症例写真 症例写真

タレ目形成(下眼瞼下制)、目尻切開、目の下脂肪取り 2か月後

タレ目形成(下眼瞼下制)、目尻切開、目の下脂肪取り 2か月後

 

(手術前)⇒(2か月後)

  • タレ目形成(下眼瞼下制)、目尻切開、目の下脂肪取り 2か月後1セット目 Beofre
    タレ目形成(下眼瞼下制)、目尻切開、目の下脂肪取り 2か月後1セット目 After

西尾 謙三郎医師からのコメント

目尻切開で目尻側が大きく開くようになり、タレ目形成で目の下のラインが下がったことで目全体が大きくなりました。

 

優しい目元にもなりましたね。

 

目の下のラインはもう少しなじんでくるかと思います。

 

タレ目には切らずに糸でおこなうタレ目形成と、今回のようにまぶたの裏側から切開しておこなうタレ目形成があります。

 

切開するといってもまぶたの裏側から切開するので傷は見えません。

 

切らないほうはダウンタイムが短いというメリット、切る方は長持ちしやすいというメリットがありますのでご希望に応じて選んでいただいております。

 

切るタレ目形成(下眼瞼下制)では下まぶたを固定するCPFを展開する際に目の下クマの原因の眼窩脂肪を露出します。

 

そこで、ついでに眼窩脂肪を除去することが可能ですので今回のお客様も同時に目の下の脂肪を除去しました。

 

若干あった目の下のふくらみも改善したのが分かります。

 

目の下の脂肪は年齢と共に目袋としてどんどん突出してきますが、眼窩脂肪を除去しておけば将来の目袋が突出しにくく目が老けにくくなりますよ。

ページトップに戻る ^
TOP