脂肪は定着すれば長持ちします。

人によっては注入脂肪はある程度吸収されますので、半年~1年ほどしてから再注入をするケースもありますが少ないです。。

通常は1回の注入で終わってしまう方が大半です。

 

さて、気になるダウンタイムですが、目の下の脂肪取り+脂肪注入は切る手術ほどの腫れたり目立ったりすることは少ないのでダウンタイムは3日ほど見ていただくと良いです。

ちなみに今回の施術の方の施術直後の画像です。

(手術直後)

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 手術直後

目の下に脂肪を注入する針穴部分はテープで保護しているため派手に見えますが、1,2日後にテープは外していただければきれいになります。

1週間後の状態は下の画像になります。

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 1週間後

若干のむくみはありますが、普通の人が見ても何もわからないレベルです。

 

このように目の下の脂肪取り+脂肪注入はダウンタイムが比較的少なく、効果が長持ちする施術です。

目の下のクマはどんどん進行しますし、目元は目立つ部分ですので老けやすくなってしまいます。

一度施術をすれば目元は老けにくくなり、10歳ほど若返るといわれています。

目の下のクマが気になる方は目の下脂肪取り+脂肪注入はやりやすくて効果も高いのでおすすめですよ。

2019.07.7

もとびアイプラチナム 3ヶ月後 施術症例 , , 埋没法

(手術前)

DSC05360目

(3ヶ月後)

DSC08014目

お客様は二重の幅を広く、平行型を希望されていました。

幅広めの二重にする必要があるため戻りにくいもとびアイプラチナムを行って二重幅を広くしました。

蒙古ヒダより高い二重になり、平行型のラインが出ています。

二重幅が広くなって目元が明るくなり、メイクの幅も出たのではないかと思います。

3か月なのでほぼ完成のラインかと思います。

2019.07.5

目頭切開(Z形成)、他院抜糸+二重埋没法(スマートバランス) 半年後 施術症例 , , 埋没法 , 抜糸 , 目頭切開

(手術前)

DSC04035目2

(半年後)

DSC09657目2

目頭切開Z形成を行って目を大きく華やかにしたいということで来院されました。

他院で二重埋没法を行っている方でしたが二重が不安定でポコ付きもあるとのことで、抜糸と再埋没法(スマートバランス)を行いました。

Z形成はZに目頭を切開して三角皮弁を入れ替えることで蒙古ヒダを解除して目の幅を広くします。

目頭切開Z形成術前後の切開線

施術前は目の間の幅は36.5㎜でしたが、施術後は34.5㎜となり、眼間が2㎜寄りました。

2㎜と言っても目回りの2㎜は印象が変わります。

術後は目の空いたの幅が狭くなったぶん目の幅が広くなって目の印象が大人っぽく華やかになりましたね。

Z形成は三日月法などと比べると後戻りが少なく、ベーシックですが良い方法です。

術後の傷はほとんどわかりませんよね。

 

また、二重は糸をかけなおして不安定だった二重がはっきりとした二重になって安定しましたね。

以前他院ですでに右の1点だけ抜糸していたので、埋没の際に残りの3点を抜糸しました。

結び目を裏側から埋没するスマートバランスという埋没法を行っていますのでポコ付きが目立ちにくくなります。

スマートバランスの糸のかけ方

閉眼時の手術前後の画像です。

(手術前)

抜糸+スマートバランス手術前 閉眼

(半年後)

抜糸+スマートバランス半年後 閉眼

今回の画像ではわかりにくいかもしれませんが、まぶたの動きによってポコ付きは目立ちました。

右外側の他院で行った抜糸の跡の白い瘢痕は残ってしまっていますが、施術後はスマートバランスを行ったことでポコ付きは目立ちにくくなりました。

2019.07.2

鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植、ストラット 1ヶ月後 施術症例 , , 鼻尖縮小 , 鼻尖軟骨移植

(手術前)⇒(1ヶ月後)

正面 術前 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植正面 1ヶ月後 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植

術前 左斜め 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植、ストラット左斜め 1ヶ月後 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植、ストラット

下から 手術前 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植、ストラット下から 1ヶ月後 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植、ストラット

鼻尖縮小3D法で鼻先を細くして、軟骨移植を行って鼻先を下方に延ばしました。

症例写真では鼻先が3D法で細くなったのがわかります。

斜めからの画像では、鼻先の下方に厚みが出て鼻先のバランスが良くなったのが分かります。

3D法では鼻柱の内側脚を立てて細くします。

通常の鼻尖縮小と3D法

通常の鼻尖縮小より鼻先を細くする効果は高いです。

ただ、診察したところお鼻の軟骨が小さい方でした。

軟骨が小さい方では内側脚がそうめんのように細いため、支柱を立てないと3D法の効果が損なわれてしまいます。

ですので、今回は支柱を立てて内側脚を強化して鼻尖縮小と軟骨移植の効果を高めました。

3D解析をおこなうと、鼻先は2.0㎜の延長効果が見られました。

正面 色変化 鼻尖縮小(3D法)+軟骨移植

自然な感じで鼻先が整って、お顔全体の印象がすっきりと見えるようになったではないかと思います。

2019.06.29

鼻尖縮小(3D法)、軟骨移植 半年後 施術症例 , , 鼻尖縮小 , 鼻尖軟骨移植

(手術前)⇒(半年後)

DSC07270正面DSC02451正面

DSC07268左ナナメDSC02447左斜め

DSC07266右斜めDSC02449右斜め

DSC07273下からDSC02455下から

もともとだんご鼻で鼻先が大きく、アップノーズ気味の方でした。

鼻尖縮小の3D法でしっかり鼻先を細くして、軟骨移植を下方におこなってアップノーズを改善させました。

3D法は軟骨をカットして立てて段差を作ることで団子鼻をしっかり細くする方法です。

通常の鼻尖縮小と3D法

通常の鼻尖縮小より鼻先を細くする効果は高いため、鼻先をしっかり細くしたい方や、皮膚が厚く変化が出にくい方などに適した鼻尖縮小です。

軟骨移植を同時にしたことで、上がった鼻先が斜め下方向に伸びて形が良くなりましたね。

だんご鼻で目立った鼻がすっきりとして目立ちにくくなり、すっきりとしたお顔になりました。

半年なのでほぼ完成になります。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP