みなさまの本来の魅力を引き出すお手伝いさせていただきます。

新宿もとび美容外科クリニックではなるべく腫れや痛みなどお客様の負担を減らし、お客様のニーズに合った施術をおこなうことを心がけています。
目もと(二重埋没法、眼瞼下垂、タレ目など)、小顔(BNLS、エラボトックスなど)、若返り(ヒアルロン酸、ボトックス、ベビーコラーゲン、スレッドリフトなど)、鼻の施術(クレヴィエルや鼻尖形成、小鼻縮小など)などの施術を得意としています。

人生を変える力を持つ整形の魅力と怖さ

TOP > お役立ち情報 > 人生を変える力を持つ整形の魅力と怖さ

人生を変える力を持つ整形の魅力と怖さ


整形の魅力と手術ということの怖さ



整形をしたいと考えるとき、さまざまな魅力にひかれているからでしょう。たとえば、自分の顔のどこかにコンプレックスを感じているとき、これを何とか解消できないかという思いにかられます。人生を変えることができるかもしれない、そういった思いが整形に踏み切るきっかけになることもあるでしょう。精神的に辛い思いをし続けているときなどは、有効な手段として機能します。特に女性の場合には、顔のコンプレックスが、日々悪夢のように感じていることもあるかもしれません。その悪夢から解放される手段として考えた場合、大変有効であることは間違いないからです。うまくすれば生まれ変われるチャンスかもしれないという思いが勝ってしまっている瞬間でしょう。しかし、カウンセリングを受けるときにも伝えられますが、リスクがあることを承知しておかなければいけません。

手術をすること自体にリスクがあります。なりたい顔に近づけることはできても、人それぞれ生まれ持った骨格も体質も違うので完璧に同じ顔にすることは不可能といえます。もしかすると、整形しても元に戻ってしまうこともあるかもしれません。カウンセリングなどでも伝えられることではありますが、整形という手段だけではなく、場合によってはスキンケア商品などで変わることもいろいろとあります。医療はどんどんと進歩していますが整形ではなく、もっと他の手段をとる方がリスクが少ないこともあるでしょう。カウンセリングを受けるときにも、生まれ変わるという思いが先行してしまい、怖さの部分を無視してしまうことも出てきます。だからこそ、誓約書にサインするということをよく考え、カウンセリングを繰り返して、納得ができるようにすることが大切です。



インフォームドコンセントの重要性



整形をするということは、大きな変化をもたらします。劇的ともいっていい変化をもたらしてくれる分だけ、大きな魅力が詰まっているでしょう。これまで苦しんでいたことは何であったのだろうかと思えるぐらいに変わることもあります。しかし、それだけ大きな変化をもたらすということは、体に大きな影響を与えるということです。手術を決める前には、さまざまな知識を持つことが、整形の怖さを知ることにもつながります。たとえば、使う薬や術式によって起こされる副作用に関しての知識をしっかりと得たかということがあるでしょう。人間の体に薬を使えば、反する作用が何かしら起きます。大小ありますので、気にならないレベルのものもあるでしょう。それでも、どんなことが起きるのか、それが自分にとって耐えられるものなのかを知らなければいけません。

現代においては、インフォームドコンセントの重要性ということになります。カウンセリングを通じて、本当に納得できるまで質問をすることが大切でしょう。そうでなければ、手術を受けるべきではありません。医師としても、すべてお任せしますといった態度では手術は行いません。それは、必ずリスクが存在するからです。医療において、ノーリスクのものなど何もないのですから、強引に誘導して同意させることもありません。



とにかく納得できるまで何度でも話す



納得できるということでは、他の病院を調べることも重要です。どこかで整形手術を受けるとして、他の病院の情報を調べることは何も悪いことではありません。本当に自分が納得できる手術になるのか、それを知らないほうがよほど怖いことでしょう。これは、医師を天秤にかけるということではありません。自分にとって最善な方法は何かを考えるということだからです。

手術をしようと決めてから、一体いくつの病院を調べることができたでしょうか。できるだけ多くの情報を集め、自分に問題がないと判断できたのであれば、リスクは最小限にすることができるでしょう。それに合わせ、できるだけ多くのカウンセリングを受けられたかどうかも重要です。自分が納得できる答えを引き出してくれれば、その病院は優れたところでしょう。骨格を変えたりしなければいけないようなこと以外であれば、おそらく、整形手術以外の選択肢も提示してくれたはずです。なぜならば、それが整形に関わる医師だからです。

医療に関して、もっともプロフェッショナルなのが医師であることは間違いありません。メリットばかりではなく、必ず起きるデメリットに関しても、納得できる説明をしてくれます。納得できないのであれば、手術はまだ先にといってくれるでしょう。

整形をするということは、本当に劇的な変化をもたらし、別の人生すら選択できるようになります。それだけの強い力を持っているのですから、正しく理解していくことが重要です。医師は、その手助けをしてくれる存在なのですから、さまざまなことを話し、本当に納得できるまで突き詰めてることが何よりも大切でしょう。インフォームドコンセントということを思いだし、本当に手術するべきなのか、不安は解消できたのかということをもう一度考えて決断することが大切です。

ページトップに戻る ^
TOP