院長ブログ 院長ブログ

2018.04.12

切らないタレ目 1ヶ月後 施術症例 , , たれ目

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC03123目
DSC03978目

ぱっと見わかりにくいかもしれませんが、目の下のラインに注目していただくと、上り気味だった目の下外側のラインが切らないタレ目をしたことで下がりました。

目の下のラインが下がったことで目尻側の白目が大きく見えるようになりましたね。

切らないタレ目は糸だけで目の下のラインを下げて優しい眼もとにするだけでなく、デカ目効果も出すことができます。

関連する施術

2018.03.21

切らないタレ目術 1週間後、1ヶ月後 施術症例 , , たれ目

(手術前)

DSC07785目

(1週間後)
DSC08241目

(1ヶ月後)
DSC08776目

タレ目ボトックスを続けられていたそうですが、今回切らないタレ目術を希望されおこないました。

もともと三白眼でしたので、内側は下がらないように外側を下げています。

目の下のラインが下がったのがわかります。

関連する施術

2018.02.11

目頭切開(Z形成)、切らないデカ目3点セット 3ヶ月後 施術症例 , , 切らない眼瞼下垂 , たれ目 , 目頭切開 , 埋没法

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC00022目
DSC02615目

目頭の蒙古ヒダはもともとそれ程強くない方でしたが、目頭切開Z形成で自然な感じで蒙古ヒダが減り、目の幅が広くなりました。

また、デカ目術で目の開きが改善して黒目が大きく見えるようになり、二重は左右差を整えながら広くしました。

目の開きが改善すると二重は狭くなりますが、二重を広くしたことで二重幅はそれ程狭くなっていません。

目頭切開で目の横幅が広くなり、デカ目術で目の上下が大きく成りることで目全体が大きく華やかに見えるようになりました。

目頭は切開しましたが、他は切らずに糸でおこないましたので腫れも少なくダウンタイムが短くて済みます。

また、切らないデカ目術はご希望があれば抜糸して戻すこともできますのでリスクが少なく安心ですね。

2018.01.30

目頭切開(Z形成)、切らないタレ目 3ヶ月後 施術症例 , , たれ目 , 目頭切開

(1週間後)⇒(3ヶ月後)

DSC07024目

DSC00159目

目を大きく見せたいとのことで来院されました。

術前の画像では分かりにくいかもしれませんが、眼瞼下垂がもともとあり、眼瞼下垂の手術をメインに目頭切開、タレ目などの施術をご提案しました。(目尻切開は余裕がなかっため適応がありませんでした。)

今回は、ご本にのご希望により、目頭切開とタレ目の施術を行いました。
もともと蒙古ヒダはそれ程強くない方でした。

目頭切開(Z形成)で蒙古ヒダを解除しました。眼間は2.5㎜狭くなり、その分目の幅が広くなりました。

また、切らないタレ目で目尻側のラインを下げて目元を優しい印象にしています。

あとは、やはりぼんやりした印象を改善させるために眼瞼下垂(切る方法と切らない方法があります)をやると良いかと思います。

2017.12.7

下眼瞼下制、目頭切開(Z形成) 3ヶ月後 施術症例 , , たれ目 , 目頭切開

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC07173目
DSC09905目

目頭切開で目の幅が広くなりましたね。

後戻りの少ないZ形成で行っています。

切るタレ目(下眼瞼下制)をおこなって、目の下の外側のラインが下がり、優しい目元になりました。

また、白目の面積が大きく成ることでデカ目効果にもなりました。

目は上下左右に大きくすることができますが(下記コラム参照)今回は目の内側方向(目頭切開)とした方向に広げました。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP