院長ブログ 院長ブログ

2017.11.24

ミントリフトミニ10本、脂肪吸引(ホホ) 3ヶ月後 施術症例 , 若返り , ミントリフトミニ , 小顔 , 小顔脂肪吸引

(手術前)⇒(3ヶ月後) DSC06984正面DSC09709正面 DSC06981左ナナメDSC09713左斜め DSC06979右ナナメDSC09711右斜め フェイスラインに乗っかったホホのたるみ(jowl)は脂肪の厚みと皮膚のたるみによるものです。 今回のお客様は脂肪吸引でホホのボリュームを除去し、皮膚のたるみは糸のリフト(ミントリフトミニ)で引き上げました。 もともとたるみのある方での脂肪吸引の場合、風船がしぼむように凹凸になるリスクがあり慎重に行う必要があります。 今回は、脂肪吸引と同時にミントリフトミニでしっかりホホのたるみをリフトアップしています。 お顔がすっきりして、言葉は悪いですが、若干ブルドックのようにたるんだフェイスラインがすっきりして、小顔になったのはもちろんですが、若々しくなりましたね。 アゴ下の脂肪は吸っていませんが、フェイスラインがすっきりしたことであごもすっきり見えるようになりました。 ホホのたるみは老けて見えやすく、どんどん進行していくものです。 早めにボリュームを減らして、糸でたるみを予防しておけば、同年代の人よりお顔を若々しく保つことができますよ。

2017.09.16

ミントリフトミニ10本(ホホ・フェイスライン・ホホ骨) 1ヶ月後 施術症例 , 若返り , ミントリフトミニ

(施術前)⇒(1ヶ月後) DSC02211正面DSC03472正面 DSC02213右ナナメDSC03469右ナナメ 糸のリフトでフェイスラインのたるみが引きあがったことでフェイスラインがシャープになりました。 また、頬骨部分にも糸を入れたことでほほ骨~法令線上のたるみが改善しました。 ミントリフトミニは糸の中でもトゲが強力で効果は高く、傷は髪の中の1か所の針穴だけですので傷は残りません。 リフト効果だけでなく、たるみ予防効果も高いため、老化の進行を抑えるのに効果的です。

2017.08.31

ミントリフト2ミニ 1ヶ月後 施術症例 , 若返り , ミントリフトミニ

(手術前)⇒(1ヶ月後) DSC02186正面DSC03183正面 DSC02184左ナナメDSC03186左ナナメ DSC02182右ナナメDSC03184右ナナメ ミントリフト2ミニでたるみがリフトアップされてフェイラインがシャープになりました。 下に落ちていたボリュームが上方に移動することでお顔が若々しくなりましたね。 丸い針先の針を使って糸を置いていくように挿入していきますので、腫れや内出血を少なくすることが可能です。 糸は1,2年で吸収されていきますが、コラーゲンに置き換わってたるみを支える効果が持続することで、3~5年はたるみの進行を遅らせてくれるといわれています。 リフトアップだけでなくたるみ予防としても効果的です。

2017.06.8

ミントリフトミニ(フェイスライン) 1週間後 No.9477 ミントリフトミニ

(手術前)⇒(1週間後) フェイスラインのたるみが引き上がって、術前よりフェイスラインがすっきりしました。 横から見た感じもフェイスラインが引きあがってすっきりしたのがわかります。 ミントリフトミニは側頭部の1か所の穴から糸を入れていく治療ですので、お顔に傷がつかず、麻酔のむくみ程度でダウンタイムは短い治療です。 ミントリフトミニのトゲはらせん状に強力なとげがついていますので、引きあがり効果は高く、糸は2年かけて溶けていきますので長持ちもしやすいです。 糸が溶けた後も支持組織となってお顔を支えて、3〜5年はたるみを予防することができます。

2017.05.30

ミントリフトミニ10本 1週間後 No.9408 施術症例 , 若返り , ミントリフトミニ

(手術前)⇒(1週間後) ミントリフトミニ10本をホホ、フェイスライン部分とホホ骨部分(中顔面)に入れました。 フェイスラインのやや突出したたるみがすっきりしてフェイスラインがシャープになりましたね。 お顔が長方形から逆三角形に近づいたのが分かります。 ちなみに、当院のミントリフトミニはミントリフトⅡで、PLLAという長持ちする素材でできており、2年かけて吸収されるためリフト効果は長持ちしやすいです。 特殊で強力なとげが360°少しずつずれで配置されているため組織をしっかり支えることが可能になりました。 リフト効果が減ってきたとしてもコラーゲンに置き換わり、お顔の支持組織となるため、たるみの進行を遅らせて老化を予防することが可能です。 たるみが気になる方で、切らずにあまりダウンタイムが長く取れない方は糸のリフト、特に効果の高いミントリフトミニがおすすめです。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP