症例写真 症例写真

他院裏ハムラ後、修正手術 1週間後

  • 他院裏ハムラ後、修正手術 1週間後1セット目 Beofre
    他院裏ハムラ後、修正手術 1週間後1セット目 After

西尾 謙三郎医師からのコメント

今回の客様は、台湾で2年前に裏ハムラの手術をおこないましたが、まだ目の下のクマが気になるということでした。

 

ちなみに裏ハムラとは、目の下のクマ(目袋)を改善する手術です。

 

目の下のクマ(目袋)は、下図のように、凹凸(高低差)により影ができることでできます。

back_hamura-01

 

裏ハムラ法では、脂肪を移動させることで、この凹凸を改善させます。

 

???????????????????????????????

目の下の赤丸の眼窩脂肪を青い凹みの部分(nasojugal grooveやpalpebromalar groove)に移動させて一度に目の下の凹凸を改善させる手術です。

 

傷も表に出ないので良い手術だと思います。

 

さて、症例に戻って、

 

今回は、ご本人のご予算とご希望と合わせて、引き下げた脂肪はそのままに残ったふくらみの部分の脂肪を除去することにしました。

手術は予想以上に癒着が強くて簡単ではありませんでした。

 

他院での裏ハムラのあとで、左はそこそこ改善したが右があんまり改善しなかったという言葉どおり、

 

左の脂肪はある程度しっかり引き下げられ残っていましたが、右の脂肪はあまり下げきれていなかった印象でした。

 

眼窩脂肪はしっかり膜から引きだして下げる必要がありますが、

 

それが不十分だったのか、結びつけが弱かったのか、脂肪が委縮してしまったのか原因はわかりませんが、

 

裏ハムラ法では中途半端におこなうと効果が今一つになって修正が難しくなる可能性があるのでご注意ください。

 

当院ではなるべくそうならないようにしっかり脂肪を引き出して十分量の脂肪をがっちり固定するように注意しています。

 

ちなみに干からびてしまいましたが、除去した脂肪です。

IMG_0590脂肪 

 

無事余分な脂肪を除去して目の下のクマを改善することができました。

 

もし、今後くぼみが気になるようなら脂肪などを注入するのが良いかと思います。

 

脂肪には瘢痕の改善や組織の再生作用もありますので。。。

 

ところで、この修正手術は裏ハムラをおこなっていないクリニックではおこなわないことをおすすめします。

 

脂肪が除去できないだけでなく、ひどい内出血や腫れ、皮膚に穴が開いたりするリスクが出てきますので。。。

 

当院はこのような他院の修正も得意としており、患者様のご希望も含めてベストな方法でおこなっております。

 

カウンセリングは無料ですので、もし他院で手術したが気になるという方がいらっしゃったらお気軽にご相談ください。

ページトップに戻る ^
TOP