院長ブログ 院長ブログ

2018.04.19

二重全切開 3ヶ月後 施術症例 , , 全切開

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC02927目 DSC05361目

埋没法を2回されている方で、二重を安定させるために埋没法の抜糸と全切開を希望されました。

3ヶ月目なのでだいぶ腫れや二重幅は落ち着いてきて安定した二重になりました。

二重が広く深くなってはっきりした目元になりましたね。

もともとまぶたに若干たるみもありましたので皮膚を少量切除してたるみを除去しています。

関連する施術

2018.04.1

目の下脂肪取り+コンデンス脂肪注入、全切開二重(最大幅)、目頭切開Z形成 3ヶ月後 施術症例 , , 全切開 , 目頭切開 , 若返り , 目の下の若返り

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC02145目の下
DSC04654目の下

目の下の脂肪を除去してふくらみをなくし、目の下のくぼみには脂肪を注入しました。

濃縮した脂肪を十分分散させて注入しています。

目の下のクマが改善しましたね。

 

二重の切開法は最大限広くしたいとのご希望で、切開の最大限の幅(まつ毛から引っ張って10㎜)で、皮膚のたるみも切除してできる限り広くしています。

広く切開していますので3ヶ月だとまだ幅広ですが、半年以上かけてもう少し自然な幅になっていきますのでもう少し経過を見る必要があります。

 

目頭切開も行っており、目の幅も広くなりました。

完成ではないので途中経過の画像ということで見ていただければと思います。

2018.02.1

全切開、眼瞼下垂 半年後 施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂

(手術前)⇒(半年後)

DSC08746
DSC03520目

以前埋没をしたことがある方です。

三重が気になることと、二重を狭くしたいということで、二重のたるみを切除しつつ眼瞼下垂もおこなって二重を安定させ、狭くしました。
術前は目の重さ・眼瞼下垂を気にされていましたが、目がしっかり開くようになって目元がはっきりとしました。

二重も狭くなって、ご希望に近い目元になったのではないかと思います。

2018.01.14

二重全切開 1週間後、3ヶ月後 閉眼も 施術症例 , , 全切開

(手術前)
DSC09531目
(1週間後)
DSC09673目
(3ヶ月後)
DSC02516目
(3ヶ月後閉眼時)
DSC02515閉眼

もともと一重の方で、切開してたるみも除去しとのことで二重の全切開術をおこないました。

二重幅は自然な幅で少し皮膚のたるみを除去してやや幅が出やすくなっています。

1週間目は腫れや内出血があり、二重もむくんで幅が広くなっています。

全切開のダウンタイムは3,4週間は見ていただくとよいです。

3ヶ月経つとはれも落ち着いて自然なラインになりましたね。

閉眼の際の二重のラインは凸凹せずに自然なラインかと思います。

厚ぼったい方ではもう少しまぶたの厚みを除去しますので深いラインになりやすい傾向はあります。

ダウンタイムが長くとれて安定した二重にしたい方、ある程度のたるみの除去を希望される方などでは全切開による二重術も良いかと思います。

2017.10.29

全切開、眼瞼下垂 3ヶ月後 施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC05286目
DSC08444目

もともと右の目の開きが悪く、全体に目の開きを改善したいとのことで全切開+眼瞼下垂の手術を行いました。

手術をしてみると右目は下横走靭帯などの開瞼抵抗が異常に強く、下横走靭帯を可及的に切除し、ラテラルホーン(腱膜の外角)をカットして開瞼抵抗を取り除き、しっかり挙筋前転を行いました。

ただ、それでも術後は右の開きは左程ではありませんでした。

左は右ほど挙筋を前転していませんが開きが改善しましたね。

術後は左右の開きが改善しましたが、右はやや開瞼が弱い状態ですが本人は満足されており、このまま経過を見ることになりました。

 

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP