院長ブログ 院長ブログ

2019.06.25

全切開+眼瞼下垂(挙筋前転術) 半年後 施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

(手術前)

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転術)症例写真 手術前

(半年後)

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転術)症例写真 半年後

今回のお客様は二重にしたい、目元を明るくしたいとご希望され来院されました。

もともと右が浅めの奥二重でありましたが、基本的に一重で厚ぼったいまぶたでした。

当然、切らない糸の埋没法では後戻りのリスクがあったり、戻りやすさの割に腫れが強く出てしまうリスクもありました。

今回はご本人のご希望もあり、全切開でしっかり二重を作ることになりました。

その際はもちろん眼窩脂肪などのボリュームも減らしています。

また、目の開きも悪いとのことで、挙筋前転術を行って目も開きやすくして目元を明るくするようにしました。

挙筋前転術はまぶたを引き上げる腱膜を前転させ、まぶたの骨格(瞼板)を引き上げて固定する手術です。

挙筋前転術イメージ

当然目の開きが改善して黒目が大きく見えるようになります。

 

症例写真は半年後なのでほぼ完成に近いと思いますが、切開法の場合、完全になじむのは1年くらい見ていただくとよいでしょう。

二重がしっかりついて、目の開きも改善して黒目が大きく見えるようになりましたね。

たるみの切除もある程度おこなったため、まつ毛の皮膚のかぶりがなくなってまつげがはっきり見えるようになり、アイライン効果が出て目元が明るく見えます。

(参照)二重やメイクでなぜ目が大きくぱっちりするの?

 

糸の埋没法も良い方法ですが、厚ぼったくてラインがつきにくそうな方では今回のように全切開もお勧めです。

全切開の場合は、皮膚のたるみを同時に除去したり、眼窩脂肪を減量したり下げたりしたりしてまぶたのボリューム調整ができたり、目の開きを改善する眼瞼下垂を同時に行うことができます。

同時にいろいろな効果を出すことができますので、ダウンタイムが取れる方は選択肢の一つとして考えていただくのもありかと思います。

2019.06.16

全切開 半年後 閉眼時の画像も 施術症例 , , 全切開

(手術前)⇒(半年後)

二重全切開 術前 切開して二重を安定させる
二重全切開 半年後 目を閉じたときの画像

今回のお客様は二重の全切開を希望され、施術をおこないました。

末広の二重にしたいとのことで末広になるように二重幅をデザインしました。

術中は、眼窩脂肪などを調整して平行になりにくいようにしています。

半年後なのでほぼ完成です。

ご希望通りの末広型の二重になったかと思います。

 

ちなみに、閉眼時の画像です。
DSC02318閉眼

傷が薄くありますが、閉眼時も自然です。

今回の方はまぶたの厚みがそれ程強くなく、組織の切除量が少なめだったため凹みがあまり目立ちません。

 

二重の全切開は、まぶたの皮膚側(前葉)と裏側(後葉)を癒着させて連結させる手術です。

まぶたの前葉と後葉

切開して二重のライン上のボリュームを減らして、眼輪筋を挙筋腱膜・瞼板に中縫いすることで希望の二重の高さで前葉と後葉を強固に癒着させて二重安定させます。

二重術の構造(断面図)

まぶたが厚ぼったくてラインがつきにくい方では、眼輪筋やROOF(隔膜前脂肪)の切除量が多くなるため、もともとの厚ぼったい上瞼との段差ができて、閉眼時に凹みが出てくる場合があります。

 

2019.05.9

全切開、眼瞼下垂(挙筋前転)、目頭切開(Park法) 半年後 施術症例 , , 目頭切開 , 全切開 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

(手術前)

DSC05680目

(半年後)

DSC00738目

もともとほぼ一重で、浅い二重の癖が若干ついている方でした。

目を明るくしたい、平行型にしたいとのことでご来院されて、全切開と眼瞼下垂の施術(挙筋前転術)と、平行になりやすい目頭切開(Z形成のPark法)を行いました。

二重がはっきりとついて、目の開きも改善して目元全体が明るくなりましたね。

Z形成のPark法をおこなったことで二重の内側の幅は広く保たれ、しっかり平行型になっています。

全切開は最初は腫れますが、埋没法より二重が安定しやすく、眼瞼下垂の改善やたるみ除去も同時におこなうことができます。

ダウンタイムがしっかり取れる方では選択肢の一つとしてお考えになるのも良いかと思います。

2019.03.3

全切開(二重を狭く)、眼瞼下垂(挙筋前転) 半年後 施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂(挙筋前転術)

(手術前)

DSC07118目

(半年後)

DSC08538目

以前に埋没法を2回行っていた方でしたが、二重幅が広いので狭くしたいとのご希望でした。

眼瞼下垂があったため眼瞼下垂の改善を行い、ボリュームを調整して二重を狭く作り直しました。

二重が狭くなって、目の開きが改善したことで、術前の眠たくぼんやりした目元がはっきりとしましたね。

2019.02.26

二重全切開 3ヶ月後 直後、5日後、閉眼も 施術症例 , , 全切開

(手術前)

DSC09644目

(3ヶ月後)

DSC08994目

もともと一重の方で、二重を戻りにくくしたいとのことで二重の全切開をおこないました。

末広のラインを希望されていました。

 

二重のラインはしっかり瞼板に中縫いして固定し、外ぬでさらにアンカー固定し二重ラインを強固にしました。

術中、右の内側が平行気味だったので、眼窩脂肪でボリュームを出して末広になるように調整しています。

3ヶ月後は希望に近い末広の安定したラインになりましたね。

ただ、まだ3ヶ月ですので、本当の完成は半年~1年は見ていただく必要があります。

ちなみに目を閉じたときのまぶたの画像です。

DSC08993閉眼

閉眼でも不自然さはあまりないかと思います。

全切開はライン上の眼輪筋を少し除去しますのでもう少し食い込みが出る方もいらっしゃいます。

 

参考に、直後、5日後、1ヶ月後の画像も載せておきます。

(手術直後)

DSC09654目 DSC09782目 DSC00626目

腫れがどんどん落ち着くのがわかりますね。

基本的に全切開の完成は半年~1ヶ月見てもらいますので、もう少し二重は狭くなって落ち着いていくかと思います。  

関連する施術

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP