施術 施術

もとび美容外科クリニック 鼻尖軟骨移植について

鼻尖軟骨移植の概要

耳の軟骨を移植して鼻先の高さを出したり、鼻先を下方に延長します。

鼻先はプロテーゼで高さを出すと露出のリスクがあるため、自分の組織(耳介軟骨や耳珠軟骨)を採取し鼻先に移植し、鼻先の高さを出します。
軟骨移植の効果のイメージは下図のようになります。(下の症例写真もご参考ください)

鼻尖軟骨移植

軟骨を移植する方向を調整することで、鼻先の高さを出すだけでなく、アップノーズ気味の人で鼻先が上向きで豚鼻に見えてしまうのを改善させることも可能ですし、小鼻に対して鼻先が引っ込んでいる不格好な状態も改善することが可能です。
鼻先の正面方向に高さが足りない方では正面方向に、アップノーズの方では下方向(口側)に、お客様のお鼻の形やご希望に応じて軟骨移植で高さを出す程度・方向を調整いたします。

鼻尖軟骨移植する方向

鼻中隔延長ほどの延長効果はありませんが、軟骨を移植するだけでも鼻先のラインを高く、美しく整えることは可能です。
少しのラインの変化でもお鼻全体の見た目のバランスが改善します。
バランスが改善すると目立つ鼻の穴や小鼻も目立ちにくくなります。

鼻尖軟骨移植は、鼻尖縮小術と併用すると鼻先が細くかつ高くなりすっきりしてより整いやすくなります。
軟骨移植だけ行うとお鼻が鼻先が大きくなる印象になる可能性があります。
鼻尖縮小で鼻先を細くすることで効果的に鼻先を細く高く整えることが可能です
また、鼻尖縮小術で鼻翼軟骨を寄せることで、軟骨移植の土台がしっかりするため効果的に高さやラインが出やすくなります。

逆に鼻尖縮小術を考えている団子鼻の方では鼻先が低かったり、上向き(豚鼻)なことも多く、鼻尖縮小術だけではかえってアップノーズが強調されてしまうこともあります。
鼻尖部に軟骨を移植して鼻先の高さを斜め下方に出すことでより整った鼻先にすることが可能です。

 

軟骨移植の手術の流れ

手術はクローズ法でおこないます。

通常鼻尖縮小術と合わせて行うことがほとんどで、まずは鼻尖縮小術で両側の鼻翼軟骨を寄せて土台をしっかり整えます。

耳から耳介や耳珠軟骨を採取し移植軟骨を作成します。

移植軟骨 軟部組織

高さを出すために上方は2枚重ね以上にすることが多いです。
長期的に軟骨の形が浮き出ないように、移植軟骨の角は斜めにカットして滑らかにしておきます。
また、より鼻先の形なりになじみやすいように移植軟骨に網目状に切れ込みを入れます。

移植軟骨に切れ込みを入れる

 

軟骨膜まですべてカットするとバラバラになってしまいますので、裏の軟骨膜は一枚残して軟骨のみに切れ込みを入れます。

切れ込みを入れた軟骨

切れ込みを入れることで、長期的に軟骨の形や角がなるべく浮かないように、鼻先の形がより自然になるように工夫します。

軟骨の角が浮き出ないように

鼻先を下からのぞいた図です。

鼻先を下からのぞいた

移植軟骨を鼻先のラインを伸ばしたい方向に載せて(onlay)固定します。

移植軟骨を固定

鼻先を剥離した際に採取してとっておいた軟部組織を丸めて団子にしたものを、軟骨の形が浮き出ないように軟部組織を軟骨の上に移植します。

鼻先に軟部組織をのせる

柔らかい軟部組織を載せることで、ラインを滑らかにし延長効果もさらに高めることができます。
軟部組織は吸収されていきますが、瘢痕組織に置き換わり、皮膚と軟骨の間にスペースを保つことで、プラスアルファの高さを出すだけでなく、軟骨の形がなるべく浮かないようにもします。

最後に、移植した軟骨にアンカーの糸を通して位置がずれないように、また、なるべく延長効果が出やすいように糸を皮膚から外に出して鼻先の軟骨を引っ張った状態でギプスに固定します。

鼻尖軟骨移植 ギプス固定

耳の軟骨採取部分には血種予防のためにガーゼの圧迫固定(ボルスター固定)をおこないます。

術後5日後にご来院いただき、ギプスと耳の固定を除去し、抜糸をおこないます。

 

以上が鼻尖軟骨移植の流れでした。

 

 

参考症例写真

鼻尖形成+軟骨移植(正面像)

(手術前)→(手術後)

鼻尖形成 軟骨移植 術前正面鼻尖形成 軟骨移植 術後正面

鼻尖形成で団子鼻が改善し、鼻先に軟骨を移植したことで鼻先が下方に延長して、豚鼻が改善されました。
小鼻の形や鼻の穴の大きさはあまり変わりませんが、小鼻と鼻先の位置が整ったことで鼻の穴が目立ちにくくなり、鼻先の印象が良くなりましたね。

小鼻を小さくしたいとご希望の方でも鼻先の位置が高いのが原因で、鼻先に高さ出すとバランスが良くなり小鼻が気になりにくくなる方は多いです。

 

鼻尖形成+軟骨移植(側面像)
(手術前)→(手術後)

①鼻先に高さが出て鼻が高くなり形が整う。

鼻尖形成 軟骨移植 術前左側面鼻尖形成 軟骨移植 術後左側面

鼻先の前方に高さが出て鼻の形が整いましたね。

 

②アップノーズ(豚鼻)が改善して鼻の印象が良くなる。鼻の穴も目立ちにくくなる。

鼻尖形成 軟骨移植 術前右側面鼻尖形成 軟骨移植 術後左側面

上向きだった鼻先に軟骨を移植することで下方向に鼻先のラインが延長してアップノーズが改善しました。
術後の形の方がすっきりしてきれいに見えますね。

 

よくあるご質問

Q:軟骨を移植するのは抵抗がありますが、安全ですか?吸収されますか?

A:異物ではなくご自身の軟骨ですので安全です。
軟骨は移植しても吸収されることはあまりなく長く形を保つことができます。
気に入らなければ後で軟骨を除去する事も可能です。

 

Q:耳の軟骨を採取した部分は自然ですか?ばれますか?

A:耳のフレームは変わらないため見た目は全く変わりません。
触ると軟骨を除去した部分が柔らかく感じます。
傷は耳の後ろであまりすので目立ちません。
耳の後ろにシワが1本増えたような程度です。

 

Q:鼻中隔延長と鼻尖軟骨移植はどちらが良いのですか?

A:どちらが良いかはお鼻のタイプやご希望に応じて違います。
鼻中隔延長の方が軟骨移植にくらべて延長効果は高いですが、鼻先が固定されるリスク、鼻先の曲がりのリスク、鼻閉といって鼻の通りが悪くなるリスク、オープン法で行うため鼻柱(鼻の穴の間)を切開する必要があるなどのリスクを伴ってきます。
アップノーズが強い方や、鼻先の高さをしっかり出したい方、リスクを許容出来る方などでは鼻中隔延長がおすすめです。
ただ、そこまリスクはとりたくないという方や、ラインを整える感じで自然な変化で良いという方は軟骨移植が良いです。

 

Q:軟骨を移植しないとだめですか?

A:鼻先に高さがある方では軟骨移植は必ずしかも必要ではありません。
ただし、もともとだんご鼻の方では鼻先が低くかったりアップノーズである傾向がありますので多くの方では鼻尖縮小術と軟骨移植を併用して行うことが多いです。

こんな人にオススメ!

  • 鼻先が低い、アップノーズ気味だ

  • あまり大きな手術をしたくない

  • が鼻先に高さを出したい、鼻先を下方に伸ばしたい

鼻尖軟骨移植の特徴

施術の種類

切開(クローズ法)

施術時間

90分

傷跡

傷は最終的に、ほとんど分からなくなり治っていきます

腫れにくさ

★★★☆☆

通院

吸収される糸で縫うので不要
ただし、抜糸ご希望の場合は5日~10日後に抜糸可

ギプス固定・洗顔

5日間
固定期間中は洗顔できませんが、固定部位以外を拭くことは可能です。

通院

5日後に固定除去のために来院していただきます。

保証制度

【術後1年間保証】ドクターが必要と判断した場合、無料で再手術致します。

鼻尖軟骨移植の費用

鼻尖軟骨移植 この施術の費用へ
単独
¥278,000 ¥236,300
鼻尖形成とのセット料金
¥198,000 ¥168,300
麻酔 この施術の費用へ
笑気ガス
¥5,000
麻酔クリーム
¥3,000
神経ブロック
¥10,000
安心静脈麻酔+笑気ガス麻酔
¥40,000
硬膜外麻酔+静脈麻酔+笑気ガス麻酔
¥55,000
腫れ・内出血を軽減するお薬セット この施術の費用へ
シンエック(手術用)
¥9,800
シンエック(プチ整形用)
¥4,800

鼻尖軟骨移植を受けた お客様の声

  • お客様のイメージ05
    Nさん (20代)

    施術:鼻尖形成、軟骨移植、flap法

    結論から言えば、もとび美容外科で施術してもらってよかったと思いました。 カウンセリングをしていただいた際も、希望しているこの施術をしないでこっちをやった方が綺麗になるよとストレートに意見を言ってくださったり、真剣に向き合ってくれました。 ...

    結論から言えば、もとび美容外科で施術してもらってよかったと思いました。 カウンセリングをしていただいた際も、希望しているこの施術を...

ページトップに戻る ^
TOP