症例写真 症例写真

鼻中隔延長、I型プロテーゼ、小鼻縮小(flap法)の1か月後

今日は鼻中隔延長、I型プロテーゼ、小鼻縮小(flap法)の1か月後の経過です。

西尾 謙三郎医師からのコメント

鼻中隔延長で鼻先が下に伸び、小鼻縮小(flap法)では小鼻の幅が狭くなり、鼻の穴が見えにくくなりました。

 

全体に整ったお鼻になりましたね。

 

flap法では傷は外に出ませんし、鼻中隔延長では鼻柱に切開線ができますが、目立ちにくいように切開しているため最終的にほとんど目立たなくなっていきます。

 

1か月目は一番硬さが出てくるため鼻先と小鼻の間の境界線(鼻翼溝)がはっきりとしてしまいますが、3~6か月かけて落ち着いて自然になっていきます。

もとび美容外科クリニックの メニュー別に症例写真を見る
ページトップに戻る ^
TOP