院長ブログ 院長ブログ

2018.01.14

二重全切開 1週間後、3ヶ月後 閉眼も 施術症例 , , 全切開

(手術前) DSC09531目 (1週間後) DSC09673目 (3ヶ月後) DSC02516目 (3ヶ月後閉眼時) DSC02515閉眼 もともと一重の方で、切開してたるみも除去しとのことで二重の全切開術をおこないました。 二重幅は自然な幅で少し皮膚のたるみを除去してやや幅が出やすくなっています。 1週間目は腫れや内出血があり、二重もむくんで幅が広くなっています。 全切開のダウンタイムは3,4週間は見ていただくとよいです。 3ヶ月経つとはれも落ち着いて自然なラインになりましたね。 閉眼の際の二重のラインは凸凹せずに自然なラインかと思います。 厚ぼったい方ではもう少しまぶたの厚みを除去しますので深いラインになりやすい傾向はあります。 ダウンタイムが長くとれて安定した二重にしたい方、ある程度のたるみの除去を希望される方などでは全切開による二重術も良いかと思います。

2017.10.29

全切開、眼瞼下垂 3ヶ月後 施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂

(手術前)⇒(3ヶ月後) DSC05286目 DSC08444目 もともと右の目の開きが悪く、全体に目の開きを改善したいとのことで全切開+眼瞼下垂の手術を行いました。 手術をしてみると右目は下横走靭帯などの開瞼抵抗が異常に強く、下横走靭帯を可及的に切除し、ラテラルホーン(腱膜の外角)をカットして開瞼抵抗を取り除き、しっかり挙筋前転を行いました。 ただ、それでも術後は右の開きは左程ではありませんでした。 左は右ほど挙筋を前転していませんが開きが改善しましたね。 術後は左右の開きが改善しましたが、右はやや開瞼が弱い状態ですが本人は満足されており、このまま経過を見ることになりました。  

2017.10.17

全切開、眼瞼下垂 3ヶ月後 施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂

(手術前)⇒(3ヶ月後) DSC04925目 DSC08273目 もともと厚ぼったいまぶたの方で、埋没法ではラインがつきにくいことが予想され、切開を希望されました。 目の開きも良くして目を明るくするために同時に眼瞼下垂もおこないました。 たるみもある程度あり、まつ毛にたるみがかかっていたのを気にしていたため、たるみを切除し少し消耗側の皮膚を引き上げて二重を固定しました。 術後は二重がしっかりできて、目の開きも改善して目元が明るくなりましたね。 脂肪などのボリュームも取ったことで、以前よりまぶたのボリュームも減りすっきりしています。

2017.05.3

二重全切開、眼瞼下垂、涙袋形成 3ヶ月後 No.9177 施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂 , 涙袋形成

(手術前)⇒(3ヶ月後) 二重全切開、眼瞼下垂、涙袋形成術前 二重全切開、眼瞼下垂、涙袋形成術後 二重になっただけでなく、切る眼瞼下垂で目の開きも改善して黒目の露出が大きくなり、まつ毛の生え際も見えるようになりました。 術前は一重でまぶたが重い印象でしたが、術後は目元が軽く明るくなりましたね。 埋没法では二重がつきにくそうなまぶたでしたが、全切開で二重をしっかり癖付けしました。 もともと皮膚の厚い方ですので、全切開の3ヶ月後はまだ二重はなじみ切っておらず食い込みはありますが、半年もするともっとなじんで自然になってきます。 今回は同時に涙袋形成(ヒアルロン酸)も行っています。 涙袋は目の下の二重ですので、強調されるとさらに目元全体が明るく若々しくなります。

2017.03.31

二重全切開他院修正、眼瞼下垂 1ヶ月後 No.8901 施術症例 , , 全切開 , 目他院修正 , 眼瞼下垂

(手術前)⇒(1ヶ月後) DSC04799目 DSC05924目 目の開きが改善して二重がはっきりして目元が明るくなりましたね。 今回のお客様は5年前に他院で二重の切開法をおこなった方です。 術前は左を中心にやや眼瞼下垂があったので挙筋前転術をおこなって眼瞼下垂を改善させました。 同時にしっかり剥離し直して中縫いして二重の癖付けをしました。 皮膚のたるみも前回の傷跡を含めて少量切除しています。 二重を作るだけで眼瞼下垂のままだと二重が浅く、ぼんやりした目元になりますが、 目の開きが改善して開けやすくなるとしっかり二重が出て、目元も明るくなりますね。 眼瞼下垂の修正は、今回のように切開して挙筋前転を行うこともあれば、切らずに糸で行うこともあります。 ある程度ダウンタイムを許容できるのであれば切開法が良いですが、ダウンタイムがあまり長く取れない方や、切るのは怖いという方には、切らない眼瞼下垂がおすすめです。 切らない眼瞼下垂では、気に入らなければすぐに戻すこともできます。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP