院長ブログ 院長ブログ

2015.03.29

鼻中隔延長、鼻尖形成、小鼻縮小(flap法) 手術直後 施術症例 , , 鼻尖 

鼻尖形成、鼻中隔延長、小鼻縮小(flap法)の手術直後の変化です。

 

(手術前)⇒(手術直後)

IMG_3224正面 IMG_3236正面

IMG_3226右側面 IMG_3238右側面

IMG_3232左側面 IMG_3240左側面

ぱっと見では、鼻先だけでなく、鼻柱が下方に延長してバランスが良くなりましたね。

 

また、小鼻(flap)は縮めすぎのように見えるかもしれませんが、後戻りを計算しておこなっています。

 

数か月後にはちょうど良い幅になって完成してくれると思います。

 

flap法なのでもちろん傷は外に出ません。ちなみにflap法の解説はこちら

 

さて、解説を少々。

 

今回のお客様はACR(alar-columellar relationships 小鼻と鼻柱基部との関係)が上向きの

IMG_3224正面ACR

お客様です。

 

このようなタイプのお客様の場合、

 

鼻尖部のみ延長すると、もとも引っ込んだ鼻柱基部がさらに引っ込んで鼻唇角(nasolabial angle)尖って不自然になってしまいます。

 

また、鼻柱基部のみ延長すると鼻先が相対的に上を向いてブタさん鼻になってしまいます。

 

バランスを良くするには鼻尖部だけでなく、鼻柱基部も同時に下げる必要があります。

 

同時に下げるためには、しっかりした大きさの鼻中隔軟骨が必要になります。

 

今回のお客様は、軟骨があまり発達していなさそうなので、耳の軟骨も合わせてとる可能性もお話しておこないました。

 

で、鼻中隔軟骨を採取してみると、案の定小さめで柔らかめの軟骨が採れました。

 

IMG_3234軟骨

 

鼻中隔の残りのリムを強度が保てるなるべくぎりぎりまで細くしてmaxでとりましたが、1mm×2mmほどの軟骨しかとませんでした。

 

うーむ。

 

ただ、工夫して固定することで、鼻中隔軟骨のみで鼻柱基部と鼻尖部を問題なく延長することができました。

 

側面図を見てもらうと、小鼻に隠れていた鼻柱が延長して、見えるようになりましたね。

 

鼻尖と鼻柱が同時に延長すると、全体に下方に延長してバランスがよくなります。

 

鼻尖部と鼻柱部分の延長の割合は、個々のお客様のお鼻やご希望に合わせて調整させてもらっています。

 

 

2016.07.17

鼻尖形成(3D法)、軟骨移植 5日後  No.6745 施術症例 , , 鼻尖 

鼻尖形成(3D法)、軟骨移植 5日後 

 

(手術前)⇒(5日後)

DSC03726正面 DSC03832正面

 

DSC03729左ナナメ DSC03835左ナナメ

DSC03727右ナナメ DSC03833右ナナメ

鼻尖形成(3D法)で鼻先が細くなり、軟骨移植で鼻先の高さが斜め下方向にやや延長しました。

 

5日後なのでまだまだむくみはありますが、少しずつ腫れも落ち着いて効果も見えやすくなります。

 

鼻尖形成で鼻先が細くなるだけでなく鼻先が高くなることで全体のお鼻のバランスが良くなりますね。

 

3D法ではやや高さを出すことができますが、高さはお顔に対して垂直方向にしか出ないので、さらにアップノーズに見えやすくなります。

 

軟骨移植を併せて行うと斜め下方向に鼻先を伸ばしラインを整えることで鼻先の形全体が整って見えます。

2015.03.13

鼻先を伸ばす鼻中隔延長手術(+プロテーゼ、小鼻縮小) 3ヶ月後 施術症例 , , 鼻尖 

今日は鼻中隔延長+隆鼻術(I型プロテーゼ)、小鼻縮小(flap法)の3か月後の画像です。

 

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC08898正面正面

 

DSC0890左側面左側面

DSC08904右側面2IMG_2681右側面2

 

DSC08910下からIMG_2689下から

鼻先の先っぽだけでなく、土台の部分(鼻柱基部)も下に伸びて全体にバランスの良いな鼻先になりました。

 

しっかりした鼻中隔軟骨を使って、鼻中隔に固定して延長しますので単に軟骨をのせるだけよりも延長効果をしっかり出すことが可能です。

 

また、プロテーゼで鼻筋が通り、小鼻も小さくなったことで、全体にお鼻のバランスがよくなりました。

 

 

【pick up !】

(目元)

当院の二重プチ整形は日本トップクラスのメニュー数、症例数、クオリティーです

二重整形がばれないために。。。

二重整形がばれないために これはつらい。まぶたがこんな風に

二重整形がばれてしまう落とし穴 。修正するとこうなります。

二重埋没没法(もとびアイプラチナム) 解説

もとびアイプラチナム解説動画 

症例 針穴から脂肪とり!  

もとびの目頭切開について

もとびの涙袋形成について

埋没法+切らないたれ目症例

切らずに簡単にデカ目に! 切らない眼瞼下垂プレミアム(眼瞼下垂の改善と同時に二重に)

(若返り)

裏ハムラの解説 他院修正症例

(フェイスライン)

強力小顔ボトックスはなぜよく効くのか解説・症例

(鼻)

鼻中隔延長や小鼻縮小(flap法)の症例・解説

鼻尖形成(3D法)の症例・解説

鼻尖形成+軟骨移植の症例・解説

(プチ整形)

マルティプルメソッドによるヒアルロン酸注入

(脱毛)

脱毛体験しました。想像以上に良いです

2016.04.29

鼻尖形成(3D法) 3ヶ月後 施術症例 , , 鼻尖 

鼻尖形成(3D法) 3ヶ月後

 

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC09338正面DSC02471正面

DSC09352下からDSC02476下から

ぼてっとして丸かった鼻先がすっきりしましたね。

 

鼻筋が弱いのでプロテーゼなどで鼻筋をはっきりさせると、お鼻全体のバランスが整ってもっとバランスが良くなると思います。

 

鼻尖形成(3D法)は、今回の方のように皮膚が厚く変化の出にくい方にも効果的です。

 

通常の鼻尖形成は軟骨をぎゅーっと寄せて形成しますが、3D法では軟骨の骨格を作り変えて無理なく鼻先の形を作り変えますので効果的です。

2015.02.12

鼻尖形成3D法 1週間後 施術症例 , , 鼻尖 

鼻尖形成3D法の1週間後の画像です。

 

IMG_1726正面jpg IMG_1953正面

IMG_1733左側面 IMG_1959左側面

IMG_1735下から IMG_1963下から

まだ1週間ですので腫れはまだ残っていますが、

 

正面と下からの画像では鼻先が細くなったのがわかると思います。

 

また、もともと今回のお客様の場合、鼻先はむしろ下向きで、高さ自体が不足していました。

 

3D法では鼻先の高さを同時に出すことが可能ですので、鼻先の高さを出す目的もあり3D法を選択しました。

 

鼻先に高さがでることで若干ローテーション(上向き)しますのでバランスがよくなります。

 

側面から見ると高さが出たのがわかると思います。

 

ちなみ皮膚がかぶってしまうと中でどう処理をしているかわからないと思いますので、イラストで解説させていただきます。

 

手書きなのでちょっと見にくいかもしれませんが雰囲気だけでも。

 

まずは尾翼軟骨の余分な部分を、polly beak deformityという鼻先上部の盛り上がりが出ないように、

 

また、尾翼軟骨を移動しやすくして高さを出しやすいように尾翼軟骨の上部を切除します(cephalic trim)。

 

IMG_2025済み

そして、下図のように尾翼軟骨をカットして、内側脚側の軟骨にcephalic trimで切除した軟骨を挟んで補強して固定します。

 

IMG_2030済み

 

そうすることで鼻先に高さが出やすくなります。

 

また、いつものように、将来軟骨の形が浮き出ないように除去した軟部組織で軟骨の出っ張りをカバーします。

 

ということを、内部でおこなっています。

 

傷を閉じてしまうと何をやっているかわからないので、どういう風に手術をしているか解説させていただきました。

 

 

 

【pick up !】

(目元)

当院の二重プチ整形は日本トップクラスのメニュー数、症例数、クオリティーです

二重整形がばれないために。。。

二重整形がばれないために これはつらい。まぶたがこんな風に

二重整形がばれてしまう落とし穴 。修正するとこうなります。

二重埋没没法(もとびアイプラチナム) 解説

もとびアイプラチナム解説動画 

症例 針穴から脂肪とり!  

もとびの目頭切開について

もとびの涙袋形成について

埋没法+切らないたれ目症例 裏ハムラの解説 他院修正症例

(フェイスライン)

強力小顔ボトックスはなぜよく効くのか解説・症例

(鼻)

鼻中隔延長や小鼻縮小(flap法)の症例・解説

鼻尖形成(3D法)の症例・解説

鼻尖形成+軟骨移植の症例・解説

(プチ整形)

マルティプルメソッドによるヒアルロン酸注入

(脱毛)

脱毛体験しました。想像以上に良いです!

2017.07.29

鼻尖縮小、鼻尖軟骨移植 1か月後 施術症例 , , 鼻尖 

(手術前)⇒(1か月後)

鼻尖縮小、鼻尖軟骨移植右側面鼻尖縮小、鼻尖軟骨移植 術後右側面

鼻尖縮小、鼻尖軟骨移植 術前 左側面鼻尖縮小、鼻尖軟骨移植 術後左側面

鼻尖縮小、鼻尖軟骨移植 術前正面鼻尖縮小、鼻尖軟骨移植 術後正面

鼻尖縮小、鼻尖軟骨移植 術前下から鼻尖縮小、鼻尖軟骨移植 術後下から

今回のお客様は鼻先を整えたいという方ですが、自然な変化を希望で自己満足すれば良いというご希望でした。

団子鼻でしたが、鼻孔縁付近にノッチ(くぼみ)があり、自然な変化を希望しておりましたので3D法でなく通常の鼻尖縮小で鼻先の形成を行いました。

また、鼻先がやや上向きで(アップノーズ)のため、2枚重ねで軟骨移植をおこなって、鼻先を斜め下方向に延長して鼻先の形を整えました。

鼻先の軟骨の形がなるべく浮き出ないように、鼻先の軟骨をアルマジロのようにカットして鼻先にフィットさせ、さらに軟部組織を乗せることで少しでも皮膚との間にスペースを作っています。

詳細は鼻尖軟骨移植をご覧ください。

横からも正面からもお鼻のバランスが良くなりました。

自然な変化でご希望に近い変化になったかと思います。

2015.01.5

団子鼻をすっきり 鼻尖形成(3D法) 1か月後 施術症例 , , 鼻尖 

今日の症例写真は鼻尖形成3D法1か月後の画像です。

 

(手術前)⇒(1か月後)

P1040094正面P1050970正面

P1040088下から1P1050968下から1

鼻先がすっきりしましたね。

 

下からの鼻先の画像を見れば細くなったのわかりやすいですね。

 

顔全体の印象もシャープになったと思います。

 

さて、この3D法、普通の鼻尖形成と何が違うのでしょうか。

 

鼻尖形成比較

普通の鼻尖形成が軟骨を無理やり寄せて細くするのに対して、3D法では軟骨の骨格を作り変えて無理なく鼻先を細くします。

 

通常の鼻尖形成は、白人さんのように軟骨がしっかりしていて組織が薄い人に効果的ですが、

 

軟骨が小さく、組織が厚い日本人には3D法が適しています。

日本人と白人

 

また、3D法では軟骨を移植して支柱を強化し、少し高さを出すことができますので、よりすっきりして整った鼻先にすることが可能です。

オペ手順?

 

3D法は経験が必要な手術ですので、手術ができるドクターは多くありませんがおすすめの手術ですよ。

 

【その他の症例写真】

IMG_2733正面DSC03089正面IMG_2750下からDSC03093下から

 

【Pick Up!】

(鼻)

鼻尖形成(3D法)解説

鼻先の形成の症例ブログ

鼻を高くした症例ブログ

小鼻を小さくするおすすめの方法とは?

小鼻縮小(flap法)解説

小鼻縮小の症例ブログ

 

 

 

2017.07.16

鼻尖縮小(3D法)、軟骨移植 半年後 施術症例 , , 鼻尖 

(手術前)⇒(半年後)

DSC01085正面DSC08190正面
DSC01092左側面DSC08189左側面
DSC01094下から2DSC08191下から2

もともと軟骨が小さい方でしたが、鼻尖縮小(3D法)をおこなって鼻先がしっかり細くなりました。

鼻先が細くなったのが下からのあおり画像でわかります。

さらに軟骨移植したことで上向きだった鼻先が下方に伸びてアップノーズが改善しお鼻全体のバランスが良くなりましたね。側面で見るとわかりやすいです。

右の耳介軟骨をトリミングして2枚に重ね、縁が出にくいように軟部組織の団子でcoverして鼻先を伸ばしています。

鼻中隔延長までリスクを取らなくても軟骨移植でも自然な感じで延長効果を出すことが可能です。

鼻先の2つの小さな変化ですが、お顔の印象が全体的にすっきりすして整いきます。

いつも見ている人も、メイク変えた?とか、なんか雰囲気良くなったね、痩せた?とかそういう感じの変化で、明かに鼻の整形がばれるというような変化ではないと思います。

2015.11.29

鼻尖形成、鼻尖部軟骨移植、flap法 5ヶ月後 施術症例 , , 小鼻 , 鼻尖 

?鼻尖形成、鼻尖部軟骨移植、flap法  5ヶ月後

 

(手術前)⇒(5ヶ月後)

DSC02387正面DSC08712正面

DSC02391左斜めDSC08708左斜め

 

DSC02388右斜めDSC08706右斜め

DSC02400下からDSC08714下から

 

鼻先がすっきりしましたね。

 

5ヶ月なのでほぼ完成です。

 

鼻尖形成と小鼻縮小(flap法)を同時におこなうことで鼻先全体の印象がすっきり小さくなります。

 

軟骨移植で鼻先をさらに整えているためバランスの良いお鼻になりました。

2014.12.15

鼻中隔延長、鼻尖形成、隆鼻術(プロテーゼ)、小鼻縮小(flap法) 1週間後 施術症例 , , 鼻根 , 小鼻 , 鼻尖 

今日は鼻中隔延長、鼻尖形成、隆鼻術(プロテーゼ)、小鼻縮小(flap法) 1週間後の経過です。

 

(手術前)⇒(1週間後)

DSC08898正面IMG_0011正面

 

DSC08906左斜めIMG_0008左斜め

 

DSC08903右斜めIMG_0005右斜め

DSC08910下から IMG_0016下から

まず正面から見て鼻先が小さくなってバランスが良くなりましたね。

鼻尖形成小鼻縮小を同時に行うと鼻先が小さくなります。

下からのアングルだとどう変化したのかがよくわかりますね。

また、鼻先が細くなって鼻中隔延長により鼻先が伸びたことでお鼻全体のバランスが良くなりました。

ちなみに、小鼻縮小(flap法)のひきつれはもちろん引いて自然になります。

小鼻縮小(flap法)ではこれだけ小鼻の幅を狭くしても傷は外に出ませんので良いですね

さらに、小鼻縮小(flap法)は小鼻を縮小する際にトンネルをつくって皮弁を通して埋め込むというひと手間を加えること戻りにくくなります。

せっかくやるなら小鼻の張り出しが少ない方は、目立つ小鼻の切開線を残すよりはこの方法が絶対おすすめです。

まだ1週間なので腫れがありますし、傷も目立ちますが、だんだん落ち着いてくるともっとすっきりし整って自然になってきます。

 

 

「本来の美しさを引き出す」 logo_03

予約・お問い合わせはこちらから

TEL 0120-19-6102

E-mail customer@motobi.jp

ページトップに戻る ^
TOP