小顔整形で小顔になる方法|あなたのお顔のタイプは? 小顔整形で小顔になる方法|あなたのお顔のタイプは?

小顔小顔になる効果的な方法

東京(新宿)の美容外科医が教える小顔整形の効果的な方法


お顔のタイプ別に、小顔になる方法をお教えします。


小顔整形-顔のタイプ


小顔の人は美人のオーラがあります。

逆にお顔が大きく見える人は目鼻が整っていても、惜しいという感じになってしまいます。

お顔の脂肪はダイエットしても減りにくく、太れば真っ先に増えてくるやっかいな部分ですよね。

お顔は特に目立ちやすい部分ですのでお顔がふっくらしている方は太ったイメージ、すっきりしている方スリムでスマートなイメージをどうしてももたれてしまいます。

すっきり小顔美人になってスマートな印象を持ってもらいたいものですよね。

顔を小さくすることは簡単ではなく、エステやフェイスマッサージ(小顔矯正)、小顔体操、小顔ローラーなどをおこなっても一時的な効果で終わってしまします。

小顔のメイクや髪形を工夫しても限界があります。

近年の技術や薬剤の進化により、腫れも少なく簡単にプチ整形で小顔にすることができるようになりました。

自分に最適な治療法をきちんと見極めておこなえば、骨を切ったり大きな手術をしなくても簡単な施術で効果的に長期的に小顔にすることができます。


このコラムでは東京(新宿)の美容外科医が小顔でない原因や小顔になるための方法をまとめてみました。



<美しい小顔とは>


小顔と言ってもとにかくお顔が痩せれば小顔になって整って見えるというわけではありません。

すっきりしてほしい部分、すっきりしすぎてもよくない部分があります。

どんなお顔がすっきりして若々しくきれいに見えるのでしょうか??


フェイスライン比較 小顔


こめかみやホホがコケていたり、中観面がやせていたりするとかえって老けて見えて美しい小顔に見えません。

ホホがコケると相対的にフェイスラインが大きく見えてしまいます。

また、あごが小さかったり平坦だったりすると、たとえお顔は小さくてもお顔が四角だったり丸顔に見えて、フェイスラインがすっきり見えなくなってしまいます。

理想はこめかみや中観面、ホホの上部にかけてふっくらしていて、フェイスラインやあご下など下部になるほどすっきりし、下顎骨のラインがはっきり見えてシャープなフェイスラインがでることです。

いわゆる卵型やハート形といったフェイスラインとなり、若々しくてすっきりして美しい小顔になります。


卵型フェイスラインタイトル


すっきりするべきところのボリュームはしっかり減らして、ふっくらしてほしい部分には逆に脂肪やヒアルロン酸などでボリュームを補うことで、卵型やハート形のお顔に近づけることが小顔に見えるために重要になります。


<小顔でない原因を知る>


そんな、効果的な小顔術をご紹介します。


小顔になるためには、お顔の減らすべきボリュームを少なくする必要があります。

そのためには、自分のお顔を大きく見せている原因を知る必要があります。

そしてその原因を取り除いてあげるとう美しい小顔に近づくことができます。


原因は大きく分けて以下の7つがあります。


①エラ(咬筋) プチ整形で治療可能です!

②ほほ・アゴ・法令線上などの皮下脂肪 プチ整形で治療可能です!

③皮膚のたるみ 切らずに治療可能です!

④アゴが小さい プチ整形で治療可能です!

⑤ホホやこめかみがコケている プチ整形で治療可能です!

⑥バッカルファット

⑦骨格が大きい


分りやすく画像で見てみましょう。


①エラ(咬筋)

小顔-エラ-咬筋


②ほほ・アゴ・法令線上などの皮下脂肪

ほほ アゴ 法令線上 皮下脂肪


③皮膚のたるみ


顔たるみ


④アゴが小さい

小顔-あごが小さい 写真


⑤ホホやこめかみがコケている


ホホのコケ


⑤バッカルファット

バッカルファット


⑥骨格が大きい

下顎角-症例写真


などです。


小顔にするためには、その方のお顔で何のボリュームが多いかを見極めて、単純にそのボリュームを減らせば良いのです。


フェイスライン減


上の図を参考に、自分はどこが発達していてお顔が大きく見えてしまうので、部位ごと分解して考えると良いでしょう。

そしてその原因は筋肉なのか、脂肪なのか、骨格なのか、それともそれらの組み合わせなのか。

自分でわかりにくい場合はドクターに相談するのが良いです。


また、下の図はボリュームを減らしてしまうとかえって小顔に見えなくなったり、老けてしまったりする部分です。

ボリュームを減らしてはいけ


上記の部分は減らさないように気をつけましょう。


<原因別の効果的な施術>


ボリュームを減らす施術には、簡単なプチ整形をおこなう方法と、手術を行う方法があります。

小顔の施術は骨を切る方法でない限り、腫れがすくなくわりとお手軽にできるものが多いです。

腫れや痛みも少なく、プチ整形で簡単に治療可能なものには「プチ整形!」と書いていますのでお手軽に小顔治療を行いたい方にはおすすめです。

それでは、先ほどの原因別に治療方法を挙げていきます。


ご参考のために腫れにくさも☆5段階で表記します。


 


 ①エラ(咬筋)


小顔(エラ)ボトックス


(腫れにくさ ☆☆☆☆☆、おすすめ度 ☆☆☆☆☆) プチ整形!


ボトックス種類


エラの筋肉(咬筋)が厚い方はボトックスで簡単に小顔にすることが可能です。

咬筋の厚みが強い方ほど、より効果は出やすくなります。

咬筋の厚みはエラを指で押さえて奥歯をしっかり食いしばることで確認することができます。

小顔エラボトックスは、注入量が筋肉に対して少なかったり、分散せずに少ないポイントでしか注射しないと効果が落ちてしまいます。

咬筋に厚みのある方はしっかりした量を咬筋全体に分散注入する強力小顔ボトックスや超強力小顔ボトックスがおすすめです。

また、ボトックスにはいろいろな種類があり、不純物の量やブランドなどによって料金も様々です。

自分にはどのボトックスを行えばよいかわからないかたはカウンセリングなどでご相談ください。


(症例写真)


強力小顔ボトックス3ヶ月後


強力小顔ボトックスについてはこちら


効果的なエラボトックスの説明動画はこちら


院長も体験しました。自分で体験動画 強力な効果の動画


②ほほ・アゴなどフェイスライン付近または法令線の上の皮下脂肪


輪郭注射(BNLS)


(腫れにくさ ☆☆☆☆、おすすめ度 ☆☆☆☆☆) プチ整形!


BNLS-box


BNLSはお顔の脂肪細胞数を減らし、リンパの流れを良くしてむくみを改善することで小顔効果を出します。

BNLSなど輪郭注射の場合、注入直後は腫れますが、翌日には腫れがかなり引いてダウンタイムが短いのが特徴です。

次の日からのお仕事も可能です。

効果も3日~1週間ほどで出て他の治療に比べて即効性があります。

1,2週間開けて3回ほど注射するとのが効果的と言われています。

10分ほどの治療で終わり、ダウンタイムが短く、エステ感覚でお手軽に効果を出すことができるため人気の治療となっています。


(症例写真)


BNLS-症例写真 顔タイプ


BNLSについてはこちら


脂肪溶解注射


(腫れにくさ ☆☆~☆☆☆☆、おすすめ度 ☆☆) プチ整形!


Regen Slim リジェスリム


脂肪溶解注射の種類によっては手術と同じくらい腫れるものもあります。通常腫れは1週間ほど見ていただきます。


輪郭注射などに比べると腫れは長引きやすくハードルは少し高くなりますが、輪郭注射で効果が出にくかった方でも効果が出てくれる可能性があります。、


輪郭注射、脂肪溶解注射、どちらが合っているかは個人差があるようです。

当院で使用している脂肪溶解注射リジェンスリムは腫れが少ないタイプの脂肪溶解注射です。

他の脂肪溶解注射に比べるとやりやすくなっています。


効果は1か月ほどかけて出てくるため、1か月ごとに3,4回おこなうと効果がしっかり出てきます。


顔は腫れると目立つ部位ですが、二の腕やお腹、太ももなどは腫れをある程度隠すことができますので脂肪溶解注射やりやすいかと思います。


脂肪吸引(ホホ・アゴ・ほほ骨上(法令線上))


(腫れにくさ ☆☆、おすすめ度 ☆☆☆☆)


脂肪吸引は確実に脂肪細胞を吸引・除去しますので、一度で確実な効果がでやすいです。

脂肪の量が多い方、プチ整形でもなかなか改善しない方、一度でしっかり効果を出したい方におすすめです。


笑った時に盛り上がって気になるホホのお肉やホホ骨の盛り上がり、見えなくなったフェイスライン、気になる二重アゴを改善するには最適です。

1週間ほどの腫れがありますが、当院でははれにくい成分を麻酔に混ぜたり工夫しており、腫れはフェイスラインが少しむくむという感じの場合が多いです。

傷は耳たぶの裏やアゴの裏側などですのでほとんど目立ちません。

未熟な施術では大事なお顔がでこぼこしてしまったり、吸引してはいけない部分を吸引してしまうとホホがこけたりして逆効果になってしまうため気を付ける必要があります。

ホホやアゴ下などをしっかり脂肪吸引するとフェイスラインがすっきりして二重アゴも解消し、小顔効果がしっかりでます。

また、法令線の上の脂肪を吸引することで法令線が目立ちにくくなり、笑うと盛り上がるホホ骨のお肉を減らし、中顔面を若々しくすることができます。

ほうれい線上の脂肪吸引は、法令線の上に肉が乗っかって老けた印象になっている方、法令線が深い方に有効です。


脂肪吸引の効果は永続的です。

ホホやほうれい線の上の脂肪が厚い方では、将来たるみとして脂肪が下垂してしまうため、脂肪吸引をおこなうと、お顔を若々しく保ち、老化予防効果があります。


いろいろな施術を間近で見ている美容外科のスタッフにお願いされて脂肪吸引を行うことが多いですが、、満足度も高く、やはり脂肪が多い方にとって究極の治療かと思います。


(症例写真)


脂肪吸引-ホホあご


ホホの脂肪吸引についてはこちら


③皮膚のたるみ


ホホの口横部分(jowl)や法令線の上に皮膚のたるみが落ちてくると、お顔が大きく見えるだけでなく老けたお顔になってしまします。

たるみを改善することで小顔になるのはもちろん、若々しいお顔になります。

切らずに行う方法には、超音波を利用してSMASというお顔の支えを引き上げるHIFUという施術や、糸のトゲを利用して引き上げる糸のリフトがあります。

HIFUや糸のリフトをおこなえば、ダウンタイムも短く、フェイスラインがシャープになり小顔に見えるだけでなく、たるみ予防効果も高く将来の老化の進行を遅らせることができます。

たるみがある程度でてきてしまっている方では、切ってたるみを除去するフェイスリフトがやはりとても有効です。

切るフェイスリフトでも腫れをなるべく抑え効果を最大限出すように工夫していますのである程度効果と持続期間をしっかり出したい方は一度相談していただければと思います。


HIFU(スマートソニック)


(腫れにくさ ☆☆☆☆☆、おすすめ度 ☆☆☆☆) ハンドピースをあてるだけです!


スマートソニック


超音波でSMAS(Superficial Muscular Aponeurotic System、表在性筋膜)

という一部表情筋を含んだお顔の支持組織のようなものを収縮させ引き締めてリフトアップさせます。

フェイスリフトではこのSMASをしっかり引っ張り上げますが、HIFUではきらずにSMASを引き上げますので“切らないフェイスリフト”とも呼ばれています。

切らずに光治療のように行うものですので、腫れや痛みも少なくお手軽にたるみを改善することができます。

施術直後から効果を実感できますが、2,3か月かけてゆっくりコラーゲンが生成されて本当の効果がでてきます。

SMASが収縮してコラーゲンが増え、お顔の支持組織が強化されるため、たるみの予防効果があり、老化予防としても効果が期待できます。

また、たるみをHIFUで引き締めるだけでなく、ほうれい線上やホホ(jowl)の脂肪も輪郭注射(BNLS)や脂肪吸引などで減らしてあげればさらに効果的にたるみを解消し、小顔にすることができます。


HIFU(リフトアップレーザー)についてはこちら


糸のリフト


(腫れにくさ ☆☆☆~☆☆☆☆、おすすめ度 ☆☆☆☆) 切らずに治療可能です!


MINTLIFTminiS② 糸


トゲ(コグ)がついた糸でホホのたるみを引き上げることでフェイスラインをシャープにして小顔にします。

最新の糸はより長持ちして強力なトゲを持つため効果的にリフトアップすることができます。、


また、先の丸い針を使用して挿入することでお顔に針などを刺さずに腫れを少なく効果的なリフトアップができるようになりました。

お顔を大きく見せるたるみの原因は、皮膚のたるみだけでなく、脂肪のたるみも同時にあります。


ほうれい線の上やホホ(jowl)のボリュームも気になる方は、BNLS脂肪吸引をおこなって脂肪を減らしながら糸のリフトをおこなうと効果的に小顔返り効果を出すことが可能です。


(症例写真)


糸リフト-ミントリフトミニ 症例写真


(参照)切らずに簡単若返り!糸によるリフトアップ&たるみ予防


フェイスリフト


(腫れにくさ ☆~☆☆、おすすめ度 ☆☆)


切開してリフトアップしてたるみをしっかり引き上げます。

たるみはやはりしっかり切り取るのが持続・効果共に一番良いです。


フェイスリフトはどうしても腫れや傷といった点でほかの治療に比べたら抵抗が出やすい治療ではありますが、当院ではいろいろなフェイスリフトを行う中で、腫れをなるべく抑えて効果を最大限出せるようなフェイスリフトをおこなっています。


また、傷も目立ちにくいように工夫しています。


前述のHIFUや糸のリフトといった治療と同じように、皮膚のたるみだけでなく、脂肪のたるみも減らす脂肪吸引と同時におこなうとより効果的です。


(症例写真)


フェイスリフト+(ほほ)脂肪吸引

フェイスリフト-症例写真


(参照)フェイスリフトに失敗しないための重要なポイントとは?!


 フェイスリフトについてはこちら


④アゴが小さい


顎が小さいとフェイスラインがつぶれてシャープさがなくなり、お顔ボリュームが強調され、丸顔・四角顔に見えてしまいます。

アゴが小さかったり、平坦な方などでは少量のボリュームを出すことでフェイスライン全体がシャープになって小顔に見えることができます。


クレヴィエル(高濃度ヒアルロン酸)


(腫れにくさ ☆☆☆☆、おすすめ度 ☆☆☆☆☆) プチ整形!


クレヴィエル-パッケージ


今まで多くの種類のヒアルロン酸を扱ってきましたが、ダントツで形がきれいに出やすいのがクレヴィエル(高濃度ヒアルロン酸)です。


クレヴィエルは通常のヒアルロン酸の倍の濃度で、粘性・凝集性が高く非常に硬いため、硬いアゴの組織もシャープにきれいに上がります。

鼻やアゴに大変人気のフィラーです。

半年~1年で吸収されますが、気に入らなければ溶かして戻すことが可能ですので安心です。


あごが大きくなく、アゴ先に平坦さがある方で大掛かりなことはしたくない方は、少量のクレヴィエルを注入するだけでもフェイスラインが整ってシャープになりますのでおすすめです。


(症例写真)


クレヴィエル-高濃度ヒアルロン酸


クレヴィエルについてはこちら


レディエッセ


(腫れにくさ ☆☆☆☆、おすすめ度 ☆☆☆) プチ整形!


レディエッセ


ハイドロキシアパタイトという骨の成分です。

半年~1年で吸収されます。

クレヴィエルほどシャープに上がらないですが、硬い部分の注入に適しています。

長持ちしやすいフィラーです。


プロテーゼ


形の崩れないシリコンプロテーゼを入れれば長期間にわたって顎の形をシャープに保つことが可能です。


⑤ホホやこめかみがコケている


若々しい卵型の顔ではホホ(上部)やこめかみはふっくらしています。


20代輪郭


それでいてフェイスラインはすっきりしているためハート形のシャープなフェイスラインに見えます。


ホホがコケていたりすると、


加齢輪郭


上がふっくらしているからこそで下はすっきり見えますが、ホホがここているとひょうたんのようになりフェイスラインは凹凸が出て乱れ、フェイスラインの大きさが強調されてしまうことになります。、


小顔イコール組織を減らすだけではなく、あごやホホのコケのようにボリュームを出すべきところは出してあげることが大変重要です。


ヒアルロン酸


(腫れにくさ ☆☆☆☆、おすすめ度 ☆☆☆☆) プチ整形!


ヒアルロン酸 ジュビダーム


プチ整形で簡単に卵型のフェイスラインに近づけることができます。

万が一気に入らなくても溶かせるので安心です。

ホホのコケは硬いため、なるべく硬めのヒアルロン酸がおすすめです。

当院では、ジュビダームのウルトラプラスというヒアルロン酸が適しています。


脂肪注入


(腫れにくさ ☆☆、おすすめ度 ☆☆☆)


ホホの凹みに注入してホホをふっくらさせます。

脂肪は定着すれば長く効果を保つため、長期的に持続させたい方には良い方法です。

ただし、ホホのコケ部分は硬いため、柔らかい脂肪では上がりにくいことがあったり、

圧が高く血流が悪くなるため、脂肪がやや生着しにくい部分ではあります。


⑥バッカルファット


バッカルファット-イラスト 脂肪


バッカルファットは、口横のホホ部分の裏側の脂肪のかたまりで、ホホやこめかみの方にも伸びています。

年齢とともにバッカルファットが落ちてくるとブルドックのようなお顔にり老けます。

口の横のホホを中心に盛り上がりが強い方や、よく口の中を噛んだりする方ではバッカルファットが多く、お顔を大きく見せてしまっている可能性があります。


バッカルファット除去


(腫れにくさ ☆☆☆、おすすめ度 ☆☆☆☆(人による))


口の中の5mm程度の小さな穴からホホの裏側の脂肪の大きな脂肪の塊(バッカルファット)を適量除去します。

バッカルファットを除去すると、丸みのある幅のあるお顔の方の場合、面長になってすっきりとするイメージです。

もちろん口まわりのふっくらもすっきりして笑った時の盛り上がりも出にくくなります。

将来のホホのたるみの予防にもなります。

ただ、バッカルファットはホホだけでなくこめかみにかけてつながっている脂肪の塊ですので、除去するとホホ骨の下やこめかみがコケてくる可能性があります。

もともとホホのコケなどある人にバッカルファットの除去をおこなうと、よりホホのコケが目立つ可能性があるのでオススメしません。


(症例写真)

バッカルファット-症例写真 脂肪除去


バッカルファット除去についてはこちら


 


⑦骨格が大きい


 骨切り手術 


(腫れにくさ ☆、おすすめ度 ☆☆)


エラが発達している人はエラ削り、アゴに関してはオトガイの骨切りがあります。

骨を切るので当然腫れは強く、長引きます。

骨格が変わるたるみが出やすくなるデメリットがあります。


以上がお顔を大きく見せる原因とそれぞれの治療方法です。


ご自身はどんな治療が合っているかお分かりになりましたでしょうか。


お顔が大きく見える原因には以上の原因がどれか一つだけあるというよりは、複数組み合わさっていることがほとんどです。

自分に合った適切な小顔の施術を組み合わせておこなうと、骨を切るなど大掛かりなことをしなくても、プチ整形や簡単な施術だけで驚きの効果を出すことが可能です。


当院では人気の輪郭注射(BNLS)やエラボトックスをセットにした“プチ小顔セット”や、


プチ小顔セット症例写真)


プチ小顔セット BNLS ボトックス


効果の高い、ホホ・アゴ脂肪吸引バッカルファット除去強力小顔(エラ)ボトックスをセットにした“切らない強力小顔3点セット”などもあり、施術を組み合わせてお安く、効果を高めることが可能です。


(切らない強力小顔3点セット症例写真)


切らない強力小顔3点セット


なかなか、自分ではどんな治療が合っているのかわかりにくいかと思います。

自分がどんな原因でお顔が大きく見えるのか、どんな施術が適しているか分らなけらば当院の無料カウンセリングにお気軽にいらしてください。


この記事に関連するコラム 関連するコラム
この記事に関連する施術 関連する施術
メニュー別に記事を見る カテゴリー別に記事を見る
ページトップに戻る ^
TOP