美容外科医だからわかること ① | 二重って右側は・・・ 美容外科医だからわかること ① | 二重って右側は・・・

美容外科医だからわかること二重の左右差

美容外科医として多くのお客様を診させていただいていると気づくことがあります。

美容外科医だからわかること その①

 

今日はその第1弾!二重について。

 

スバリ!

 

「右側が厚ぼったくて二重になりにくい、左側はまぶたが薄くて二重になりやすい」

 

です。

 

まぶたの左右差について

※埋没法後のアフターの画像は下にあります。

 

経験上7、8割くらいの方がこれにあてはまります。

 

周りの人をよーく見てください。

 

けげんな顔をされましたか?

 

負けずに観察してみてください(笑)。

 

右が一重で、左が二重という方はいませんか?

 

二重の人も、左のほうが広い人の割合が多いのではないでしょうか。

 

 

なぜそうなるのか。

 

人間の体は対象ではありません。

 

人間、右利きが多く、右側が発達し、皮膚も筋肉も脂肪もすべての厚みが強いことが多いです。

 

利き腕や利き足が発達して少し長くなるように、お顔にも左右差があります。(まれに対称な人もいます)

 

右のまぶたが発達して厚みが強く、二重になることを邪魔しているからなんです。

 

埋没法をしても右だけ戻ってしまったという方は多いですよ。

 

※ただし、年齢と共にくぼみ目になっていくと左側のくぼみが強くなって、左の二重の方が不安定になっていきます。

 

同じ人の目でも左右のわずかな厚みの差で、一重と二重に分かれるほどの違いがでるといことは、わずかな厚みであっても、二重のなりにくさに大きな影響があるということです

 

 

余計な厚ぼったさというのは二重の大敵なのがわかりましたね。

 

そこで、

 

当院では二重を安定させるために、脂肪とり厚みとりを埋没法と組み合わせておこなっています。

 

そうすることで切らなくても二重をしっかり安定させることは可能なんですよ。

 

当院の脂肪とりや厚みとりでは、メスは使わず、小さな針穴からおこなうことが可能で、腫れもあまりありません。

 

ちなみに最初の目の画像の方は脂肪とり+もとびアイゴールドをおこないました。

before-afterです。

(手術前)⇒(1ヶ月後)

まぶたの左右差について-2枚写真

 

 

さて、当院の脂肪とり、厚みとりに関しては次回解説させていただきますね。

 

 

【関連リンク】

針穴から二重をとれにくく |腫れにくい脂肪とり&厚みとり

脂肪とりの症例&解説

 

 

この記事に関連するコラム 関連するコラム
この記事に関連する施術 関連する施術
メニュー別に記事を見る カテゴリー別に記事を見る
ページトップに戻る ^
TOP