みなさまの本来の魅力を引き出すお手伝いさせていただきます。

新宿もとび美容外科クリニックではなるべく腫れや痛みなどお客様の負担を減らし、お客様のニーズに合った施術をおこなうことを心がけています。
目もと(二重埋没法、眼瞼下垂、タレ目など)、小顔(BNLS、エラボトックスなど)、若返り(ヒアルロン酸、ボトックス、ベビーコラーゲン、スレッドリフトなど)、鼻の施術(クレヴィエルや鼻尖形成、小鼻縮小など)などの施術を得意としています。

美容外科でできる小顔になるための方法

TOP > お役立ち情報 > 美容外科でできる小顔になるための方法

美容外科でできる小顔になるための方法



女性が憧れる小顔にするために



女性にとって顔の大きさというのは、大変気になるところでしょう。美容外科に行って何とかしたいという人も多いはずです。こうしたことは、それぞれの倫理観などでも違いがありますが、整形手術をして大幅に変えるということはできれば避けたいという人も多いでしょう。



そこまでしてしまうのは、自分の中で抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。しかし最近ではもっと手軽にできる方法が増えてきています。その人によって得られる効果も違うことから、美容外科でよく話し合いながら進めることが大切ではありますが、注射でも小顔にすることができる可能性があります。



ボトックス注射は、プチ整形と呼ばれる方法の一つですが、えらの部分の筋肉に働きかけることによって小顔にすることができます。えらの張りを抑えることによって効果が出れば、かなり見た目にも変化が出る方法です。そもそもボトックスでの小顔とは何かといえば、えらのところにある咬筋に注射して動きを抑える方法で、筋肉が痩せていきます。だんだんとえらが細くなっていくことから、小顔に見える方法です。



一般的には、筋肉の動きを抑えることに使われますが、小顔の場合には、それを一歩進めて筋肉を細くしてしまうところが重要でしょう。動かなければ筋肉は自然と痩せて細くなっていくからです。注射の仕方などは、美容外科によっても違いますが、もともと筋肉が厚い部分なので、効果が出れば、かなりほっそりとすることでしょう。





筋肉を痩せさせて自然に小顔に



基礎的な考え方からいけば、無駄なく咬筋の動きを止めることが一番です。ムラが出てしまうと、筋肉がカバーすることになるため、自然に減らしていくためにもしっかりと分散させていくことが必要といえるでしょう。実際に効果が出てくると、小顔という効果とともに痩せたという印象を与えることになります。



顔は頭部を守る一部であり、肌が薄く痛みを感じやすい部分です。そこに注射することになるのですから、痛みがどれぐらいなのかというのも気になるところでしょう。美容外科でも痛みのことはよくわかっていることです。そこで、極細の針を使うということが、まずは対策のポイントとなっています。



さらに冷やしていくことによって、痛覚を麻痺させ、痛みを最小限にしています。これだけでも、かなりの痛みを抑えることができるため、思っているほどの痛みは感じません。美容外科なので、痛みが怖い方や、どうしても不安で仕方がないというときには、笑気ガスを使うことができます。



これだけでも痛みはかなり抑えられます。笑気ガスとは言っていますが、麻酔となっており、美容外科だからできる方法といえるでしょう。こうした対応ができるからこそ、小顔を考える上でも美容外科は重要な場所といえます。





歯ぎしりや顎関節症にも使える方法



小顔にしたいと考えるのであれば、いったいどのくらいの期間がかかるのかということが重要でしょう。できれば、短期間で仕上がってほしいと思うのが当然だからです。効果ということでは、1カ月程度は見なければいけません。咬筋の動きが止まることによって、徐々にやせ細っていくことが実感できるでしょう。咬筋自体は、1週間もかからず動きは弱まります。



最初のうちは、動かないことに違和感を覚えますが、だんだんと気にならなくなり普通に噛めるようになります。だんだんと痩せていくことになるため、実感できるのが1カ月程度ということになります。逆に言えば、整形手術のように、突然大きな変化が出るわけではないため、自然に小顔になっていくでしょう。



筋肉を痩せさせる方法となるため、永久に持続するわけではありません。半年程度で筋肉が戻ってきて、だんだんと元のようになっていってしまいます。ただし、一度痩せていくことで、他の筋肉の働きが強くなるため、完全に戻らず効果が持続する場合もあります。



ただし、これは個人差があると考えた方が良いでしょう。長持ちさせるためには、半年程度の期間で施術を繰り返していくと、やがて筋力が戻りにくくなり、効果が継続しやすくなるとも言われています。これも個人差があるため、絶対というわけではありません。



こうした方法は、何も小顔になりたい美容ということだけで利用されているわけではありません。歯ぎしりがひどい人や、顎関節症という人に対しても効果を上げることができます。筋力を弱めることができるため、症状が改善できるようになり、生活の負担も減ってくるようになります。小顔効果というだけではないというところは、大きなポイントになってくるでしょう。



ボトックスというと、ボツリヌス菌注射と思っている人もいますが、そんなことはありません。人間がたんぱく質として似ているものを作り出したものです。元々は、けいれんや斜視などに対して使われていたものなので、安心して美容外科で施術を受けることができるでしょう。

ページトップに戻る ^
TOP