施術 施術

もとび美容外科クリニック 切らない鼻先延長術(ミスコ、MISKO)について

切らない鼻先延長術(ミスコ、MISKO)の概要

 ミスコ(切らない鼻先延長、切らない鼻中隔延長)

ミスコロゴ

切らない鼻先延長術 ミスコ イラスト

切らずにトゲの付きの糸で鼻先を延ばすのがMISKO(ミスコ)です。
指で鼻先を希望の方向に引き伸ばした状態でトゲ付きの糸を入れて固定するという施術になります。
切らずに鼻先を整えたい方、試しに鼻先を整えてみたいという方におすすめの施術です。

鼻先が低かったりアップノーズ気味の方は多いですが、そのような方は鼻先を整えるには、手術をして鼻先に軟骨を載せたり、鼻中隔延長を行ったりして高さを出す必要がありました。
ただ、手術は抵抗があるという方、なるべく切らずにプチ整形で整えたいという方は多いです。
そのようなニーズにお応えできるのが、切らずに鼻先を伸ばすことが出来る、切らない鼻尖形成術、MISKO(ミスコ)です!
切らない鼻中隔延長、切らない鼻先延長などと呼ばれています。
他にはワイコ(Y-KO)やフレックスノーズと呼ばれているものと同じ施術になります。

 

 

ミスコをおすすめする理由

・切らない!傷は残りません。

ミスコは、切らずに針を使ってトゲのついた糸を挿入して高さを出します。
鼻先をご希望の方向に伸ばした状態でトゲのついた糸を挿入して、伸ばした状態で固定していくように糸を入れていきます。

切らない鼻先延長術 ミスコ トゲの付いた糸

鼻先に針穴が開きますが、切ったりしないため傷は残りません。

 

・直後からしっかりした変化

施術直後からしっかりした変化が出るため、すぐに効果を実感することが出来ます。
1週間くらいでなじんで効果が安定します。
ミスコでは効果を出しやすくするために、後述のように先端が傘のように広がっており、さらにトゲ(コグ)も特殊な構造になっております。

 

・吸収糸なので安心

ミスコ-鼻整形イメージ写真

溶ける糸ですので安心です。
溶けない糸の場合、将来的に糸の露出や感染などのリスクがありますが、吸収糸は溶けてしまうのでその心配はありません。
何度でも追加することも可能です。
後日、切る鼻の形成手術(鼻尖縮小や軟骨移植など)をご希望の場合も手術可能です。

 

・短時間の施術で可能

針で糸を挿入するだけの施術ですので、施術時間は10~15分で終わります。
短時間で終わりますので負担の少ない施術です。

 

・腫れや内出血も少ない

鼻尖形成術のように1週間ほどのギプス固定もありませんし、腫れや内出血もそれほどありあません。

 

・自然な変化

術直後にしっかりした変化であっても、糸でおこなうものですので、無理がかかっている部分は組織が徐々になじん伸びて自然なところに落ち着いてきます。
逆に切開の場合では、変化を出しすぎると戻らず不自然になることがあります。

 

・当院は鼻の症例が多い人気クリニックなので安心です。

もとび美容外科クリニックは切る鼻の形成術の症例も多く、お鼻の手術の解剖や手技に精通しています。
例えば効果的な延長方向など、多くの症例経験からからその方に合わせてに調整させていただくことが出来ます。
まずはお試しで切らない鼻尖延長をおこなって、将来的に切って戻らない方法も考えたいという方にも安心です。

 

ミスコとは

ミスコ-misko-鼻整形ロゴ-切らない整形

ミスコってなんか変な名前ですが、低侵襲の鼻の施術っていう意味です。
低侵襲、つまり負担が少なく簡単に鼻先を伸ばすことが出来る施術です。

 

(ミスコの糸の形状、工夫)

ミスコは溶ける糸を鼻に挿入することで鼻先を伸ばしていきますが、ミスコはこのような糸の形状になっています。

ミスコ-糸-写真

糸のとげ(コグ)により組織を伸ばして固定することができる形状になっており、鼻先をご希望の方向にしっかり伸ばして糸を挿入することで、鼻先を延長することが可能になります。

糸には3つの工夫がされており、しっかり延長効果を出して効果を持続させ、かつ糸が飛び出ないようになっています。

 

糸の工夫①

図13

糸のトゲ(コグ)は切れ込みが2段階になっていて深いため、しっかり組織をホールドすることができます。
コラーゲンの増生効果も高く固定力、維持力が高くなりました。

 

糸の工夫②

トゲがらせん状に配置され、全方向の組織をささえることで鼻先全体を支え、効果を高めます。

 

糸の工夫③

糸の両端がほうき状に広がっており、がっちり組織を保持して後戻りを軽減させます。

ミスコ先端

また、ほうき状の形状により糸の先が飛び出しにくくなります。

 

(糸の挿入方向、本数の目安)

・アップノーズ(豚鼻)の方⇒下方向(足側)に延長

ミスコ下方向

(目安)鼻背に4本

 

・鼻先の高さが低い方⇒正面方向に高く

ミスコ上方向

(目安)鼻柱に4本

 

・鼻先が低くアップノーズの方⇒斜め下方向に延長

ミスコ斜め下方向

(目安)鼻背に4本、鼻柱に4本の合計8本

 

(溶けるので安心)

ミスコはPDO(ポリジオキサン)という素材でできており、3~6ヶ月ほどで吸収され、異物が鼻に残りません。
また、溶けるため何度も繰り返し施術が可能です。

 

(コラーゲンバンド)

図4

糸は吸収されてしまいますが、コラーゲンバンドを形成するため、支えは完全になくならず若干ですが効果を維持してくれると言われています。

 

(切らないので腫れにくい)

切らずに糸を挿入するだけですので、腫れはあまりありません。
ただし、鼻先に2~4か所ほど穴が開きます。
針穴は最初は赤みがありますが、48時間後からメイクでカバーが可能です。

施術直後は効果が120%ほどで過剰に効果が出ている感じですが、腫れが落ち着いて1週間ほどで100%になり効果が安定するイメージになります。
戻ろうとする力がかかりますので、なじむまで痛みが1~2週間ほど続くことがありますが、痛み止めで対応できる痛みです。

 

以上のようにミスコは切らずに糸で比較的簡単に鼻先を高くすることができます。

但し、糸であること、糸が吸収されることなどから3ヶ月~半年で戻ります。

いきなり切開は怖いという方、まずはリスクの少ない方法でやってみたいと考えている方などにはおすすめの施術です。

 

※後戻りを予防するためにストレッチが効果的です

ミスコ misko イメージ写真2

術後3日目以降、痛みが落ち着いたら、鼻先をつまむような感じで斜め下方向に持ち上げるストレッチを1~3分ほどすることで鼻先を高くする効果を長持ちさせることが出来ます。

 

※同時にクレヴィエル(ヒアルロン酸)を鼻根に注入することも可能です!

クレヴィエル2種類写真

鼻先だけでなく鼻根を高くして鼻スジを通せば、お鼻全体のバランスがしっかり整います。
プチ整形だけで理想のお鼻に近づくことが可能です!

 

(よくある質問)

Q:ダウンタイムは

A:施術後は鼻先に針穴が2~4箇所できるため、施術直後は肌色テープでカバーしていただき、48時間後からメイクでカバーできるようになります。
腫れや内出血やあまりありませんので、ダウンタイムは2、3日で見ていただくとよいです。

 

Q:後戻りはありますか?

A:糸なので戻ります。
3~6ヶ月くらいの効果と思っていただくと良いですが、ストレッチをすると長持ちしやすくなります。
半年以降もコラーゲンバンドを形成して若干の効果は残ると言われています。

 

Q:追加はいつから可能ですか?

A:追加はいつでも可能です。
低くなり始めたと思ったら入れていて大丈夫です。

 

Q:痛みはどれくらいありますか

なじむまで痛みはしばらくあります。
1~2週間で落ち着くことが多いですが、個人差はあります。
痛み止めで対応していただきます。

こんな人にオススメ!

  • 鼻先を高くしたい

  • ブタ鼻が気になる

  • 切りたくない

  • 鼻先にボリュームを出したいがヒアルロン酸はダメと言われた

  • まずは手軽に鼻先を高くしたい、プチ整形で試したい

  • 長期のダウンタイムは取れない

ページトップに戻る ^
TOP