みなさまの本来の魅力を引き出すお手伝いさせていただきます。

新宿もとび美容外科クリニックではなるべく腫れや痛みなどお客様の負担を減らし、お客様のニーズに合った施術をおこなうことを心がけています。
目もと(二重埋没法、眼瞼下垂、タレ目など)、小顔(BNLS、エラボトックスなど)、若返り(ヒアルロン酸、ボトックス、ベビーコラーゲン、スレッドリフトなど)、鼻の施術(クレヴィエルや鼻尖形成、小鼻縮小など)などの施術を得意としています。

小鼻整形は今では簡単な施術でできるようになった

TOP > お役立ち情報 > 小鼻整形は今では簡単な施術でできるようになった

小鼻整形は今では簡単な施術でできるようになった



小鼻整形の小鼻縮小内側法は人気がある


顔の中央には鼻がありますが、鼻の形はそれぞれで異なります。似ているようで相違点があるのです。鼻が高い、低いとか、横に広がっているとか、さまざまですが、小鼻というのは、左右の膨らみを指します。したがって、幅が比較的広い人や、サイズが大きい人、あるいは張りがある人などがいます。幅が広い、全体に顔の面積と比して大きい、あるいは張っているという場合が小鼻整形の対象になります。
ちなみに、そのような形だからこそ美人に見える人もいるでしょうから、一概にこれらの特徴がマイナスになることはないでしょう。しかし一般的にはやはり顔全体とのバランスを考えると小鼻は均整がとれているほうが良いようです。そこで整形を考える方もいらっしゃると思いますが、外から見えるような手術は好ましくありません。そこでヒアルロン酸を注入することで鼻全体のバランスを整える方法もありますが、これは別の話になります。
一般的に小鼻整形の方法は主に二つあります。そのひとつが小鼻縮小内側法で、これは小鼻が大きくて横に広がっているのを小さくする方法です。なお、この場合、幅や大きさはフレキシブルに調整できるので、ごく自然な顔立ちになると言うメリットがあります。また、小鼻縮小フラップ法というのもあり、これは鼻の中を切開することで小さくして丸みを減らします。この場合は切るという手術は避けられませんが、極めて効果が高く、ほぼ永久的にその形が続くというメリットが得られます。

小鼻整形の切らない方法とは


小鼻で気になるのは顔全体と鼻の大きさとのバランスと、鼻が左右に広がっていることで鼻全体が大きく見えたりします。この際に鼻の高さが低いとなおさら左右への広がりが目立ちます。そこで小鼻整形をしようとしますが、メスで切るのは抵抗感があるという場合、切らない方法があります。切開しないため傷跡も目立たず安心でき、気軽にチャレンジできるため多くの人から人気ですが、正式な施術名はありません。ただしこの方法は切らないかわりに針と糸を使います。つまり、鼻の内側を糸で縫うのです。
その意味では手術に近いとも言えますが、施術が痛いと言うことはなく、施術後に不便を感じることもほとんどありません。具体的には糸を埋め込む方法です。つまり鼻の内側の皮膚を縫い縮めることで鼻を中心に向けて小さくします。これならどのような時でも小鼻が広がることはなくなります。ただし、この方法よりは、もしかすると縮小内側法のほうがベターかもしれませんが、糸での縮小法を選ぶ人も少なくないようで、その場合のメリットはなによりもメスを入れないという点にあります。
また、切らないため腫れなども少なく、もちろん施術後にはすぐに実生活に戻ることができます。人は誰でも身体にメスを入れることを望みませんから、よほどのことが無い限り、このような方法を選ぶのは当然と言えます。また、外見上はまったく糸で縫って縮小したとは見えませんし、メイクも意のままになりますから、安心できます。ただし、これでは対処できない場合もあるようですから施術前のカウンセリングで詳しくは担当の医師とじっくり相談しましょう。カウンセリングでは些細なことでも疑問点があれば質問して納得ができる回答を得ることが大切です。

小鼻整形での小鼻縮小術


鼻が左右に広がっていなくても、鼻高が低いと全体にバランスが悪く見えます。その場合は鼻を高くするための注射をすれば解決します。しかしそうではなく、小鼻の左右への膨らみが顔全体とのバランスを崩している際には小鼻整形をおこないます。この方法はいくつかあり、中にはメスを入れない方法もありますが、効果が高いとされるのが、鼻腔内切開です。切開ですから、この場合はメスを使う手術になります。ただしメスを入れる分だけ施術の結果と効果はあり、再手術はほとんどの場合必要ありません。
メスを入れると言うことは、余分なものを取り去って糸で縫合することになりますから、切らないで糸で縫い縮める方法の進化系と言えます。つまり外科的な手術ではありますが、鼻の穴の中でおこなわれますから、外側にメスの跡が残ることはありません。なによりも大きいメリットは、一度この施術を受ければ一生そのままの鼻の形が保てることで、その意味ではまさに整形と言えるでしょう。つまり生まれつきの形と同じ結果が続くのですから、ほかの方法より結果的には良いと言えそうです。
なお、どのような方法でも、小鼻整形で臭覚が変化することはないため、安心できます。ちなみに、いくつかある施術の費用はそれぞれで異なりますから、自分の鼻の形に応じてどの方法が適しているかと費用については施術を受ける前にじっくりとカウンセリングで相談しましょう。そうすれば最小の費用で最大の効果が期待できます。カウンセリングは施術を受ける人と施術をおこなう人との合意形成ですから、極めて大切になります。

ページトップに戻る ^
TOP