院長ブログ 院長ブログ

2018.06.7

切らない眼瞼下垂 1週間後、1ヶ月後 施術症例 , , 切らない眼瞼下垂

(手術前)

DSC04464切らない眼瞼下垂

(1週間後)

DSC04708切らない眼瞼下垂

(1ヶ月後)

DSC05422切らない眼瞼下垂

切らずに糸で眼瞼下垂を改善させて目の開きが良くなりました。

もともと左の開きが右に比べて弱かったため左をしっかりめで短縮しています。

術前はぼんやりとした目元が、黒目が大きく見えるようになり目元が明るくなりましたね。左右差も改善しています。

切らないので腫れもそれ程目立たず、ダウンタイムが短いのでとてもやりやすく効果的な施術です。

気に入らなければ抜糸してすぐに戻せますので安心でもあります。

二重を広くするだけでは目を明るくさせるのは不十分なことも多いです。

少しぼんやりとして目をはっきりさせたい方には、手軽にできる切らない眼瞼下垂はおすすめの施術です。

関連する施術

2018.02.11

目頭切開(Z形成)、切らないデカ目3点セット 3ヶ月後 施術症例 , , 埋没法 , 目頭切開 , 切らない眼瞼下垂 , 切らないたれ目

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC00022目
DSC02615目

目頭の蒙古ヒダはもともとそれ程強くない方でしたが、目頭切開Z形成で自然な感じで蒙古ヒダが減り、目の幅が広くなりました。

また、デカ目術で目の開きが改善して黒目が大きく見えるようになり、二重は左右差を整えながら広くしました。

目の開きが改善すると二重は狭くなりますが、二重を広くしたことで二重幅はそれ程狭くなっていません。

目頭切開で目の横幅が広くなり、デカ目術で目の上下が大きく成りることで目全体が大きく華やかに見えるようになりました。

目頭は切開しましたが、他は切らずに糸でおこないましたので腫れも少なくダウンタイムが短くて済みます。

また、切らないデカ目術はご希望があれば抜糸して戻すこともできますのでリスクが少なく安心ですね。

2017.12.29

切らない眼瞼下垂プレミアム 1ヶ月後 施術症例 , , 埋没法 , 切らない眼瞼下垂

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC08729目
DSC00062目

今回のお客様は10年前に埋没法(2点止め)を行ったそうですが、二重がなくなったので二重にしたいと来院されました。

ただ、くぼみ目が強いため(特に左)この状態で埋没法しても、通常の切開をしたとしても二重はつきません。

まずはくぼみ目を改善することが必要ですが、眼瞼下垂もあるため、眼瞼下垂を行ったうえで二重術を行うことをお勧めしました。

切らずにやる施術は切らない眼瞼下垂、切る施術は全切開+眼瞼下垂+眼窩脂肪の引き出しになります。

今回、お客様は切らずに行いたいとのことで、切らない眼瞼下垂と二重埋没法がセットになった切らない眼瞼下垂プレミアムを行いました。

施術後は切らない眼瞼下垂により目の開きとくぼみ目が改善しましたね。

そのおかげで二重の折り目がつきやすくなり、二重術もはっきりつくようになりましたね。

今回のお客様は二重術をしたいとのことで来院されましたが、二重になりにくい原因がある方では(くぼみ目や眼瞼下垂、たるみ、厚みが強い方など)まず二重になりやすくさせる土台つくりをしてからでないと二重になりません。

今回はくぼみ目や眼瞼下垂があったため眼瞼下垂の施術をおこないました。

切らずに眼瞼下垂の治療を行っているクリニックは少ないです。

眼瞼下垂やくぼみ目があって切開はしたくない方は当院でご相談いただければご希望の施術が可能です。

2017.10.14

切らないタレ目 1ヶ月後 施術症例 , , 切らない眼瞼下垂

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC049361目済み
DSC06415目

つり上がり気味だった目尻側のラインが下がって目元が大きく、優しくみえるようになりましたね。

切らずに数十分の施術で簡単にタレ目にできるのは良いですね。

気に入らなければ抜糸して戻すこともできます。

切るたれ目(下眼瞼下制)では基本的に戻すことが出来ないので慎重におこなう必要があります。

関連する施術

2017.09.22

切らない眼瞼下垂プレミアム 1か月後 施術症例 , , 切らない眼瞼下垂

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC03221目
DSC02769目

他院で眼瞼下垂を指摘され当院にいらっしゃったお客様です。

切らずに目の開きを改善する眼瞼下垂を行うことになりました。

そのまま眼瞼下垂をおこなうと二重は狭くなったり不安定になってしまうため、二重を一段広くして二重をキープするように、

切らない眼瞼下垂と埋没法を同時におこなう切らない眼瞼下垂プレミアムを行いました。

目の開きが改善し、二重幅はキープしています。

目を明るくするためには二重だけでなく、黒目をはっきり見せることも大切ですよ。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP