院長ブログ 院長ブログ

2018.08.14

目頭切開(Z形成) 3ヶ月後 施術症例 , , 目頭切開

DSC06418目 DSC08849目

蒙古ヒダが解除されたことで目の幅が広くなり大人っぽく、華やかになりました。

やや距離のあった眼間が狭くなってバランスが良くなりました。

Z形成は後戻りが少ない目頭切開ですのでこのまま完成かと思います。

関連する施術

2018.08.9

スマートバランス、目頭切開(Z形成) 3ヶ月後 施術症例 , , 埋没法 , 目頭切開

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC06100目 DSC08295目

もともと自然な二重幅がご希望で、スマートバランスで二重を全体に広くしました。

蒙古ヒダがそこそこ強かったので目頭側の二重の幅が出にくかったですが、目頭切開をおこなったことで目頭側の二重もある程度幅が出るようになりました。

また、目の幅も広くなって、幼い感じの目元から少しはっきりして華やかな目元の印象になりましたね。

2018.08.6

目頭切開(リドレープ法)控えめ希望 1ヶ月後 施術症例 , , 目頭切開

DSC06015目 DSC06950目

もともとそれほど蒙古ヒダが強い方ではありませんでしたが、自己満足で良いので控えめで目頭切開したいとのことで、リドレープ法で目頭切開しまし。

リドレープ法は最終的に傷は目に沿った傷になりますので目立ちにくくなります。

最近、控えめを希望される方も多いです。

控えめと言ってもなかなか微調整は難しいですが、控えめにデザインすることで通常より控えめな変化にすることはできます。

ある程度蒙古ヒダが解除され、目の幅が広くなり、少し精悍な印象になりました。

2018.07.28

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転)、目頭切開(Z形成Park法) 1ヶ月後 施術症例 , , 目頭切開 , 全切開 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

DSC05680目 DSC06833目

全切開でしっかり二重の癖を作り、目の開きも弱いため挙筋前転術(眼瞼下垂)もおこないました。

また、目頭切開で目の幅を広くし、平行型の二重を希望されたため平行になりやすい目頭切開のZ形成Park法をおこないました。

術中、展開してみるとまぶたを上げる挙筋腱膜が大変薄く、ミュラー筋も脂肪変性していました。

腱膜は薄い割には伸びが悪く、外角を切って伸びやすくしたうえで挙筋前転術を行いました。

術後は目の開きが改善して、二重もはっきりとし目元が明るくなりました。

なるべく目頭側の下方眼輪筋は温存し、目頭切開(Park法)も合わせて行ったことにより平行型の二重になりました。

画像は1ヶ月後ですのでまだ腫れやむくみが残り二重幅も広めですが、経過とともにもう少し腫れは落ち着き、ラインもなじんでいきます。

2018.07.26

目頭切開(リドレープ法)控えめ希望 1ヶ月後 施術症例 , , 目頭切開

DSC05626目 DSC06631目

傷を目立ちにくくしたいとのことで、目頭切開(リドレープ法)を行いました。

また、控えめな変化を希望されました。

通常より短縮幅を狭くしました。

自然な感じの変化で片目で0.5~1㎜の変化かと思います。

ただ、基本的には目頭切開は蒙古ヒダを解除する施術ですので、解除の程度を微妙にコントロールしたり、目頭の形を希望の通りに変えたりすることは大変難しいです。

そのあたりをご了承していただいて、なるべくご希望に沿うようにコントロールするということでおこなわせていただいたおります。

画像は1ヶ月後なのでまだ赤みや硬さはありますが、もっと落ち着いて自然になっていきます。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP