症例写真 症例写真

たるみが強い方の埋没法(もとびアイプラチナム) 1か月後

(手術前)⇒(1か月後)

  • たるみが強い方の埋没法(もとびアイプラチナム) 1か月後1セット目 Beofre
    たるみが強い方の埋没法(もとびアイプラチナム) 1か月後1セット目 After

西尾 謙三郎医師からのコメント

何とかラインが広くなってかぶっていたたるみが改善しました。

 

お客様はアイプチ歴が長く、非常にまぶたのたるみが強い方で、たるみを除去せずに糸だけで二重を広くするのは非常に難しいまぶたでした。

 

ただ、切らずに糸でなんとかしたいとのことで、できる限りご希望に沿うように埋没法でもラインが安定しやすいもとびアイプラチナムで二重を広くして、まぶたの重み・たるみを改善させることにしました。

 

たるみが強い状態の方の埋没法では、たるみが少ない方に比べて

①たるみがあるため戻りやすい

②腫れや食い込みが出やすい。

③左右差が出やすい

などのリスクがあります。

 

今回のように糸でも施術は可能ですが、

 

たるみを改善させて長持ちさせたい方、若々しい目元にして老けにくくしたい方にはたるみを除去する眉下切開がおすすめです。

 

眉下切開は自然な形でたるみを除去することができ、傷も目立ちにくく良い手術です。

 

もちろん、たるみの程度が軽い方や切りたくない方で上記のリスクをご了承いただける場合は、埋没法で二重を広くしてたるみを改善させることも可能ですよ。

もとび美容外科クリニックの メニュー別に症例写真を見る
ページトップに戻る ^
TOP