院長ブログ 院長ブログ

2015.09.15

お世話になった先生にヒアルロン酸(目の下・ゴルゴ線) 施術症例 , 若返り , 若返りヒアルロン酸 , プチ整形 , 目の下 , ゴルゴ線

ヒアルロン酸(目の下・ゴルゴ線) 処置直後 

 

(処置前)⇒(処置直後)

DSC06216目の下

DSC06217目の下

 

処置直後で赤みがありますが、ヒアルロン酸で目の下のくぼみが改善され、

 

ゴルゴ線も改善して若々しくなりましたね。

 

実は今日のお客様は以前お世話になっていた先生です。

 

ご結婚式を控え、すこしでも何かお手伝いさせていただきたく今回ヒアルロン酸の処置をさせていただきました。

 

 

目の下のくぼみはクマのようになって老けて疲れた印象になってしまいます。

 

また、ゴルゴ線(mid cheek groove)がくぼんでくると老けて、疲れた印象になってしまいます。

 

それらをプチ整形で改善させることで簡単に若返ることが可能です。

 

ただし、ヒアルロン酸の場合数か月から半年が効果の目安になります。

 

ヒアルロン酸でボリュームを出すと良い部分は以下の青い部分です。

フェイスライン、しわ増

 

今回はゴルゴ線の部分にヒアルロン酸を注入しました。

 

施術させていただいた先生のブログでも今回の施術について紹介していただいたのでよろしければご参考ください。

http://s.ameblo.jp/eiko112636/entry-12073567804.html

 

 

2015.08.5

FGFで目の下のクマを改善!プチ整形による肌再生療法 施術症例 , プチ整形 , 目の下

FGF再生医療(目の下)半年後の画像です。

 

(手術前)⇒(半年後)

DSC09318目

DSC04095目

術前の画質が悪くて申し訳ありませんが、1回の注射で目の下のクマが改善したのが分かりますね。

 

目袋ボーンのクマでなければFGFは良い治療法のひとつです。

 

しかも2,3年以上持ちます。

 

ただ、目の下のクマは

 

①目の下のふくらみ(眼窩脂肪)

②目の下のくぼみ

③眼輪筋が透けている

④色素沈着

 

などいくつかの原因からなっていることがあり、

 

FGFで効果的なのは?と?です。

 

詳しくはこちらのコラムご参照ください。

あなたの目の下のクマの原因は?|原因別の解消法

 

上記の目袋ボーンのような眼窩脂肪が多いタイプの方などでは、

 

目の下の脂肪とり、目の下の脂肪注入、裏ハムラなどの治療が向いています。

 

どうしたらよいかわからない方は、自分のご希望も含めて、カウンセリングで相談されるのが良いでしょう。

 

 

FGFは成長因子で、コラーゲンを増やすのはもちろん、脂肪細胞や他のいろいろな細胞も増殖させます。

 

目の下は、注入しすぎるとふくらみすぎてしこりのようになってしまうことがあるため、

 

入れすぎないように微調整することが大切になります。

 

FGFは満足度が高く、非常に有用な注射ではありますがふくらみ過ぎると改善がなかなか難しく、

 

その長期間の持続効果により、もろ刃の剣ともいえる治療ですので、慎重におこなうことをおすすめします。

 

その他の症例写真

 症例処置前症例1ヶ月後

2017.08.3

ベビーコラーゲン 1週間後 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り , プチ整形 , 目の下

(処置前)⇒(1週間後)

DSC04211目
DSC04548目

目の下の疲れた感じに見えるうっすらしたクマや凹凸を気にされてベビーコラーゲンを施術しました。

処置前それほど強いクマではありませんでしたが、クマなどの凹凸が減ってすっきりした若々しい目元になりましたね。

このような繊細な改善はベビーコラーゲンでないと難しいです。

目の下にヒアルロン酸を注入した場合、凸凹したり、笑った時に変なふくらみになったり、青みがかった変な色になったりするリスクがあります。

ベビーコラーゲンは繊細でなじみやすいため目回りの薄い皮膚のしわやクマ、細い刻まれたしわに大変効果的です。

 

関連する施術

2016.09.17

ベビーコラーゲン 処置直後 No.7177 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り , プチ整形 , 目の下

ベビーコラーゲン 処置直後

 

(処置前)⇒(処置直後)

dsc04379%e7%9b%ae

dsc04392%e7%9b%ae

目の下の小じわや凹凸が改善したのがわかります。

 

術直後なので一部内出血はありますが、徐々に吸収されて落ち着いていきますのでメイクでカバーしていただきます。

 

ベビーコラーゲンは目の下の凹みには針先の丸い鈍針を、目の下の小じわには極細の針を使用しますので内出血のリスクはかなり少なくなります。

 

ベビーコラーゲンは非常になじみやすいフィラーですので、目の下の薄い皮膚のしわにやくぼみに適しています。

 

また、ヒアルロン酸などは、薄い皮膚では赤みがかったり、緑っぽくなったり色調の変化の可能性がありますが、ベビーコラーゲンではその心配はありません。

 

通常3〜6ヶ月で吸収されますが、再生作用がありますので、お肌に張りが出たり、繰り返すごとに長持ちしやすくなります。

 

2017.01.27

ベビーコラーゲン(目の下) 1週間後 No.8381 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り , プチ整形 , 目の下

(処置前)⇒(1週間後)

DSC04379目
DSC04592目

目の下の小じわや凹凸が改善して目元がすっきりしましたね。

従来、ヒアルロン酸では目の下の小じわはミミズ腫れのようになったり改善が難しかったですが、ベビーコラーゲンはなじみやすく目の下の小じわも改善可能です。

また、目の下のクマ(teartrough)の凹みにもベビーコラーゲンを注入してあげると自然な感じで若返りが可能です。

逆に、ヒアルロン酸で目の下のクマの改善を行った場合、笑った時の盛り上がり感や、目の下の皮膚色が青っぽくなって不自然に見えたりすることがあります。

目元の自然な若返りにはベビーコラーゲンが一番です。

ベビーコラーゲンには赤ちゃんにも多く含まれているⅢ型コラーゲンが多く、再生作用もあるため、張りのある目元になりやすくなりますよ。

2017.03.4

ベビーコラーゲン 1週間後 No.8702 施術症例 , 目の下の若返り , プチ整形 , 目の下

(処置前⇒(1週間後)

DSC09006目
DSC09497目

正面からだとわかりづらいかもしれませんが、目の下のクマの凹凸が改善しました。

また、ベビーコラーゲンを表層に入れて厚みが出ることで、薄く赤茶色に透ていた眼輪筋の色味も見えにくくなって、さらにクマが目立ちにくくなりましたね。

目の下の小じわもベビーコラーゲンで改善して小じわが見えにくくなりました。

ヒアルロン酸ではこのような繊細な注入はできず、目の下も青みがかったり、笑うとボコッとして不自然になってしまうことも多いですが、ベビーコラーゲンではそのような不自然さは出ず、細かなシワやくぼみを自然な感じで改善することが可能です。

ベビーコラーゲンは赤ちゃんのお肌に多く含まれるⅢ型コラーゲンが大変多く含まれているため、ベビーコラーゲンという名前がついていますが、

組織再生効果が高く、注入後にお肌のハリが出やすくなったり、組織再生効果により注入毎に長持ちしやすくなったりしやすいと言われています。

目の下のクマや小じわやクマが気になってきた方で、自然な感じで目元の若返りをご希望の方にはおすすめの施術です。

2016.12.10

ベビーコラーゲン 1週間後 No.7902 施術症例 , 若返り , 目の下の若返り , プチ整形 , 目の下

ベビーコラーゲン 1週間後

 

(手術前)⇒(1週間後)

dsc00451%e7%9b%ae
dsc00654%e7%9b%ae

目の下のクマが改善し、小じわも改善しましたね。

ベビーコラーゲンは目の下のくぼみや小じわの改善に効果的です。

目の下は皮膚が薄く繊細な部分なのでヒアルロン酸ではボコボコしてしまったり、透明なヒアルロン酸では青みがかって不自然な色になってしまうことがあります。

ベビーコラーゲンの場合は青みがかることもなく、なじみやすくボコボコしにくいため目の下のシワやくぼみをきれいに改善させることが可能です。

また、ベビーコラーゲンは赤ちゃんのお肌に多く含まれるⅢ型コラーゲンを多く含み、再生作用があるため、お肌に張りが出て若返り効果もあるんですよ。

ただ、施術を受けた方はお分かりかと思いますが、術者には丁寧さと繊細さと根気が必要です。

当院ではベビーコラーゲンは30〜1時間かけて少しずつ丁寧に注入していきます。

ですので予約金をいただいております。

他院のベビーコラーゲンの修正をおこなうこともあります。

目の下のくまや小じわが気になる方や他院の注入に満足されなかった方はご相談ください。

2015.08.3

目の下の小じわを改善|ベビーコラーゲン療法(ヒューマンコラーゲン)症例 施術症例 , プチ整形 , 目の下

ベビーコラーゲン(ヒューマラジェン、ヒューマンコラーゲン)目の下の小じわを改善させました。

 

(処置前)⇒(1週間後)

DSC03834目

DSC04027目

目の下の小じわが改善して目もとが若々しくなりましたね。

 

目の下は骨の土台がなく皮膚が薄くたるみがあるため、フィラーが浮いてボコボコしやすい場所です。

 

コラーゲンはなじみやすいと言えども、非常に慎重に丁寧に注入していきます。

 

非常に繊細に、時間をかけて注入しますので術者は結構大変です(汗)。

 

注入の動画です。

 

今回は、内出血を出さないように鈍針を使用して土台を薄く作り、あとは34Gという極細の針で真皮内にコラーゲンを注入して浅く硬いしわの癖を改善させました。

 

ちなみに手術直後の画像です。

DSC03886直後

このような感じで多少のむくみはありますが、メイクすれば不自然感はないと思います。

 

 

今回の方のような目の下の小じわ(クマより上の部分の小じわ)は、治療が非常に難しくなかなかプチ整形では改善できない部分でした。

 

ヒアルロン酸ではボコボコしてしまいますが、今回のようにコラーゲンを使うことでボコボコのリスクを少なくして小じわを改善させることができます。

 

ヒューマンコラーゲンは人由来のコラーゲンですので、アレルギーテストの必要もなく、すぐ簡単に行うことができます。

 

目の下の小じわが気になる方は一度ご検討になると良いのではないでしょうか。

 

詳しくはこちらをご参考ください

ベビーコラーゲン

2016.05.16

目の下ベビーコラーゲン 処置直後 プチ整形 , 目の下

目の下ベビーコラーゲン 処置直後

 

(処置前)⇒(処置直後)

DSC00262目

DSC00268目

目の下のくまを気にされていましたが、ベビーコラーゲンでクマが改善し滑らかになりました。

 

この改善はヒアルロン酸では難しいです。

 

ヒアルロン酸の場合、ベビーコラーゲンほどの微調整はできず、凹凸が出やすかったり、青っぽい色調になってクマが改善しきれない可能性があります。

 

ベビーコラーゲンの場合、鈍針を使えば今回のように腫れや内出血を最小限にできますのでダウンタイムも短いですし、

 

色調もヒアルロン酸のように不自然にならず、微調整可能なので滑らかに仕上げることができます。

 

また、ベビーコラーゲンには皮膚再生作用もあり、皮膚に張りがでて、効果が長持ちしやすくなる効果もありますのでおすすめです。

2016.01.27

ベビーコラーゲン 1週間後 No.5277 施術症例 , プチ整形 , 目の下

ベビーコラーゲン 1週間後

 

(処置前)⇒(1週間後)

DSC07837目

DSC08101目

1週間経ったのでむくみは落ち着いています。

 

目の下の小じわや、目の下のクマ・凹凸が改善して張りが出たのがわかります。

 

今回のお客様は以前に他院で目の下のヒアルロン酸を入れられており、ヒアルロン酸の一部が長らく残り、凹凸が出ているのも気になっており、ベビーコラーゲンで修正し、満足していただきました。

 

ヒアルロン酸は目の下の薄い皮膚の下に注入すると青みがかって変なクマになることがありますが、ベビーコラーゲンではそのようなことはなく、自然な色合いになります。

 

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP