症例写真 症例写真

団子鼻をすっきり 鼻尖形成(3D法) 1か月後

(手術前)→(1か月後)

西尾 謙三郎医師からのコメント

鼻先がすっきりしましたね。

下からの鼻先の画像を見れば細くなったのわかりやすいですね。

顔全体の印象もシャープになったと思います。

さて、この3D法、普通の鼻尖形成と何が違うのでしょうか。

鼻尖形成比較

普通の鼻尖形成が軟骨を無理やり寄せて細くするのに対して、3D法では軟骨の骨格を作り変えて段差を作って無理なく鼻先を細くします。

通常の鼻尖形成は、白人さんのように軟骨がしっかりしていて組織が薄い人に効果的ですが、

軟骨が小さく、組織が厚い日本人のお鼻には3D法が適しています。

日本人と白人

また、3D法では軟骨を移植して支柱を強化し、少し高さを出すことができますので、よりすっきりして整った鼻先にすることが可能です。
オペ手順③
ただし、正面方向に高さが出ますのでアップノーズになりやすくなってしまいますので、もともとアップノーズ気味の方では軟骨移植を併せて行っていただくのが良いです。

 

3D法は軟骨が小さくて皮膚が厚い方や、鼻先をより細くしたい方、正面方向の高さがやや不足している方におすすめです。

逆に、皮膚が薄く軟骨がしっかりしている方、控えめな変化にしたいという方、鼻翼溝がやや深めの方などには通常の鼻尖縮小をお勧めしています。

もとび美容外科クリニックの メニュー別に症例写真を見る
ページトップに戻る ^
TOP