院長ブログ 院長ブログ

2018.04.1

目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入、全切開二重(最大幅)、目頭切開Z形成 3ヶ月後 施術症例 , , 全切開 , 目頭切開 , 若返り , 目の下の若返り

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC02145目の下
DSC04654目の下

目の下の脂肪を除去してふくらみをなくし、目の下のくぼみには脂肪を注入しました。

濃縮した脂肪を十分分散させて注入しています。

目の下のクマが改善しましたね。

 

二重の切開法は最大限広くしたいとのご希望で、切開の最大限の幅(まつ毛から引っ張って10㎜)で、皮膚のたるみも切除してできる限り広くしています。

広く切開していますので3ヶ月だとまだ幅広ですが、半年以上かけてもう少し自然な幅になっていきますのでもう少し経過を見る必要があります。

 

目頭切開も行っており、目の幅も広くなりました。

完成ではないので途中経過の画像ということで見ていただければと思います。

2018.03.6

目の下脂肪取り、目の下コンデンス脂肪注入 1週間後 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り

DSC00630正面 DSC00764正面

目の下の脂肪をとって脂肪を注入したことで凹凸が平坦になってクマがなくなりましたね。

目元がすっきりして老けて見えにくくなります。

クマは目袋となってどんどん悪化していきますので早めに治療すると同じ年代の人より老けにくくなりますよ。

2018.02.20

目の下脂肪取り、目の下コンデンス脂肪注入 3ヶ月後 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC09991目DSC02877目

目の下の脂肪を除去し、さらに下のくぼみに脂肪を注入することで目の下の凹凸が改善しフラットになりましたね。

目元がすっきりして若々しくなったと思います。

目の下にたるみがある方でしたが、切開して皮膚を切除しなくても目元は若返ります。

後で皮膚のたるみが気になるようなら皮膚を切除することも可能ですよ。

2018.02.16

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 1週間後、1ヶ月後 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り

(手術前)
DSC00347目
(1週間後)
DSC00601目
(1ヶ月後)
DSC01462目

目の下の凹凸クマが改善しましたね。

疲れて老けて見えた目元が若々しく明るくなりました。

お若い方でも目の下の脂肪が多くクマが膨らんで、その下がくぼんで影ができている方は多いです。

お若いうちに目の下の出ている脂肪を除去して、くぼみに脂肪を注入すれば将来にわたって目の下のクマが改善され、目元を老けにくくすることがで可能です。

2018.02.5

目の下脂肪取り、コンデンス脂肪注入 1週間後、1ヶ月後 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り

(手術前)
DSC09745目
(1週間後)
DSC09855目
(1ヶ月後)
DSC00664目

術前は目の下の眼窩脂肪が多いだけでなく、ふくらみの下にはくぼみの影が見られました。

目の下のふくらみ(眼窩脂肪)だけ除去すると目の下のくぼみがかえって目立ってしまうため、今回は目の下の眼窩脂肪除去と同時に目の下のくぼみに脂肪を注入しました。
多くの方が目の下のふくらみと凹みが共存するため、目の下のクマ治療の際は、8割以上の方が脂肪取りと脂肪注入を同時に行っています。

脂肪はコンデンス脂肪と言って遠心分離機を使って濃縮することで脂肪や脂肪幹細胞の細胞密度を上げ、不純物を減らしてしこりのリスクを減らし生着率を上げるように処理して注入しました。

1週間後で内出血で薄黄色くなっていますが、1,2週間で落ち着いていきます。

1ヶ月後ではクマの凹凸がなくなって目の下がすっきりきれいになりとても若々しくなりましたね。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP