院長ブログ 院長ブログ

2016.12.2

もとびアイゴールド、厚み取り、他院裏止め抜糸(2点) 1週間後 No.7819 施術症例 , , 抜糸 , 埋没法 , 脂肪取り、厚みとり

もとびアイゴールド、厚み取り、他院裏止め抜糸(2点) 1週間後   (手術前)⇒(1週間後) dsc07784%e7%9b%ae dsc08021%e7%9b%ae 抜糸と厚み取りも行って1週間後なのでまだ腫れはありますが順調です。 もともと右は眼瞼下垂気味です。 今回のお客さまは、他院で3年半前に埋没法をおこなっていましたが、浅くなってきたのでかけなおしを希望されました。 少し狭い二重幅で戻りにくい二重にしたいとのことでした。 1週間でこの幅ですので、3ヶ月ほどたって完成するころにはご希望の狭めの二重になるかと思います。 まぶたに厚みがあったため厚み取りをおこなって、戻りにくい二重のもとびアイで二重をつくりました。 厚み取りの場合、眼窩脂肪や眼輪筋を除去するための小さい穴が開きますので、その穴を利用して結び目を深く埋め込んでポコッとするリスクを軽減できるため、表1点結びのもとびアイゴールドで行いました。 %e3%82%82%e3%81%a8%e3%81%b3%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89 厚み取りともとびアイを組み合わせると切開せずとも長持ちしやすくなりますよ。 厚ぼったいまぶたの方で二重をもどりにくくしたい方にはおすすめです。

2016.11.4

もとびアイプラチナム 3か月後 No.7609 施術症例 , , 抜糸 , 埋没法

もとびアイプラチナム 3か月後   (手術前)⇒(3か月後) dsc09902%e7%9b%ae dsc05116%e7%9b%ae 二重が一段広くなって、まつ毛の生え際も見えるようになって目の印象が大きくなりましたね。   3ヶ月後なのでかなり完成に近く、良い仕上がりだと思います。  

今回のお客様は、二重を一段広くしたいとのご希望で、たるみもあるためしっかり戻りにくくもとびアイプラチナムを行いました。

  15年以上前に2回埋没法をしており、同時に抜糸を行ってほしいとのことで2点抜糸をしています。   通常10年も時間が経っていると抜糸できる可能性がぐっと減りますが、何とか2点抜糸できました。⇒埋没法の抜糸について   お客様はもう1点希望しましたが、さすがに2点が限界でした。

2016.06.29

特殊埋没法の透明糸の抜糸。手探りでなんとか。。。 施術症例 , , 抜糸

昨日、特殊な埋没法の抜糸をおこないましたのでご紹介します。   今回の抜糸のお客様は韓国にて1か月半前に埋没法をおこなったお客様です。   1か月半経っても腫れや食い込みが強く抜糸したいとのことでした。   時間が経ったわりには確かに食い込みが強く、糸を埋め込んだと思われる部分の傷や食い込みが目立っていました。   抜糸を考え、事前にオペをしたクリニックに問い合わせて確認していただいそうですが、   韓国でよくやる線止めではなく、通常の3点止めだと言われたそうです。   二重をおこなったばかりで、糸を埋め込んだ傷も良く分かったのでわりと簡単に抜糸できるかと思ってオペを始めました。   しかし、、、   針穴を探ってもなかなか結び目が見つからない。。。   ようやく見つけたとおもたらなんと透明の細い糸でした。   しかも引っ張ると長く編み込まれている様子です。   こ、これは。。。   韓流の特殊埋没法細い透明糸でおこなったもののようでした。   特殊埋没の上に透明であれば抜糸の難易度は一気にMAXです(汗)   普通糸も時間が経つと色が抜けて透明になり抜糸ができなくなってきます。   おそらく今回はかける糸がすでに透明だったわけでして。   普通、見えないものは取れません。   ただ、見えないものはどうしようもないので、あきらめずに、   もう完全に糸をかけた予想のイメージと、つかんだ組織の手ごたえだけで糸を探っていきました。   そして、、、   DSC05959済み なんとかすべて抜糸することができました!   途中引っ張って連結を確認したりして一部切れてしまいましたが、すべて除去できたと思います。   幸い当院では韓国で行われているような線止めを多く扱っているため、なんとか抜糸できたんだと思います。   しかし、眼輪筋の細い筋繊維と細い透明糸が似ているのでとても難しかったです。     でも、なぜ線止めでなく通常の3点止めだと言ったのでしょうか。。。   しかも最初から透明な糸で埋没するというのは、抜糸や修正をしないという前提で行っているものと思われます。   ほとんどの人が切開をするという韓国ならではの考え方なのだと思いますが、抜糸する側からしたらけっこうつらいですね(^-^;     今回は術後早期でなんとか抜糸できましたが、抜糸をする際はどのように糸をかけたかを確認することが大事です。   抜糸をお考えの方はご自分がいつどんな糸を何点どんなかけ方でかけたか、あらかじめ調べておくことをおすすめします。   ただし、嘘を言われたらどうしようもないですが。。。   抜糸について気になる方は以下のリンクをご参考ください。 ⇒二重埋没法の抜糸について

2015.12.21

他院抜糸(2点)、もとびアイゴールド 手術直後 施術症例 , , 抜糸 , 埋没法

他院抜糸(2点)、もとびアイゴールド 手術直後   (手術前)⇒(手術直後) DSC08584目 DSC08588目   他院で5年前に埋没法をおこなったそうですが、アイプチなどをおこなっていたいらラインが不安定になってしまったそうで、 戻りにくいもとびアイ(ゴールド)で埋没法をおこないました。   以前かけた糸を2点抜糸もしています。   手術直後なので腫れや食い込みがありますが、安定したラインになりましたね。        

2015.12.19

他院抜糸(1点)、もとびアイゴールドで幅広の二重に 1ヶ月後 施術症例 , , 抜糸 , 埋没法

他院抜糸(1点)、もとびアイゴールド(幅広の二重) 1ヶ月後   (手術前)→(1ヶ月後) DSC07439目 DSC08446目 もともと狭くない二重のお客様でしたが、ご希望により幅広の二重を作りました。   たるみがあって見た目の二重が狭く出やすいため、二重幅を13.5mmと広くとりましたので、メイクしても華やかな目元になりますね。   それだけ二重をかける位置が高いと、戻りやすく、腫れやすくなりますので、今回は腫れにくい・戻りにくい埋没法(もとびアイゴールド)でおこないました。   今回の方はわりと瞼板が大きく二重幅も広くでやすいため13.5mmでも可能でしたが、なかなかそこまで幅が出ない方も多いです。   広い二重を希望される方は、ご自身の目に合った範囲の二重幅にしていただくこと、   また、腫れにくく・戻りにくい埋没法をおこなうのがおすすめです。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP