みなさまの本来の魅力を引き出すお手伝いさせていただきます。

新宿もとび美容外科クリニックではなるべく腫れや痛みなどお客様の負担を減らし、お客様のニーズに合った施術をおこなうことを心がけています。
目もと(二重埋没法、眼瞼下垂、タレ目など)、小顔(BNLS、エラボトックスなど)、若返り(ヒアルロン酸、ボトックス、ベビーコラーゲン、スレッドリフトなど)、鼻の施術(クレヴィエルや鼻尖形成、小鼻縮小など)などの施術を得意としています。

プチ整形が人気の理由と二重まぶたを作るコツ

TOP > お役立ち情報 > プチ整形が人気の理由と二重まぶたを作るコツ

プチ整形が人気の理由と二重まぶたを作るコツ



プチ整形が人気の理由


自分の見た目に自信がないという女性は多いのではないでしょうか。周囲からは気にする必要はないと言われても、身体のパーツにコンプレックスを抱えているケースは珍しくありません。しかし、整形手術に踏み切る勇気はなく、仕方ないからと諦めていた人もいると思います。そこで、女性の間ではプチ整形が人気です。
プチ整形は今までは身体にメスを入れることに抵抗があった人も手術しやすく、傷跡が残りにくいというメリットがあります。手術料金も比較的安く、整形するために多くのお金を使う必要もありません。リーズナブルかつメスを使わずにできる整形手術の方法なので、気軽にできる感覚が女性から受け入れられているようです。手術時間が短いプチ整形は、入院が必要なケースはほとんどありません。麻酔を打つこともありますが、後から痛みを感じることも少なく、すぐに会社や仕事へ復帰できます。手術に必要な時間やその後の健康状態を考えると、日常生活へ戻るまでの日数も少なくて済むことが特徴です。
プチ整形の場合、施術効果が一定期間でなくなってしまいます。単純に考えると、これはデメリットかもしれません。しかし、本当の整形手術よりもリスクが少なく、メスを入れないので整形のお試しができるというメリットがあります。もし、整形したらどのような見た目になるのかを知るため、試してみるのもよさそうです。今まで自分がコンプレックスに感じている部分を、メイクでうまく隠していた人もいると思います。しかし、メイクだけでは限界があるだけでなく、毎日のメイクが手間になってしまうことも事実です。そこで、プチ整形をすることで今までの悩みがなくなり、わずらわしいメイクからも少しは解放されるかもしれません。

二重まぶたを作る埋没法


プチ整形で人気の部位は目です。一重まぶたを二重まぶたにしたいという需要は多く、手術を希望する女性は少なくありません。ここでは、二重まぶたをするときに行われる埋没法についてご紹介します。メスを使わない埋没法は、手術前の状態に戻りにくい上にまぶたのまわりが腫れにくい手術法です。また、手術跡が残りにくいので、周りからは手術したことがほとんどバレません。安心して整形手術ができる方法だと言えます。病院によって多少異なる部分はありますが、埋没法の手術の流れを見てみましょう。
まず好みの二重まぶたを作るために手術ラインを決定します。次に一筆書きで糸を掛けていき、戻りにくいようにラインを作ります。これによって腫れを最小限に抑え、目を閉じたときに結び目が膨らまなくなることが特徴です。
また、糸の種類やドクターの技術次第で、腫れやすさや戻りやすさに大きな影響があります。特殊な糸を使うほか、ドクターの技術で糸のテンションを決めたり丁寧に施術を進めたりすることで、腫れを最小限に抑えられることが特徴です。言い換えると埋没法をするときは、ドクターがどこまで心配りをしているかという点が大切になるでしょう。
埋没法では傷跡はほとんど残りませんが、もし残るとしても糸を通すときの針穴程度の大きさ程度しかありません。もし、限りなく至近距離まで近づいても、バレるリスクがほとんどない程度の傷跡のサイズです。さらに、整形したあとの違和感もほとんどないことから、自分のコンプレックスを忘れて気持ちよく生活できると思います。

信頼できる美容整形外科を選ぼう


二重まぶたの手術のほか、美容整形外科ではさまざまな部位のプチ整形を行います。メスを使わないとはいえ手術なので、不安に感じることもあるかもしれません。どのような美容整形外科を選ぶのがよいのでしょうか。
まずは、豊富な症例実績があることが大切です。医療分野において、症例実績数はそのまま技術力の高さや信頼性を表します。たくさんの件数をこなしているほうがよく、高い技術力がある美容整形外科を選ぶのがおすすめです。
院内の内装の雰囲気も確認しておきましょう。手術を受けるクリニックなので、清潔感や開放感があったほうが安心できると思います。特に、手術前には緊張してしまうものですが、リラックスできるような待機室があると安心できるかもしれません。整形手術なので、誰かに知られたくないという人もいるでしょう。そこで、プライバシーを確保できるような環境を整備している美容整形外科もおすすめです。たとえば、個室があるだけでも安心感があります。
スタッフの人柄も大切です。担当する医療従事者の想いがわかると、どのような美容整形外科かイメージできると思います。ホームページ上に顔が公開されている場合、もっと安心して検討できるのではないでしょうか。プチ整形も手術のひとつなので、信頼できる人物に依頼したいと考えるのは自然な流れかもしれません。
プチ整形を相談するのは勇気が必要なことです。しかし、勇気を出して一歩踏み出せば世界が大きく変わるかもしれません。少ないリスクで自分のコンプレックスを解消できるチャンスなので、気軽な気持ちで試してみてはいかがでしょうか。

ページトップに戻る ^
TOP