院長ブログ 院長ブログ

2019.05.11

眉下切開 半年後 施術症例 , 若返り , 眉下切開

(手術前)

眉下切開施術前、目の上のたるみ改善

(半年後)

眉下切開施術半年後、目の上のたるみ改善

上瞼が重いので改善したいと希望され来院されたお客様です。

まぶたの表側、皮膚のたるみが強く、二重が見えなくなりいわゆる三角目になっています。

たるみ目、三角目

皮膚がかぶってきてまぶたが重くなるので眼瞼下垂の様ですが、厳密には眼瞼下垂ではありません。

偽性眼瞼下垂と呼ばれています。

加齢とともに上瞼がたるんでくると誰でも起こってくる変化です。

(参照)目元の老化と若返りの方法

そこで、眉毛の下を切開してたるみを除去する眉下切開をおこないました。

症例写真は半年後ですが二重が見えるようになり、黒目も大きく見えるようになりました。

本来のたるみが少ない目元に戻っただけですが、別人のように若々しくなりましたね。

ご本人も目が軽くなってよかったと喜ばれていました。

傷は数か月から半年ほどうっすら赤みがありますが、眉毛の下の傷の色味はもうほとんどなくし自然で、手術をしたこともわかりませんね。

 

二重切開のように二重のライン上でたるみを除去するとまぶたが厚ぼったく不自然になりやすいですが、眉毛の下で皮膚のたるみを除去すると手で眉下を持ち上げたように自然な感じで上瞼のたるみを除去することができます。

(眉下切開)

眉下切開は自然なリフト効果

(全切開)

 全切開によるたるみとり

また、眉下切開では、上瞼の皮膚が引き上げられるため、厚ぼったいまぶたをすっきりさせる効果もあります。

(参照)眉下切開

二重を広く、厚ぼったいまぶたをすっきりさせたいということでお若い方にも人気の施術です。

目の上のたるみが気になる方、自然な感じで二重を広くしたい方、厚ぼったいまぶたをすっきりさせたい方などには眉下切開がおすすめです。

 

関連する施術

関連するコラム

2019.04.4

眉下切開 手術直後、1ヶ月後 施術症例 , 若返り , 眉下切開

(手術前)

DSC00346術前

(1ヶ月後)

DSC01618目

目の上のたるみを気にされて来院されたお客様でした。

上まぶたにたるみがあり、眉を上げて目を開く癖がありました。

上まぶたを引き上げるとたるみがあったので、眉毛の下かで皮膚のたるみを除去する眉下切開をおこないました。

術後は上まぶたのたるみが減り、二重の外側に乗っかっていた皮膚のたるみが改善して二重の幅が見えやすくなりました。

また、瞼がの重さが取れたことで眉が安心して元の位置に戻るため、目と眉の距離が近くなりました。

本来眉が落ちると皮膚がもっと二重にかぶってきますが、しっかりまぶたの皮膚のたるみを除去することで二重にかかるたるみが除去されて二重がはっきりとしました。

目と眉が近づき、二重のラインもきれいに出始めたことで目元が明るく若々しくなりましたね。

 

切開部分はまだ赤みがありますが、数カ月~半年で徐々に白くなって落ち着いていきます。

毛包斜切開と言って毛根を残して傷を切っているので傷から眉毛が生えてより目立ちにくくなる方も多いです。

毛包斜切開

眉毛の下の切開線は目立ちにくくなるため、目の上のたるみを除去する場合は眉下切開をよく行います。

また、二重の切開線でたるみを除去すると、厚ぼったい皮膚が二重にかかって厚ぼったい不自然な二重になるリスクがありますが、眉下切開ではそのようなことはありません。

二重切開でたるみとり 

指で眉毛を持ち上げたように自然な感じで目元のたるみを除去することができます。

眉下切開でたるみとり

皮膚などの厚ぼったさを減らすのは難しいですが、眉下切開をすることで瞼の皮膚が引き上げられて厚ぼったさが減ります。

同時に上瞼の眼窩脂肪を除去することもできます。

上瞼の厚ぼったさを気にされている方にも人気の施術ですよ。

 

今回の症例の方のデザインと施術直後の画像も参考に載せさてもらいます。

DSC00602目

このような感じでデザインしています。

右のたるみが強いため右で多めに皮膚切除を行っています。

手術直後の画像です。

DSC00607目

手術直後は糸がついていて目立ちますが、1週間後に抜糸して、その翌日からメイクができるようになります。

1週間ほどダウンタイムを見ていただいています。

また、1,2週間ほど腫れや内出血が上まぶたに出ることがあります。

 

眉下切開は効果的でかつ自然な感じで若返りができますのでたるみが気になる方にはおすすめです。

また、上述のように瞼の腫れぼったさ・厚ぼったさが気になる方にも有効ですよ。

関連する施術

関連するコラム

2018.01.26

目頭切開(Z形成)、眉下切開 1ヶ月後 施術症例 , , 目頭切開 , 若返り , 眉下切開

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC08379目
DSC00551目

目頭切開で目の横幅が広くなり、目の印象が少し大きくなりましたね。

眉下切開で目の上のたるみを取り除いたことで二重が自然な感じで広くなり厚ぼったさも改善されました。

目の横幅、縦幅が改善して自然な感じでデカ目になったかと思います。

2017.09.9

眉下切開 半年後 施術症例 , 若返り , 眉下切開

(手術前)⇒(6か月後)

DSC05416目
DSC01116目

まぶたにかぶっていた皮膚が持ち上がり、目の開きが良くなりました。

右は一重なのでわかりにくいかもしれませんが、左目の二重に注目すると、たるみが持ち上がったことによりまぶた外側中心に二重が広くなりましたね。

眉下の傷はそれほど目立ちにくくなりました。

傷は数か月~半年ほどやや赤みがありますが、今回の方は男性の方なのでメイクでカバーというわけにはいかないため最初は目立ちやすい時期がありましが、落ち着いてきました。

今回お客様は、まぶたのたるみが落ち着いたため、この後二重の埋没法をおこないました。

2017.08.13

眉下切開 1ヶ月後 施術症例 , 若返り , 眉下切開

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC05656目
DSC06699目

術前は上瞼のたるみで外側中心に皮膚がかぶさり三角目になってしまっていました。

軽度のたるみの方では埋没法でもたるみを持ち上げることは可能ですが、今回の方はたるみが強いためたるみを切除する眉下切開をおこないました。

年配の方の目元が若々しい目元に戻りました。

別人の目元のようです。

黒目も大きくなり目元が明るくなるだけでなく、おでこを使って頑張って目を開けようとしなくても楽に目が開くようになります。

通常の二重切開のように二重のラインを切開してたるみを除去すると厚ぼったい皮膚が二重のライン上に落ちてきて厚ぼったい不自然な二重になってしまう可能性があります。

眉下切開では、眉毛の下縁で切開し眉毛側の皮膚のたるみを除去するため、二重の上の薄い皮膚はそのままで、二重は厚ぼったくなりにくく、傷も目立ちにくいため自然な感じでたるみを除去することが可能です。

傷の赤みは数か月ほどありますが、メイクでカバー可能で、白く抜けて毛も生えてきて目立たなくなっていきます。

関連する施術

関連するコラム

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP