症例写真 症例写真

団子鼻を理想の鼻先に!鼻尖形成(3D法)、flap法 1ヶ月後

鼻尖形成(3D法)、flap法 1ヶ月後

西尾 謙三郎医師からのコメント

3D法で鼻尖形成をすると同時に鼻先に高さを出しました。

 

正面像では、鼻先が細くなりすっきりしたのがわかりますね。

 

また、flap法で小鼻の幅が狭くなったことで鼻先全体の存在が小さくなり、さらに整って見えます。

 

側面像でみると鼻先に高さが出たことで(矢印)鼻先のラインがより整ったのがわかると思います。

 

下からの画像では、変化がわかりやすいですね。

 

鼻先がほそくなり、高さが出たのがわかりやすいです。

 

また、小鼻縮小(flap法)で小鼻の幅が狭くなりました。

 

もちろんいずれの手術も傷は外につきませんので整形をしたことがばれにくいです。

 

さて、3D法のおさらいですが、

鼻尖形成比較

図のように軟骨の骨格を作り変えることで無理なく鼻先を細くします。

 

細くするだけでなく、鼻先に少し高さを出すことができますのでより整った鼻先になりますので鼻尖形成をお考えの方には理想的な方法です。

 

 

お鼻は特徴が目立つほど整って見えませんので、なるべく特徴を減らしていくのがお鼻の整形のポイントです。

 

鼻尖形成と小鼻縮小を同時におこなうとお鼻全体の印象が目立ちにくくなってより整いますのでおすすめですよ。

もとび美容外科クリニックの メニュー別に症例写真を見る
ページトップに戻る ^
TOP