症例写真 症例写真

腫れにくい二重術(3点止め)手術直後

今夜は少し暖かいですね

気持ちよく歩いて帰れそうです。

 

さて、今日は腫れにくい二重術の3点止めの手術をおこないました。

腫れにくい二重術は心臓血管外科で使う細くて柔らかい糸を用いておこなうため腫れが少なくなります。

  • 腫れにくい二重術(3点止め)手術直後1セット目 Beofre
    腫れにくい二重術(3点止め)手術直後1セット目 After

西尾 謙三郎医師からのコメント

腫れは直後からそれほどではありません。

お客様も思ったより腫れなかったと喜ばれていました。

直後は麻酔の影響で腫れがあったり、目が開けにくかったりしてこの状態ですので、

いかに腫れにくい二重がその名の通り腫れにくいのかがわかると思います。

 

手術では痛みが怖いところだと思いますが、当院では

①34ゲージの細い針

②pH調整麻酔

③皮膚の圧迫による注射痛の軽減

④ゆっくり丁寧に注射する。

⑤笑気ガス

⑥点眼麻酔

⑦麻酔が浸潤した部分にさらに麻酔を注射して範囲広げていく

などの工夫をおこなっております。

痛みの確認をしっかりしながら手術をおこなうのですが、全然痛くないですとか

思ったほどの痛みではないですという方が多いです。

 

また、手術中は必ず鏡で確認してもらって仕上げますので、

二重幅をお客様の納得できる幅にし調整して仕上げることができ、安心ですよ。

もとび美容外科クリニックの メニュー別に症例写真を見る
ページトップに戻る ^
TOP