みなさまの本来の魅力を引き出すお手伝いさせていただきます。

新宿もとび美容外科クリニックではなるべく腫れや痛みなどお客様の負担を減らし、お客様のニーズに合った施術をおこなうことを心がけています。
目もと(二重埋没法、眼瞼下垂、タレ目など)、小顔(BNLS、エラボトックスなど)、若返り(ヒアルロン酸、ボトックス、ベビーコラーゲン、スレッドリフトなど)、鼻の施術(クレヴィエルや鼻尖形成、小鼻縮小など)などの施術を得意としています。

美容外科の保険や取り扱う整形の種類

TOP > お役立ち情報 > 美容外科の保険や取り扱う整形の種類

美容外科の保険や取り扱う整形の種類

美容外科は保険適応外!?


美容外科とは基本的に美容に関する施術を行う場所です。そのため、保険適応外です。基本的に国民健康保険や社会保険は病気で苦しむ方をサポートするために医療費を免除することが前提です。例えばインフルエンザなどにかかった時、内科などを受診することになりますが、その時医療費の多くを免除してもらうことができます。当然ではありますが、国民健康保険や社会保険などがない方は保険証がそもそもありませんから、医療費の免除を受けることはできません。
一方で美容整形による施術に関しては、病気であるから施術を行うというケースは少ないでしょう。例えば一重であることで病気に苦しむといったことはありませんから、一重から二重にする時は一般的に保険適応外です。しかし、美容整形以外の埋没法を受ける時は保険が適応されるケースもあります。例えば逆さまつげです。通常まつげは眼球とは対称的に生えています。そのため、眼球に直接まつげがあたるというケースは少ないですが、逆さまつげの方はまつげが内側、つまり眼球に目がけて生えますからまつげが直接眼球に当たって痛みを生じます。逆さまつげは埋没法をすることで改善できますが、この手術は当然保険適応内になります。しかし、美容外科 と同様な美しさを取り入れるということではありません。趣旨が異なりますから当然美容外科 と同じ美しさを眼科で実現することは難しくなります。
もし手術を受けることを検討している方で、埋没法を受ける方であれば費用負担はそれ程大きくはありません。例えば埋没法では糸で瞼を止めることになりますが、止める箇所を多くしたとしても両目で10万円を下回ることは珍しくありません。今まで一重などで悩んでいる方もいるかもしれませんが、この値段で自分のコンプレックスを軽くすることができるかもしれませんから、人によっては安いと思われる方もいるのではないでしょうか。もしこれから整形を受けることを考えている方は、保険が適応されないということを予め把握しておきましょう。

美容外科 で受けられる整形について


美容外科では様々な整形を行っています。例えば有名な整形に目の二重整形があります。二重整形には先程も少し触れましたが、埋没法や切開法があり、ケースに応じて様々な施術方法を提供してくれます。埋没法は回復までの日数が少ないという点や費用面などにメリットを感じる方が多いです。また、切開法は費用面では埋没法に劣りますが、目の横幅を広げられたり、瞼が厚い方でも二重を実現できるため切開法を選択するという方も少なくありません。脱毛も整形の一つに数えられます。
美容外科ではメスを使う施術だけでなく毛の処理なども行います。現在では脱毛サロンなどがありますが痛みを共なうため医療脱毛を受ける方はとても多くなっています。医療脱毛は脱毛サロンなどに比べて比較的痛みが少なく、肌の表面が薄いところでも少ない痛みで毛を処理することができます。その他にも汗やワキガなどを扱ってくれる整形外科は多いです。多汗症やワキガに悩んでいる日本人は少なくありません。多汗症は汗が他の人に比べて多く、当然汗は匂いを発しますから多汗症に対してコンプレックスを抱いている方は少なくありません。ワキガは日本人には比較的少ないと言われますが、実際にはそれをコンプレックスに思っている方もいます。ワキガや多汗症は注射などを使用してきつい臭いをなるべく抑えられるように施術を行ってくれます。その他にも豊胸手術や鼻の整形など様々な種類の整形を扱ってくれます。日本人の中には自分のパーツに少し不満を持っている方も存在します。もしパーツにコンプレックスを抱えている方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

美容外科 のサービスについて


美容外科の中において数多くの実績があるクリニックは少なくありません。例えばその実績が5万件以上のところもありますから、経験豊富なスタッフが対応してくれるクリニックも存在しています。また、最適な治療を提供するためにカウンセリングの徹底化を図っているクリニックも数多くあります。当然患者さんによってパーツの形は異なります。例えば目であれば一重や二重でも異なりますが、目の横幅の大きさもそれぞれの患者さんで異なります。目だけでなく鼻においても鼻根の高さが低い方、鼻先が尖っている方もいます。全ての施術を方程式化すると患者さんに満足してくれる医療を提供できないこともありますから、美容外科の中には一人一人の患者さんにカウンセリングをするという形で向き合い、それぞれの最適な治療を提案してくれます。
また、その他の取り組みとしては腫れなどを最小限にすることです。当然施術後には腫れは避けられません。目の整形や鼻の整形にはメスを入れることもあります。しかし、最小限に腫れや痛みを抑えてくれることで回復するまでの日数を短くすることができたりするため患者さんは満足して医療サービスを受けられる可能性があります。

ページトップに戻る ^
TOP