院長ブログ 院長ブログ

2017.08.15

小鼻縮小(flap法)、クレヴィエル(鼻根) 1ヶ月後 施術症例 , , 鼻根 , 小鼻 , プチ整形 , プチ整形鼻

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC06594正面DSC07824正面
DSC06601下からDSC07831下から

小鼻を横幅を小さくするフラップ法(内側法、鼻腔内切開)を行いました。

広がった小鼻が狭くなって、鼻の穴が目立ちにくくなりましたね。

フラップ法では、切開した組織を切除せずにトンネルを通して反対側に引き込んで癒着させることで後戻りを少なくしています。

やや小鼻に丸みがあるため、本当は外側法も同時におこなうとしっかり小鼻を小さくすることができ、さらに後戻りも少なくなります。

クレヴィエルで鼻筋も通ったことでお鼻全体のバランスも良くなりました。

2016.04.24

小鼻縮小(内側法、フラップ法) 1ヶ月後 施術症例 , , 小鼻

小鼻縮小(内側法、フラップ法) 1ヶ月後

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC00831正面 DSC021501正面

DSC00833下から DSC02157下から

小鼻の幅が狭くなり、丸みもとれてすっきりしました。

 

丸みをとって小鼻の幅を狭くしますので、当然鼻の穴は縦長になります。

 

時間が経つと、鼻の穴の形ももう少しなじんでくるかと思います。

 

小鼻縮小(内側法、フラップ法)の傷は鼻の穴の外にあまり出ないので、ばれにくい手術方法です。

2015.01.18

切らない鼻翼縮小 手術直後 施術症例 , , 小鼻

2016.06.3

小鼻縮小(内側flap法+外側法) 1か月後 施術症例 , , 小鼻

小鼻縮小(内側flap法外側法) 1か月後

 

(手術前)⇒(1か月後)

DSC02833正面DSC03667正面

DSC02834右ナナメDSC03668右ナナメ

DSC02843下からDSC03673下から

小鼻の幅が狭くなったのと、小鼻の張り出しが改善して小鼻全体がすっきりとして目立ちにくくなりました。

目立たない鼻は美しい鼻です。

 

1ヶ月目なので傷はまだ不安定で硬さや赤みがある時期ですが、3ヶ月〜半年もすると傷も成熟して落ち着いていきます。

 

小鼻の幅を狭めるには内側法(flap法)、小鼻の張り出しや丸みを改善するには外側法が有効です。

 

小鼻を小さくするための手術はひとつではないので、ご自身の小鼻に合った施術方法で行う必要があります。

⇒(参考)小鼻を小さくするおすすめの方法とは

 

また、下記のような方では注意が必要です。

 

(鼻先が丸い方、団子鼻の方)

 

小鼻を小さくすると団子鼻の方は団子鼻が強調される場合があります。

 

その場合は鼻尖形成も同時におこなうことで、鼻先も小鼻も小さくなってお鼻全体の印象が小さくなってより整います。

 

(鼻筋が弱い方)

 

鼻筋が少ない方はバランス的に、鼻先や小鼻が目立って見えてしまう傾向があります。

 

同時に鼻筋を通すことで(クレヴィエルやプロテーゼ)、お鼻全体のバランスを整えてあげるとより整って美しい鼻になりやすいですよ。

 

2014.12.15

鼻中隔延長、鼻尖形成、隆鼻術(プロテーゼ)、小鼻縮小(flap法) 1週間後 施術症例 , , 鼻根 , 小鼻 , 鼻尖 

今日は鼻中隔延長、鼻尖形成、隆鼻術(プロテーゼ)、小鼻縮小(flap法) 1週間後の経過です。

 

(手術前)⇒(1週間後)

DSC08898正面IMG_0011正面

 

DSC08906左斜めIMG_0008左斜め

 

DSC08903右斜めIMG_0005右斜め

DSC08910下から IMG_0016下から

まず正面から見て鼻先が小さくなってバランスが良くなりましたね。

鼻尖形成小鼻縮小を同時に行うと鼻先が小さくなります。

下からのアングルだとどう変化したのかがよくわかりますね。

また、鼻先が細くなって鼻中隔延長により鼻先が伸びたことでお鼻全体のバランスが良くなりました。

ちなみに、小鼻縮小(flap法)のひきつれはもちろん引いて自然になります。

小鼻縮小(flap法)ではこれだけ小鼻の幅を狭くしても傷は外に出ませんので良いですね

さらに、小鼻縮小(flap法)は小鼻を縮小する際にトンネルをつくって皮弁を通して埋め込むというひと手間を加えること戻りにくくなります。

せっかくやるなら小鼻の張り出しが少ない方は、目立つ小鼻の切開線を残すよりはこの方法が絶対おすすめです。

まだ1週間なので腫れがありますし、傷も目立ちますが、だんだん落ち着いてくるともっとすっきりし整って自然になってきます。

 

 

「本来の美しさを引き出す」 logo_03

予約・お問い合わせはこちらから

TEL 0120-19-6102

E-mail customer@motobi.jp

2016.04.1

小鼻縮小(内側、フラップ法) 1ヶ月後 施術症例 , , 小鼻

小鼻縮小(内側、フラップ法) 1ヶ月後

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC09224正面 DSC00291正面

DSC09234下から DSC00300下から

小鼻の幅が小さくなりましたね。

 

1か月なので傷が一番硬い時期ですが、も3か月〜半年でもう少し落ち着いていきます。

 

あともう少し後戻りをする可能性があります。

2015.01.10

鼻中隔延長、I型プロテーゼ、小鼻縮小(flap法)の1か月後 施術症例 , , 鼻根 , 小鼻 , 鼻尖 

今日は鼻中隔延長、I型プロテーゼ、小鼻縮小(flap法)の1か月後の経過です。

(手術前)⇒(1か月後)

DSC08898正面正面済み

DSC08906左斜め左斜め済み

DSC08903右斜め右斜め済み

DSC08910下から下から済み

 

鼻中隔延長で鼻先が下に伸び、小鼻縮小(flap法)では小鼻の幅が狭くなり、鼻の穴が見えにくくなりました。

 

全体に整ったお鼻になりましたね。

 

鼻中隔延長、小鼻縮小(flap法)については以前のブログでお話しましたので⇒のブログをご参考ください。⇒鼻中隔延長、隆鼻術、小鼻縮小(flap法)の手術直後

 

flap法では傷は外に出ませんし、鼻中隔延長では鼻柱に切開線ができますが、目立ちにくいように切開しているため最終的にほとんど目立たなくなっていきます。

 

1か月目は一番硬さが出てくるため鼻先と小鼻の間の境界線(鼻翼溝)がはっきりとしてしまいますが、3〜6か月かけて落ち着いて自然になっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

【Pick Up!】

・目元

当院の二重プチ整形は日本トップクラスのメニュー数、症例数、クオリティーです

二重整形がばれないために。。。

二重整形がばれないためにこれはつらい。まぶたがこんな風に

二重整形がばれてしまう落とし穴 。修正するとこうなります。

二重埋没没法(もとびアイプラチナム) 解説

もとびアイプラチナム解説動画

症例 針穴から脂肪とり!

埋没法+切らないたれ目症例 裏ハムラの解説 他院修正症例

 

・フェイスライン

強力小顔ボトックスはなぜよく効くのか解説・症例

 

・鼻

鼻中隔延長や小鼻縮小(flap法)の症例・解説

鼻尖形成(3D法)の症例・解説

 

・プチ整形

マルティプルメソッドによるヒアルロン酸注入

 

・脱毛

脱毛体験しました。想像以上に良いです!

2017.08.27

鼻翼縮小(内側flap法+外側法)、鼻尖縮小(3D法)、軟骨移植 術後 施術症例 , , 小鼻 , 鼻尖 

(手術前)⇒(手術後)

DSC01502正面2DSC02508正面
DSC01504右側面2DSC02510右側面
DSC01510下から2DSC02516下から

鼻翼縮小(内側法flap法)で小鼻の幅が狭くし、鼻翼縮小(外側法)で小鼻の丸みをが少なくなりました。

全体的に小鼻が小さくなり、鼻の穴が目立ちにくくなりましたね。

鼻尖縮小(3D法)から1ヶ月の経過なのでまだむくみがあるため、正面からの変化はわかりにくいですが、横になだらかだった鼻先が、術後は鼻先を頂点として尖ったのが光の具合からわかります。

下からの画像では鼻先の形の変化が良く分かります。

鼻先に軟骨を移植しているので側面から見てやや低かった鼻先が高くシュッとして整ったのがわかります。

軟骨が皮膚に透けないようにスペースを作るため軟部組織を載せているので、それが吸収されるまでは鼻先にまだ丸みがありますが、3~6か月して軟部組織が吸収されてむくみが落ち着けばもっとすっきりとした鼻先になっていきます。

2014.12.4

鼻中隔延長、隆鼻術、小鼻縮小(flap法)の手術直後 施術症例 , , 鼻根 , 小鼻 , 鼻尖 

昨日は鼻中隔延長、隆鼻術、小鼻縮小(flap法)の手術をおこないました。

お客様は私のブログを見ていらっしゃっていて、遠方からわざわざいらっしゃっていただきました。

長時間の移動と、手術お疲れ様でした。

手術前後の画像を取りましたのでご参考ください。

(手術前)⇒(手術直後)

DSC08926正面DSC08933正面

DSC08924左斜めDSC08938左斜め

DSC08928右斜めDSC08935右斜め

鼻先が細くなって鼻尖から鼻柱にかけて延長されてお鼻のバランスがよくなりました。

また、小鼻縮小で小鼻の幅が狭くなってお鼻のトータルの印象がよくなりましたね。

flap法ですので傷も外に出ません。

手術直後ですので糸がついていたりひきつれがあったりしますが、1週間ほどで落ち着きます。

鼻中隔延長手術では、鼻中隔軟骨をくりぬいて

DSC08932済み

薄くてしっかりした鼻中隔軟骨を採取します。

採取した軟骨を残った鼻中隔軟骨のフレームに結びつけることで鼻先の尾翼軟骨を延長したい方向に伸ばして固定します。

今日のお客様は鼻先から鼻柱にかけてを下方に延長しました。

ちなみに軟骨を載せるだけでは延長効果はあまりありません。

軟骨移植はラインを整えるだけで良くなる方におすすめです。

当院では軟骨を載せるだけでも工夫することである程度の延長効果を出すことができますが。

さて、flap法についてですが、通常小鼻縮小の場合、余分な組織を除去して縫い合わせるだけですが、それだと時間がたつとほとんど後戻りしてしまうケースが多かったです。

flap法は余分な組織を除去せずに一部小鼻の組織に付着させて残しておき、鼻の穴同志にトンネルを作って残した組織を通してで小鼻を引っ張り合わせて寄せます。

傷が治るとともに組織がトンネル内で癒着してくっつくことで後戻りが少なくなります。

傷も鼻の穴の中だけですみますので目立ちません。

とても良い方法ですよ。

 

【Pick Up!】

(鼻)

鼻先の形成の症例ブログ

鼻を高くした症例ブログ

小鼻縮小の症例ブログ

鼻尖形成(3D法)解説

小鼻縮小(flap法)解説

小鼻を小さくするおすすめの方法とは?

2016.01.30

小鼻縮小(内側法、flap法) 1週間後 施術症例 , , 小鼻

小鼻縮小(内側法、flap法) 1週間後

 

(手術前)⇒(1週間後)

DSC09224正面 DSC09460正面

DSC09234下から DSC09468下から

小鼻の幅が狭くなりましたね。

 

鼻の穴の中の切開で小鼻の幅を狭くしています。

 

若干引き連れが残っていますが、徐々になじんでいきます。

ページトップに戻る ^
TOP