症例写真 症例写真

眼瞼下垂手術後⇒他院手術⇒修正手術 3ヶ月後

眼瞼下垂手術後⇒他院手術⇒修正手術 3ヶ月後

  • 眼瞼下垂手術後⇒他院手術⇒修正手術 3ヶ月後1セット目 Beofre
    眼瞼下垂手術後⇒他院手術⇒修正手術 3ヶ月後1セット目 After

西尾 謙三郎医師からのコメント

典型的な眼瞼下垂で、目の開きが悪く、目もくぼんでしまっています。

眼瞼下垂手術をおこなったことで目の開きが改善し、奥の眼窩脂肪を引き出し補充することでボリュームの改善もおこないました。

目もとが若々しくなりましたね。

ただ、その後の話があります。

この後、お客様は術後皮膚のたるみを気にされて他院で目の上のたるみ取りの施術をお受けになりました。

目の開きが改善し、くぼみも改善したので、皮膚のたるみがダイレクトに出やすくなってきます。

それを気にされて他院で眉下切開を希望されたそうです。

そのまま他院のドクターが眉下切開をおこなってもらえればあまり問題にならなかったと思うのですが。。。

なぜかそのドクターは二重のライン上でのたるみとりを強く進めておこなったそうです。

そして、皮膚などのボリュームをがっつり除去した上、幅広の二重にしてしまいました。

お客様は再び私のところに修正をご希望されていらっしゃいました。

(他院たるみ取り術前)⇒(術後)

DSC06677目

DSC07734目

これは非常につらい結果です。

大変驚かれたと思いますし、お客様の心中は察するに余りあります。

ボリュームを取りすぎたのと、二重も広すぎ、左右差も強く、癒着で左内側の開瞼も悪くなっています。

たるみを無計画に大量に除去したためかと思いますが、これはさすがにやってはいけないことをやってしまった感じです。

このような場合、きちんと剥離して手術をしていない可能性も高く、眼瞼下垂術後の手術でしたし、中の組織が無事かどうかどう癒着しているのかわからず、どこまで修正できるかわかりませんでしたが、皮膚の余裕はなんとかぎりぎり修正できなくはないという感じでした。

脂肪移植も考えましたが、癒着を解除してラインを狭くし、睫毛側の瘢痕や眼輪筋のボリュームを切除せずにくぼみに移動させてボリュームを補いつつ、眼瞼下垂の修正をおこなうことにしました。

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC07734目

DSC00759目

全体に組織がかなり癒着しており、剥離が大変で、ボリュームを出すための大事な瘢痕や眼輪筋も一部切除することになってしまいましたが、

二重のラインをできる限り下げるために、ボリュームアップと開瞼の修正をおこないました。

完全にくぼみを改善することはできませんでしたが、二重も開瞼も以前より改善したかと思います。

実は、他のドクターのブログで、同じドクターで手術を受けて同じような目元になってしまった別のお客様が紹介されていました。

このお二方以外に他にも同じように施術をされてしまった方がいないことを祈るばかりです。

大手の美容外科チェーン店には良い先生もいますが、お客様の満足度は二の次で、インセンティブ狙いの売上重視のドクターも少なからずいるのは事実です。

施術したドクターはもちろん悪くしようとしておこなっているわけではないと思いますが、もっと真摯に手術をおこなってもらうことを切に願います。

どのクリニックでやるにせよ、以上のようなリスクを踏まえてドクター選びは慎重にしていただくことをおすすめします。

もとび美容外科クリニックの メニュー別に症例写真を見る
ページトップに戻る ^
TOP