2017.08.21

小顔ボトックスでフェイスラインをすっきりさせることができますプチ整形 , 症例写真 , 輪郭

こんにちは。もとび美容外科クリニックの松村智文です。
突然ですが皆様は美容外科業界にも繁忙期があることはご存知でしょうか?
一般的には、世間でのお休み期間が美容外科業界の繁忙期に当たります。
例えば、年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み(特にお盆期間)などです。
美容外科の施術にはダウンタイムを必要とする治療もありますので、
やはり休みの取れる時期の予約は込み合いますね。
当院でもお盆休み期間は大変多くの方にお越しいただき連日スタッフ一同忙しく仕事をさせていただきました。
多くの方に来院していただけることはとてもありがたいことだと思っています。


さて、本日は小顔ボトックスの症例をご紹介いたします。
処置前⇒一か月後

正面前正面後

斜め斜め後

だいぶ輪郭がすっきりしましたね。
モニター写真は施術後一か月なので今後もう少しすっきりするかなと思います。

小顔ボトックスは咬筋にボトックスを注入するだけの、代表的なプチ整形です。
施術自体は1分もかからない程度です。
ダウンタイムもほとんどなく、徐々に輪郭をすっきりさせることのできるとても良い治療だと思います。
当院ではボトックスは韓国製・アメリカ製・ドイツ製の三種類を取り扱っています。
使用製材や注入量もその方の希望や咬筋の発達具合に応じて適切な量を提案させていただきます。


当院の小顔ボトックスの症例数はとても多いです。
小顔ボトックスについて相談したいな、という方はぜひ一度もとび美容外科クリニックまで相談にいらしてください。

ページトップに戻る ^
TOP