症例写真 症例写真

目の下のクマを解消!(目の下の脂肪とり+脂肪注入)1か月後

目の下の脂肪とり、目の下の脂肪注入(コンデンス法) 1か月後です。

(手術前)⇒(1ヶ月後)

西尾 謙三郎医師からのコメント

老けて見えてしまう目の下のクマが見事になくなりました。

 

凹(目の下のくぼみ)と凸(目袋)がなくなってクマが解消したことによります。

 

凸(目袋)に対しては、まぶたの裏側の小さい穴から脂肪をしっかり除去し、

 

その下の凹みに対しては、濃縮した質の良い脂肪を分散注入(コンデンス法)しました。

 

脂肪が除去されれば脂肪は目の奥から少し補充されることはあっても、基本的に増えません。

 

注入した脂肪も生着すれば長持ちしますので、若返り効果を長く保つことができ、将来の老化を予防することが可能です。

 

今回の方のようにお若いうちから治療をするとさらに若々しくなり、老けにくくなりますのでおすすめですよ。

 

ただし、

 

クマにはいくつか種類があり、適切な治療法が違います。

 

下のリンクをご参考ください。

e753df06def705d473393e49de4721c3ed12c70e53f0a7e5c257d14937d3258d

あなたの目の下のクマの原因は?|原因別の解消法

 

目の下に脂肪を注入することは誰にでもできますが、目の下はしこりができるリスクが高く、技術と丁寧さが必要になる部分です。

 

当院では、他院で脂肪を入れすぎてしこりになったお客様のしこり除去をしたりしますが、簡単ではない手術です。

 

そうならないために、きちんとクリニックを選びたいものですね。

 

当院では、質の良い脂肪をなめらかになるように処理したうえで、非常に細かく分散注入します。

 

注入方向も工夫してしこりのリスクを最大限回避します。

 

また、脂肪注入をせずに脂肪を移動させる裏ハムラ法という施術は、同じように効果的で、しこりのリスクはあまりありませんし、皮膚側に傷はつきませんでおすすめです。

 

裏ハムラの症例&解説はこちら

IMG_1933目の下1IMG_3021目の下

目の下くまやたるみを解消!(裏ハムラ) 1ヶ月後

 

目の下の脂肪が多い方、クマが気になる方は、年齢と共に必ずクマは悪化していきます。

 

目袋が発達すると皮膚や筋肉がたるみ、皮膚側を切開しないと改善しきれなくなります。

 

そうならないうちに、早めに脂肪を除去するなどの治療をおすすめします。

 

目の下のクマを改善すると5~10歳くらい見た目が一気に、しかも自然な感じで若くなります。

 

目の下のクマが気になる方はお早めにカウンセリングなどに行かれることをおすすめします。

 

ページトップに戻る ^
TOP