院長ブログ 院長ブログ

2018.01.3

アラガン超強力小顔ボトックス 1ヶ月後 施術症例 , 小顔 , 小顔ボトックス

(手術前)⇒(1ヶ月後) DSC09434正面DSC00357正面 もともとエラが発達している方でした。 エラの咬筋は大きかったため、しっかり量の超強力小顔ボトックスで厚い筋肉全体の動きを止めました。 筋肉が徐々に痩せて、このようにお顔がスリムになりました。 人から最近やせたね、ダイエットした?など言われるのではないでしょうか。

2017.12.21

アラガン超強力小顔ボトックス 1ヶ月後 施術症例 , 小顔 , 小顔ボトックス

(手術前)⇒(1ヶ月後) DSC07634正面DSC08520正面 厚かったエラの咬筋がすっきりしてかなり小顔になりましたね。 久しぶりにあった人は2度見するのではないでしょうか。 一度の5分ほどの注射でここまで効果が出せるのは良いですね。 今回のお客様はもともと咬筋の厚みが強く、しっかり減らしたいとのご希望で超強力小顔ボトックスを行っています。 筋肉が厚い方では筋肉量に応じてしっかり注入すると一度で効果が出やすくなり、長持ちもしやすくなります。

2017.11.27

ゼオミン超強力小顔ボトックス 1ヶ月後 施術症例 , 小顔 , 小顔ボトックス

(処置前)⇒(1ヶ月後) DSC07010正面DSC08765正面 もともとエラの筋肉が厚い方でしたので、通常の3倍量の超強力小顔ボトックスをおこないました。 一度の注射ですがエラがすっきりしたのがわかりますね。 咬筋の幅や厚みは人によって様々です。 筋トレをよくする人、噛み癖のある人、歯ぎしり・食いしばりのある人、エラが発達している人などでは厚みが強くなる傾向があります。 特に小顔ボトックスをやったことがない方では筋肉の厚みは強く、全体にまんべんなく注入できる量で筋肉の動きをしっかり抑える必要があります。 例えば咬筋の幅が小さい人と大きい人で1.5倍の差だった場合、体積は3倍以上になります。 その筋肉量をしっかり抑えるためには通常量では少ないのはお分かりいただけると思います。 咬筋は3層以上になっている厚い筋肉ですので、量が少ないとボトックスの効果にムラが出て噛むと逆にもりあがってしまったりすることがありますので、適正な量のボトックスを注入することをおすすめします。 初回はしっかり減らしておいて、半年から1年くらいするとある程度後戻りがありますが、その時の筋肉の量に応じて量を減らしていくのがおすすめです。

2017.09.18

脂肪吸引(ホホ・アゴ・法令線上)、アラガン超強力小顔ボトックス 半年後 施術症例 , 小顔 , 小顔脂肪吸引 , 小顔ボトックス

(手術前)⇒(半年後) DSC02718正面DSC09217正面 DSC02722左側面DSC09213左側面 DSC02719右斜めDSC09215右斜め 今回のお客様はしっかり小顔にしたいと希望され、小顔ボトックス、脂肪吸引、バッカルファット除去を希望されました。 ホホ骨がやや高くエラが張っているため、バッカルファットはホホのコケが強調される可能性があるため勧めませんでした。 エラの筋肉が厚く、幅広でボリュームが多いため、しっかり量の超強力小顔ボトックスで咬筋をしっかり薄くしました。 張り出したエラがすっきり薄くなって小顔になりましたね。 また、皮下脂肪の量はそれほど厚くはありませんでしたが、しっかり減らしたいとのことで脂肪吸引を行いました。 アゴがすっきりしてフェイスラインがシャープになりました。 法令線の上の厚みも薄くなってホホ骨もすっきりしましたね。 脂肪吸引は確実に脂肪を除去しますので、プチ整形より確実に小顔効果を出すことが可能です。 このように、その方に合った施術を組み合わせると効果的に小顔になることが可能です。

2017.08.26

ゼオミン強力小顔ボトックス 3ヶ月後 施術症例 , 小顔 , 小顔ボトックス

(処置前)⇒(3ヶ月後) DSC02335正面DSC06051正面(エラ修正) 強力小顔ボトックスでエラがすっきりして小顔になりましたね。 今回のお客様は、不純物が一番少ないドイツ製のゼオミンボトックスをご使用されています。 不純物が少ないほど抗体ができにくく、長く使っていても安心です。 抗体ができてしまうとボトックスの効果が少しずつ出にくくなって、全く効かなくなってしまう方もいらっしゃいます。 将来、しわなど若返り治療にボトックスは有用ですが、不純物が少ないゼオミンボトックスなら安心ですね。   小顔ボトックスは当院では人気メニューの一つで、簡単で効果が高くおすすめの施術です。 筋肉の量に応じて適切な量のボトックスを注入すれば、5分の施術で簡単にすっきり小顔になることができます。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP