院長ブログ 院長ブログ

2017.10.1

目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入 3ヶ月後 施術症例 , 若返り , 目の下脂肪取り+目の下脂肪注入 , 脂肪注入

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC03360目
DSC06991目

目の下に凹凸クマがありましたが、目の下の脂肪を除去し凹みに脂肪を注入することで凹凸がなくなりクマが改善しました。

目の下のクマはお若い方でも目立つ方が多く、年齢と共にどんどんクマは悪化していきます。

早めに眼窩脂肪を除去することで将来目回りが老けるのを予防することができます。

脂肪注入も定着すればずっと長持ちします。

脂肪は定着率を上げてしこりのリスクを減らすためにしっかり濃縮して注入するコンデンス脂肪注入がおすすめです。

2017.04.4

コンデンス脂肪注入(ゴルゴ線,法令線,目の下)、ミントリフトミニ12本 4ヶ月後 No.8925 施術症例 , 脂肪注入 , ミントリフトミニ

(手術前)⇒(4ヶ月後)

DSC09196正面DSC04329正面

目の下のクマ部分の影が減り、ゴルゴ線に脂肪を注入したことで中顔面の凹凸が改善しました。

法令線も浅くなりお顔全体の凹凸やしわが改善して若々しい印象になりました。

脂肪注入をおこなうと単なるボリュームアップだけでなく、組織再生効果があるため、肌質が改善してお肌に張りが出る若返り効果もあります。

また、ミントリフトミニでたるみも引きあがって、四角かったフェイスラインが少しシャープになりました。

今回のお客様はフェイスリフトや糸のリフトを行っており、初回の方よりリフト効果は出にくいかもしれませんが、今回はさらなるリフトアップと、たるみの予防効果も狙ってミントリフトミニをおこないました。

2016.11.25

コンデンス脂肪注入(目の上、目の下)、脂肪とり後 4ヶ月半後 No.7760 施術症例 , 若返り , 目の下脂肪取り+目の下脂肪注入 , 脂肪注入

コンデンス脂肪注入(目の上、目の下)、脂肪とり後 4ヶ月半後

 

(手術前)⇒(4ヶ月半後)

img_1471%e7%9b%ae

dsc01425%e7%9b%ae

目元が若々しくなりましたね。

 

まずは目の上のくぼみが目立っていましたが、コンデンス脂肪注入で目の上のくぼみが改善して若々しくなりました。

 

次に目の下に注目してみると目の下のクマの凹凸(眼窩脂肪とその下のくぼみ)が改善したことで目の下がすっきり若々しくなりましたね。

 

目の下の眼窩脂肪をまぶたの裏の小さな穴から除去し、目の下にはお腹や太ももから採取した皮下脂肪を遠心分離機で濃縮(コンデンス)して細かく処理して注入しています。(目の下の脂肪とり+コンデンス脂肪注入

 

ご希望により目の下の皮膚側は切開していないため皮膚のたるみはそのままなのでしわは残っていますが、切開せずに凹凸をなくすだけでも目元がずいぶんすっきりしますね。

 

目元がたるんだら必ず切開しないといけないわけではありません。

 

今回は目の下のくぼみには脂肪注入を行っていますが、コンデンス脂肪注入と言って、脂肪を2〜3倍に濃縮させて、不純物を取り除き幹細胞も濃縮させることで脂肪の生着を良くしています。

 

ちなみ1週間後の画像です。

img_1707%e7%9b%ae

目の上の脂肪はやはり少し時間が経つと減っていますね。

 

目の上や法令線など比較的よく動く部分や硬くて圧力がかかる部分では脂肪の生着率は少し落ちることがあります。

 

ただ、ずいぶん術前よりくぼみが改善しましたね。

 

さらにご希望に応じて追加注入するのもありかと思います。

2016.11.20

目の下脂肪とり、コンデンス脂肪注入 1ヶ月後 No.7724 施術症例 , 若返り , 目の下脂肪取り+目の下脂肪注入 , 脂肪注入

目の下脂肪とり、コンデンス脂肪注入 1ヶ月後

 

・正面

(手術前)⇒(1ヶ月後)

目の下脂肪とり、コンデンス脂肪注入 手術前目の下脂肪とり コンデンス脂肪注入 1ヶ月後

・上方視

(手術前)⇒(1ヶ月後)

目の下脂肪とり コンデンス脂肪注入 上方視 手術前目の下脂肪とり コンデンス脂肪注入 上方視 1ヶ月後

目の下のクマが改善して目元が若々しくなりました。

もともと目袋が大きかったわけではありませんが、クマを気にされて目の下のふくらみを脂肪とりで、目の下のくぼみは脂肪注入で治療しました。

目の下のくぼみに沿って色素沈着があり、色素沈着は手術では改善できないのですが、それでも少し改善したのがわかります。

脂肪注入では肌質も改善される方もいらっしゃいます。

 

ちなみに手術直後の画像です。

目の下脂肪とり コンデンス脂肪注入 手術直後

麻酔に止血剤が入っているの一部白っぽく見えますが、もちろんすぐに落ち着きます。

手術直後からそれほど腫れたりすることはありません。

 

脂肪注入は脂肪を分散せずに塊で注入するとしこりのリスクがあります。

目の下はしこりが目立ちやすい部位ですので特に注意して細かく分散して注入します。

ですので、手術直後でちょうどよい状態にするように少しずつ分散注入していきます。

コンデンス脂肪注入法では採取した脂肪を濃縮して不純物を減らし、脂肪細胞や幹細胞を増やしてあげると、しこりのリスクを減らして生着率を高めることができます。

脂肪注入はなるべくリスクが少なく定着率が高いコンデンス脂肪注入法がおすすめです。

 

しこりができてしまうと除去は困難ですが、当院では他院の脂肪注入後のしこり除去術もおこなっております。

【参考症例】

他院脂肪注入後しこり除去 半年後

右他院目の下脂肪注入後しこり修正(ハムラ法)

2016.02.24

目の下脂肪取り+脂肪注入 3ヶ月後 施術症例 , 若返り , 目の下脂肪取り+目の下脂肪注入 , 脂肪注入

目の下脂肪取り+脂肪注入 3ヶ月後

 

(手術前)⇒(3か月後)

DSC05754目

DSC09122目

目の下の脂肪とりと脂肪注入の3か月後の経過です。

 

目の下のクマが改善して疲れた印象、老けた印象が改善しました。

 

脂肪注入をおこなうと周囲の組織にも再生効果がありますが、目の下の肌質も改善したような印象も受けます。

 

手術せずに経過を見ていたら目の下が目袋になってどんどん老けてしまうところですが、

 

脂肪を除去することで目の下の老化の進行を抑え、10年、20年経っても目の下を若々しく保つことが可能です。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP