院長ブログ 院長ブログ

2015.12.20

自然な目の上たるみとり(眉下切開) 2ヶ月半後 施術症例 , 若返り , 目の上の若返り

5歳以上の若返り 目の上たるみとり(眉下切開) 2ヶ月半後

 

(手術前)→(2ヶ月半後)

DSC06029眉下

DSC08759眉下

外側中心にたるんでいた目の上の皮膚のたるみが除去された改善し、外側に本来の二重幅が出てきました。

 

まつ毛の生え際もしっかり見えるようになりましたね。

 

目の上のたるみが進行すると外側中心に二重が狭くなってたるみの程度が強くなると視界も狭くなってきます。

 

埋没法で二重を広くしてたるみを持ち上げるこは可能ですが、たるみの強い方は腫れやすく戻りやすいので、根本的には眉下切開のほうがおすすめです。

 

眉下切開でなく二重部分で切開してたるみを除去することも可能ですが、ダウンタイムが長くなり、瞼の上方の厚みのある皮膚が落ちてきて二重のライン上の皮膚に厚みが出やすいため自然な変化を出したいのであれば基本的に眉下切開がおすすめです。

 

当院の眉下切開は毛包斜切開をおこない毛根を温存することで傷からなるべく毛が生えて傷を目立ちにくいように工夫しています。

 

目の上はみなさんがたるみが進行して老けてしまう部分です。

 

眉下切開をしてたるみをリセットし、5歳以上若返りましょう!

2015.08.8

自然な目の上のたるみとり|眉下切開 1か月後 施術症例 , 若返り , 目の上の若返り

目の上のたるみとり(眉下切開) 1か月後の経過

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC02377目

DSC03609目

今回のお客様はまぶたが重くなって見えにくくなってきたということで眉下切開で目の上のたるみを除去しました。

 

重かったまぶたがすっきりして目がはっきりしましたね。

 

傷もメイクをすれば目立たないです。

 

当院ではルーチンで毛包斜切開という毛根を残す切り方でおこなっていますので、

 

時間が経つと、傷に毛が生えてきてどこを切ったかわからなくなってしまいます。

 

1年以上前に施術をおこなった方々から、全然傷が目立たなくてうれしいとか、傷がきれいでほめられます、など報告していただいています。

 

ただし、どんな切開の傷も数か月〜半年くらいは赤みがあり、

 

すぐ傷は完成するわけではありませんので、しばらくメイクでカバーしてもらいます。

 

 

目の上のたるみを二重のライン上で切って除去する方法がありますが、

 

腫れが強くダウンタイムが長くなるだけでなく、

 

二重の直上でたるみを除去するので眉に近い厚みのある皮膚が二重の上に降りてきて、厚ぼったく、少し不自然な二重になってしまいます。

 

眉下切開であれば、まさに眉を手で引き上げたようにたるみを除去することができますので、

 

若い頃の自然な二重に戻ることが可能です。

 

目の上のたるみが気になる方には眉下切開がおすすめですよ。

 

2017.08.12

目の下脂肪取り、目の下コンデンス脂肪注入 1ヶ月後 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC04984目
DSC06328目

目の下の目袋が改善してフラットになりました。

目の下は老けやすい部分ですが、5~10歳ほど若くなったのではないでしょうか。

目の下の脂肪は除去すれば基本的に増えませんし、注入した脂肪は生着すれば長持ちしますので効果はずっと続きます。

注入する脂肪をコンデンス(濃縮)して注入すれば生着率も上がり、しこりにもなりにくくなります。

目元は上述のように老けやすい部分ですが早めに目の下のクマを改善させれば目まわりが若々しくなるだけでなく、目元が老けにくくなり年齢より若く見えるようになります。

お顔に傷は残りませんし、ダウンタイムもわりと短い手術ですので、クマが気になる方はは大変おすすめの施術です。

2016.09.24

眉下切開 1ヶ月後 No.7227 施術症例 , 若返り , 目の上の若返り

眉下切開 1ヶ月後

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

dsc05416%e7%9b%ae

dsc06254%e7%9b%ae

眉下切開によって目の上のたるみが減って目の開きが改善しました。

 

さらに目元をはっきりさせたいとご希望があれば、埋没法で奥二重のラインを作るのもよいかと思います。

 

眉毛の下に赤い傷跡がありますが、数か月〜半年で白っぽく色が抜けます。

 

毛包斜切開により毛根が温存されているため傷から毛が生えてきてどこを切ったかわからなくなる方も多いです。

 

上瞼のたるみがある方は埋没法だけでは不安定で限界がありますが、今回のように眉下切開でたるみを改善して土台をきちんと整えたうえで埋没法おこなうと、若々しい自然な二重になりやすくなります。

 

軽〜中程度のたるみの方でたるみを改善したい方には、自然な目元になりやすい眉下切開が一番おすすめです。

2017.09.9

眉下切開 半年後 施術症例 , 若返り , 目の上の若返り

(手術前)⇒(6か月後)

DSC05416目
DSC01116目

まぶたにかぶっていた皮膚が持ち上がり、目の開きが良くなりました。

右は一重なのでわかりにくいかもしれませんが、左目の二重に注目すると、たるみが持ち上がったことによりまぶた外側中心に二重が広くなりましたね。

眉下の傷はそれほど目立ちにくくなりました。

傷は数か月~半年ほどやや赤みがありますが、今回の方は男性の方なのでメイクでカバーというわけにはいかないため最初は目立ちやすい時期がありましが、落ち着いてきました。

今回お客様は、まぶたのたるみが落ち着いたため、この後二重の埋没法をおこないました。

2015.03.28

卵形のお顔で若々しく!脂肪注入(ホホ・こめかみ) 1週間後 施術症例 , 脂肪注入

脂肪注入(ホホ・こめかみ)の1週間後の画像です。

 

(手術前)⇒(1週間後)

フェイスラインフェイスライン

 

ホホとこめかみにボリュームが出たことで若々しく卵形のフェイスラインになりました。

 

20代の方ですが、さらに若々しいお顔になりましたね。

 

患者様にも喜んでいただけました。

 

ただ、脂肪は定着までは数か月以上かかります。もうすこし経過を見る必要があります。

 

 

ホホ・こめかみは年齢とともにくぼみやすい部分で、くぼむと老けて見えます。

 

逆に、フェイスライン付近の皮下脂肪、バッカルファット、エラの筋肉などが出ている人は減量してすっきりさせるとシャープなフェイスラインになって小顔効果を出すことができます。

 

卵形の理想的なフェイスラインに近づけるためには、ボリュームを増やした方がいい部分を増やし、減らした方がいい部分を減らすのが良いです。

 

ふっくらしていると良い部分

フェイスライン増

 

すっきりしていると良い部分

フェイスライン減

 

すっきりすべきところはすっきりさせて、ふっくらしてほしい部分をふっくらさせて、卵形の小顔を目指しましょう!

 

その方のお顔に合わせて最適な治療を組み合わせれば理想のお顔に近づけることが可能ですよ。

 

 

2015.12.13

眉下切開 1ヶ月後の変化 若返り , 目の上の若返り

眉下切開 1ヶ月後

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC08207目

DSC09184目

アイテープをしているため比較しにくいかもしれませんが、眉下切開でたるみが引き上げられてすっきりした二重になりました。

 

目の上のたるみが減れば、メイクするとさらに若々しい目元になりますね。

 

2015.07.16

目の下のクマを解消!(目の下の脂肪とり+脂肪注入)1か月後 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り

目の下の脂肪とり、目の下の脂肪注入(コンデンス法) 1か月後です。

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

P1230371済み P1240481済み

 

老けて見えてしまう目の下のクマが見事になくなりました。

 

凹(目の下のくぼみ)と凸(目袋)がなくなってクマが解消したことによります。

 

凸(目袋)に対しては、まぶたの裏側の小さい穴から脂肪をしっかり除去し、

 

その下の凹みに対しては、濃縮した質の良い脂肪を分散注入(コンデンス法)しました。

 

脂肪が除去されれば脂肪は目の奥から少し補充されることはあっても、基本的に増えません。

 

注入した脂肪も生着すれば長持ちしますので、若返り効果を長く保つことができ、将来の老化を予防することが可能です。

 

今回の方のようにお若いうちから治療をするとさらに若々しくなり、老けにくくなりますのでおすすめですよ。

 

ただし、

 

クマにはいくつか種類があり、適切な治療法が違います。

 

下のリンクをご参考ください。

IMG_1471目袋?IMG_1471目の下

あなたの目の下のクマの原因は?|原因別の解消法

 

目の下に脂肪を注入することは誰にでもできますが、目の下はしこりができるリスクが高く、技術と丁寧さが必要になる部分です。

 

当院では、他院で脂肪を入れすぎてしこりになったお客様のしこり除去をしたりしますが、簡単ではない手術です。

 

そうならないために、きちんとクリニックを選びたいものですね。

 

当院では、質の良い脂肪をなめらかになるように処理したうえで、非常に細かく分散注入します。

 

注入方向も工夫してしこりのリスクを最大限回避します。

 

また、脂肪注入をせずに脂肪を移動させる裏ハムラ法という施術は、同じように効果的で、しこりのリスクはあまりありませんし、皮膚側に傷はつきませんでおすすめです。

 

裏ハムラの症例&解説はこちら

IMG_1933目の下1IMG_3021目の下

目の下くまやたるみを解消!(裏ハムラ) 1ヶ月後

 

目の下の脂肪が多い方、クマが気になる方は、年齢と共に必ずクマは悪化していきます。

 

目袋が発達すると皮膚や筋肉がたるみ、皮膚側を切開しないと改善しきれなくなります。

 

そうならないうちに、早めに脂肪を除去するなどの治療をおすすめします。

 

目の下のクマを改善すると5〜10歳くらい見た目が一気に、しかも自然な感じで若くなります。

 

目の下のクマが気になる方はお早めにカウンセリングなどに行かれることをおすすめします。

 

2017.05.30

ミントリフトミニ10本 1週間後 No.9408 施術症例 , 若返り , ミントリフトミニ

(手術前)⇒(1週間後)

ミントリフトミニ10本をホホ、フェイスライン部分とホホ骨部分(中顔面)に入れました。

フェイスラインのやや突出したたるみがすっきりしてフェイスラインがシャープになりましたね。

お顔が長方形から逆三角形に近づいたのが分かります。

ちなみに、当院のミントリフトミニはミントリフトⅡで、PLLAという長持ちする素材でできており、2年かけて吸収されるためリフト効果は長持ちしやすいです。

特殊で強力なとげが360°少しずつずれで配置されているため組織をしっかり支えることが可能になりました。

リフト効果が減ってきたとしてもコラーゲンに置き換わり、お顔の支持組織となるため、たるみの進行を遅らせて老化を予防することが可能です。

たるみが気になる方で、切らずにあまりダウンタイムが長く取れない方は糸のリフト、特に効果の高いミントリフトミニがおすすめです。

2016.09.22

目の下脂肪とり 1週間後 No.7210 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り

目の下脂肪とり 1週間後

 

(手術前)⇒(1週間後)

dsc05565%e7%9b%ae%e4%b8%8bdsc05820%e7%9b%ae%e4%b8%8b

dsc05563%e4%b8%8a%e7%9b%aedsc05819%e4%b8%8a%e7%9b%ae

目の下の脂肪とり後1週間ですが腫れ内出血も少なく自然な感じでクマが改善しました。

 

時間とともにむくみはもう少し落ち着いていきます。

 

今回のお客さまは目の下のクマを気にされてご来院され、目の下のくぼみ(tear trough)はそれほど深くなかったので、まずは脂肪とりでクマを改善させることになりました。

 

基本的には、目の下のふくらみ(眼窩脂肪)とくぼみ(tear trough)の両方でクマが強調される方が多く、目の下の脂肪とりと脂肪注入を併用するほうが良いケースも多いです。

参照⇒あなたの目の下のクマの原因は?|原因別の解消法

 

眼窩脂肪の多い方は若いうちからクマが目立ち、どんどん目袋になって目元が老けていきます。

 

早めに脂肪を除去すれば目が老けにくく若々しく保つことが可能です。

 

ある程度クマが進行してしまうと皮膚のたるみが出てくるため早めにクマ治療をおこなうのがおすすめです。

 

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP