症例写真 症例写真

下眼瞼下制(たれ目形成術)、目頭切開、もとびアイプラチナム 1週間後

下眼瞼下制、目頭切開、もとびアイプラチナム 1週間後の経過です。

  • 下眼瞼下制(たれ目形成術)、目頭切開、もとびアイプラチナム 1週間後1セット目 Beofre
    下眼瞼下制(たれ目形成術)、目頭切開、もとびアイプラチナム 1週間後1セット目 After

西尾 謙三郎医師からのコメント

下眼瞼下制(たれ目形成)で目元のラインが下がって優しくなり、白目部分も大きく見えるようになり華やかな目元になりました。

 

もちろんまだ1週間目なのでなじんでいませんが、目元のラインはもっとなめらかなラインになります。

 

経験上多くの方がもともと左の目元が下がっていて、下眼瞼下制でも左が下がりやすく右が下がりにくい傾向があります。

 

これはお顔の右の組織のほうが発達していて下がりにくいせいだと思いますが、今回のお客様ももとも左の目元が下がっています。

 

もちろんそれを考慮して下がりにくい右をしっかりめに引き下げてCPFという組織に固定しています。

 

左右差はなくなりませんが軽減するように調整しています。

 

下眼瞼下制(たれ目形成術)はまぶたの裏からおこなう手術ですので傷は外にでませんのでばれる心配は少ない手術です。

 

また、目頭切開に関しては、もともと蒙古ヒダが少なめの方で、ご希望も目頭がとがるのは嫌だいうことでしたので、小さめの蒙古ヒダをZ形成で自然な形で除去しました。

 

二重の埋没法に関しては、幅広の二重をご希望され、もともと瞼板(まぶたの支持組織)が大きく二重の幅が広くなりやすい方でしたので、ご希望のラインでもとびアイプラチナムをおこないました。

 

まだ腫れが残っており、ラインもなじんでいませんが途中経過でした。

もとび美容外科クリニックの メニュー別に症例写真を見る
ページトップに戻る ^
TOP