院長ブログ 院長ブログ

2018.07.28

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転)、目頭切開(Z形成Park法) 1ヶ月後 施術症例 , , 目頭切開 , 全切開 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

DSC05680目 DSC06833目

全切開でしっかり二重の癖を作り、目の開きも弱いため挙筋前転術(眼瞼下垂)もおこないました。

また、目頭切開で目の幅を広くし、平行型の二重を希望されたため平行になりやすい目頭切開のZ形成Park法をおこないました。

術中、展開してみるとまぶたを上げる挙筋腱膜が大変薄く、ミュラー筋も脂肪変性していました。

腱膜は薄い割には伸びが悪く、外角を切って伸びやすくしたうえで挙筋前転術を行いました。

術後は目の開きが改善して、二重もはっきりとし目元が明るくなりました。

なるべく目頭側の下方眼輪筋は温存し、目頭切開(Park法)も合わせて行ったことにより平行型の二重になりました。

画像は1ヶ月後ですのでまだ腫れやむくみが残り二重幅も広めですが、経過とともにもう少し腫れは落ち着き、ラインもなじんでいきます。

2018.02.1

全切開、眼瞼下垂 半年後 施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

(手術前)⇒(半年後)

DSC08746
DSC03520目

以前埋没をしたことがある方です。

三重が気になることと、二重を狭くしたいということで、二重のたるみを切除しつつ眼瞼下垂もおこなって二重を安定させ、狭くしました。
術前は目の重さ・眼瞼下垂を気にされていましたが、目がしっかり開くようになって目元がはっきりとしました。

二重も狭くなって、ご希望に近い目元になったのではないかと思います。

2017.12.27

切らない眼瞼下垂、目頭切開(Z形成) 1ヶ月後 施術症例 , , 埋没法 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC07888目
DSC08801目

術前は目の開きが少し悪く、黒目が隠れがちで眠そうな目元でしたが、術後は目の開きが改善して目元が以前よりはっきりしましたね。

目が開くようになったぶん、二重幅も狭くなりました。

同時に目頭切開をおこなっており、目の幅が広くなり、少し幅広かった目の間の幅が狭まってバランスがよくなりました。

目の幅が広くなって目の開きもかいぜんしたことでより目が印象的になりました。

 

2017.10.29

全切開、眼瞼下垂 3ヶ月後 施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC05286目
DSC08444目

もともと右の目の開きが悪く、全体に目の開きを改善したいとのことで全切開+眼瞼下垂の手術を行いました。

手術をしてみると右目は下横走靭帯などの開瞼抵抗が異常に強く、下横走靭帯を可及的に切除し、ラテラルホーン(腱膜の外角)をカットして開瞼抵抗を取り除き、しっかり挙筋前転を行いました。

ただ、それでも術後は右の開きは左程ではありませんでした。

左は右ほど挙筋を前転していませんが開きが改善しましたね。

術後は左右の開きが改善しましたが、右はやや開瞼が弱い状態ですが本人は満足されており、このまま経過を見ることになりました。

 

2017.10.20

切らない眼瞼下垂プレミアム 3ヶ月後 施術症例 , , 埋没法 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC04810目
DSC09311目

二重幅を広くしたいとご希望でしたが、眼瞼下垂があるためこのまま二重を広くしてもはっきりしたラインはつかないこと、余計に眠たい目になってしまうことが予想され、切らない眼瞼下垂と埋没法を同時に行う切らない眼瞼下垂プレミアムをおこないました。

目の開きが改善して二重のラインがはっきりしましたね。

二重が広くならなくても目元がはっきりして明るくなりました。

切らずに糸だけでおこなっています。

二重にしたいといってもくぼみ目や厚ぼったい目、眼瞼下垂など、二重ができる土台をきちんと作ったうえでないと二重がきれいに作れないこともありますのでご注意ください。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP