院長ブログ 院長ブログ

2019.03.18

もとびアイプラチナム 1ヶ月後 施術症例 , , 埋没法

(手術前)

DSC00054目

(1ヶ月後)

DSC01292目

もともとまぶたのたるみと厚みがある方でした。

戻りやすさが予想されるため、二重をしっかり編み込んで戻りにくくする埋没法「もとびアイプラチナム」をおこないました。

二重がしっかりついて目元が明るくなりましたね。

もともとまぶたに厚みがあったため、術後は二重の厚ぼったさは少し残りました。

当初のご希望はもっと広ラインでしたが、そうなるともっと厚ぼったくなってしまったかと思います。

また1ヶ月なので3ヶ月以降はもう少し腫れぼったさや食い込みは落ち着いてい行くかと思います。

2019.03.16

小顔脂肪吸引(ホホ・アゴ下) 7ヶ月後 施術症例 , 小顔 , 小顔脂肪吸引

(術前)⇒(7ヶ月後)

正面術前小顔脂肪吸引(ホホ・あご下)正面7ヶ月後小顔脂肪吸引(ホホ・あご下)

hidari-斜め術前小顔脂肪吸引(ホホ・あご下)左斜め7か月語小顔脂肪吸引(ホホ・あご下)

右斜め術前小顔脂肪吸引(ホホ・あご下)右斜め7か月語小顔脂肪吸引(ホホ・あご下)

お顔をすっきりさせたいとのことホホとアゴ下を脂肪吸引しました。

ふっくらしたホホやフェイスラインがすっきりとしてシャープになったのが分かります。

3Dで解析するとホホからフェイスライン下にかけて3~4㎜厚みが減ったのが分かります。

術前後変化カラー小顔脂肪吸引(ホホ・あご下)

脂肪を吸引すると将来にわたってホホやアゴ下にお肉がつきにくくなり、フェイスラインをシャープに保ことができます。

また、ホホやフェイスラインなどにお肉がつくとたるんで老けた印象になってしまいますが、脂肪吸引をするとお肉がつきにくくなってたるみが目立ちにくくなり、老けるのを予防することもできます。

ホホやアゴ下・法令線上などに脂肪の厚みがある方で1週間ほどのダウンタイムが許容できる方には脂肪吸引はおすすめです。

関連する施術

2019.03.13

下眼瞼下制(切るタレ目)、他院目尻切開修正 1ヶ月後 施術症例 , , 目尻切開 , 下眼瞼下制(グラマラスライン)

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC09827正面

DSC00955正面

 

DSC09823右ナナメ
DSC00950右ナナメ

他院大手チェーン店で手術をされた方でした。

目尻切開があまり効果なかったため再手術を希望され、切るタレ目(下眼瞼下制)も合わせて行いたいとのことで来院されました。

目尻にはまだ余裕があったため目尻切開再手術と下眼瞼下制を行いました。

施術後は目尻切開の効果もでて外側の白目の面積が多くなりました。

切るタレ目によって目の下のラインが、外側中心に下がりましたね。

涙袋ヒアルロン酸を入れられていた方でしたが、目の下のラインが下がったことで涙袋がさらにふっくらした感じになっています。

今回の施術では目を外側方向と下方向に広げているため、目が大きく見えるようになりました。

2019.03.8

目頭切開Z形成 4ヶ月後 施術症例 , , 目頭切開

(手術前)

DSC01488目

(4ヶ月後)

DSC02210目

もともと蒙古ヒダはそれ程強い方ではありませんでしたが、目頭切開をおこなって目の幅を広くしました。

ひだは控えめでしたので変化は劇的ではありませんが、目の幅が広くなって目が華やかになり、バランスが良くなりましたね。

傷もほとんどわかりません。 

関連する施術

2019.03.5

鼻ヒアルロン酸(クレヴィエルコントア) 1週間後 施術症例 , , クレヴィエルコントア(高濃度ヒアルロン酸) , プチ整形 , プチ整形鼻

(手術前)⇒(1週間後)

正面 処置前 (鼻)正面 1週間後 

左側面 処置前左側面 1週間後 

クレヴィエルコントアは硬くてなめらかで、いろいろ使用した中で最も鼻筋がきれいに上がりやすいヒアルロン酸です。

微量でシャープに鼻筋を通すことができますので、自然な感じで鼻筋を通したいという方、鼻筋を太くしたくないという方にはおすすめです。

今回のお客様も自然な感じで鼻筋が通って、側面から見ると鼻根の高さも高くなったのが分かりますね。

果たしてどれくらい鼻筋が通ったのでしょうか。

3Dで解析しますと、

鼻根高さ色変化

1.41㎜高くなったのがわかります。

当院で使う自然な控えめなプロテーゼの厚みが2.5㎜ですが、実際上がる高さは1㎜台ですので、控えめなプロテーゼか、それより少しマイルドな変化になったかと思います。

硬くて滑めらかなクレヴィエルコントアはもっと追加することで高く筋を通すことができますし、今回の方のように微調整できますし、鼻には最高のヒアルロン酸かと思います。

関連するコラム

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP