みなさまの本来の魅力を引き出すお手伝いさせていただきます。

新宿もとび美容外科クリニックではなるべく腫れや痛みなどお客様の負担を減らし、お客様のニーズに合った施術をおこなうことを心がけています。
目もと(二重埋没法、眼瞼下垂、タレ目など)、小顔(BNLS、エラボトックスなど)、若返り(ヒアルロン酸、ボトックス、ベビーコラーゲン、スレッドリフトなど)、鼻の施術(クレヴィエルや鼻尖形成、小鼻縮小など)などの施術を得意としています。

あごの整形についての豆知識

TOP > お役立ち情報 > あごの整形についての豆知識

あごの整形についての豆知識

あごを整形する施術方法


昔の日本においては整形はあまり盛んに行われていませんでしたが、現在では美容外科を専門とするクリニックも存在しており、数多くの方がしわやシミなどを少なくするため、まぶたを二重にするために通っています。整形を検討している方の中には、あごを変更したいと思われている方も少なくないでしょう。あごの施術方法はたくさんあります。
まずはヒアルロン酸を注入する方法です。ヒアルロン酸を注入する施術を選択すれば、他の施術方法よりも施術時間が短くなります。施術時間が長ければその分身体に負担がかかるので、施術後日常生活に戻るまでに時間がかかる可能性もあります。また、腫れなどが目立つこともありますが、ヒアルロン酸の施術時間はクリニックによっても異なりますがおよそ10分程度であり、少ない時間であごに変更を加えることができます。
ヒアルロン酸は効果が長いことでも知られています。持続できる効果は3ヶ月から1年程度になります。一回の施術で1年まで持続することもあるので、一年に施術を何回も受ける心配が少なく、メリットを感じることができるでしょう。注射後に修正をすることもできます。そのため、気に入らない時は修正を依頼して、自分の好みのあごを実現できる可能性が高くなります。もしヒアルロン酸での整形に興味があるという場合は、クリニックが提供するカウンセリングを受けて、どのようなスタイルで施術をしているのか伺いを立ててみてはいかがでしょうか。
ヒアルロン酸だけでなく、カルシウムハイドロキシアパタイトが主成分の物質を注入して、骨のような組織に形成をしてくれる施術方法もあります。施術の種類は主に注射で、施術時間はヒアルロン酸注射の時と同様に約10分程度になります。施術時間に関してはそれぞれのクリニックで異なるので、通うことを検討しているクリニックにあらかじめ施術時間を聞いておきましょう。この施術方法の特徴としては注射針の跡が残りますが、その箇所がとても小さく、回復が早いという点です。そのため腫れにくく回復しやすいので、隙間の時間に施術を受けることも可能です。
施術の中にはシリコンプロテーゼを入れてシャープなあごを実現するタイプの施術も存在します。他の施術方法に比べて施術時間は約60分と長めになっていますが、保証制度があるので、安心して利用することができるでしょう。シリコンプロテーゼでの施術は、注射ではなく部分切開の方法になります。

手術後の注意点について


整形をするにあたってカウンセリングを必ず行いますが、カウンセリングをする際によく質問としてあるのが、手術などをし終わった後いつから運動をしていいのか、いつから入浴をしたらいいのかなどの質問です。基本的には手術などをした後に運動や入浴をすると血行が良くなることがあります。手術後間もない時に運動や入浴をしてしまうと腫れに繋がることがあるので、注意が必要です。しかし、手術内容によって異なるので、ここではあごの整形をしようと思っている人のためにも注意点について紹介をします。
実際にあごと言っても様々な手術内容が存在していますが、近年ではメスなどを使用して行う手術よりも、手軽にできるヒアルロン酸注射が人気を集めています。ヒアルロン酸注射は顔全体に有効的な方法で、主にシワなどを取り除くことが可能です。手術としてはそれほど身体に負担が大きくないタイプになるので、洗顔やメイクは行っても問題ないとされています。
しかし、入浴に関しては当日行ってもそれほど大きく腫れたりすることはありませんが、血行が良くなる可能性は高く、腫れないとは言い切れないので、なるべく術後はシャワーのみにしておくと安心でしょう。また、運動も激しいことは避けた方が、腫れなどの発生を防ぐことができるでしょう。基本的には手術をした当日は歩行、家事、事務仕事の日常生活レベルに抑えるようにしましょう。このように今回はあごのヒアルロン酸注射について話しましたが、手術内容によって注意点も異なるので、安全のためにも事前に調べておくと良いでしょう。

クリニックの選び方について考えよう


整形は失敗すると後々にも影響が出てきてしまうので、信頼ができるクリニックを選ぶのが基本です。
では、実際に基準としてどのようなクリニックを選ぶといいのかということですが、まず1つ目が実績です。例えばクリニックによっては開業したばかりであまり実績がないというところや無名などころなど、様々あります。中には5万以上の実績があるクリニックも存在しています。実績は重要なポイントになるので、安心感のあるクリニックを選ぶためにも、事前に調べておくようにしましょう。
2つ目は患者の理想を追求してくれるかどうかについても見ておきましょう。例えば腫れや痛みを最小限に抑えたいなど、それぞれ患者が思っていることは違いますが、それぞれの要望に応えてくれるクリニックかどうかについても、選ぶときには重要なポイントとなります。

ページトップに戻る ^
TOP