院長ブログ 院長ブログ

2015.06.23

切らないたれ目 1週間後 No.2733 施術症例 , , たれ目

切らないたれ目 1週間後の画像です。

 

(手術前)⇒(1週間後)

DSC01849済み DSC01989済み

1週間後ですがラインが自然な形で下がりましたね。

 

数年前に下眼瞼下制(切るタレ目)をおこないましたが、戻ってしまったということで糸でさらにたれ目にすることになりました。

 

左右の癒着の具合が違っていたため、左右の微調整をおこないました。

 

1週間後ですが、自然な感じでなじみました。

 

 

2016.08.30

切らないタレ目 1週間後 No.7062 施術症例 , , たれ目

切らないタレ目 1週間後

 

(手術前)⇒(1週間後)

DSC04303目

DSC04646目

1週間後がデファイン入りなど、条件が少し違って比較がわかりにくくなってしまいましたが、目の下のラインが下がったのがわかります。

 

目の下のラインが下がったぶん目も大きく見えるようになりました。

 

今回のお客様はもともと右の目の下のラインがかなり上がっており、左は下がっています。

 

一般的にお客様のようなタイプの方が多いです。

 

左右の差を調整するために、右をしっかりめに、左は下がりすぎないように控えめにかけました。

 

左右のバランスが良くなったのではないかと思います。

2015.06.11

切らずに目を大きく、優しく | 切らないたれ目1ヶ月後 施術症例 , , たれ目

切らないたれ目1か月後の画像です。

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

 

IMG_2908目DSC01066目(修正)

 

もともと目の大きさが小さめの方ですが、切らないたれ目をしたことで目の印象が大きくなりましたね。

 

黒目の外側のラインをみていただくと、下の方まで見えるようになったのがわかります。

 

そのぶん目の印象が大きくなって、印象的な目元になりました。

 

切らずに腫れも少なく、簡単にそして自然な変化が出せるのが切らないたれ目です。

 

ちなみに1週間後の変化です。

(手術前)⇒(1週間後)

IMG_2908目IMG_3078目(修正)

1週間後は不自然さはありませんが、1か月後に比べるとラインがまだなじみ切っていないので、なめらかではないですね。

 

切らないたれ目は、腫れは少ないので3,4日のダウンタイムをみてもらうと良いかと思います。

 

 

 

2015.04.10

女性らしい優しい目もとに!切らないたれ目術 1週間後 施術症例 , , たれ目

切らないたれ目1週間後の画像です。

 

(手術前)⇒(1週間後)

IMG_2908目IMG_3078目

 

1週間後ですが、自然な仕上がりです。

 

目尻のラインが下がって優しい目元になりました。

 

目元のラインが優しくなっただけでなく、目尻側の白目の見える部分が大きくなったのがわかります。

 

このようにタレ目術は目元を優しく、大きく印象的に見せる手術です。

 

切らないたれ目術は腫れも少なくダウンタイムも少ないですので、簡単かつ効果が出やすい手術ですよ。

 

 

 

 

2015.05.23

切らずに優しい自然なタレ目に|切らないたれ目 1ヶ月後 施術症例 , , たれ目

切らないたれ目 1ヶ月後の経過です。

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

IMG_3252目 DSC01172目

 

デファインしているので比較しにくくなってしまいましたが(汗)、

 

外側の目元のラインが下がって優しい目元になったのがわかりますね。

 

デファインしていなければ、外側の白目の部分が多くなっているのがわかりやすいのですが。

 

白目が大きくなった分、目全体の印象が大きくなって華やかになります。

 

たれ目は目を優しくするだけでなく、目を大きく見せる効果があります。

 

これが切らずに簡単にできるのならやりやすいですよね。

 

 

(その他の症例)

埋没法+切らないたれ目 1か月後

切らずにたれ目にする方法 切らないたれ目術 5日後

女性らしい優しい目もとに!切らないたれ目術 1週間後

2016.08.14

下眼瞼下制、目の下の脂肪とり 1ヶ月後 No.6945 , たれ目

下眼瞼下制、目の下の脂肪とり 1ヶ月後

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

DSC09939目

DSC01153目

デファインをしているのでどれくらい白目が大きくなったかわかりにくくなったかもしれませんが、目の下のラインが下がって目がい大きく見えるようになったのがわかります。

 

目の下の脂肪をついでに除去していますので、目の下のクマも改善しました。

 

下眼瞼下制では切ってしっかり目の下のラインを下げて優しい女性らしい目元にし、目の露出が大きくなることで目全体の印象が明るくなります。

2015.05.10

下眼瞼下制(たれ目術) 1ヶ月後 施術症例 , , たれ目

下眼瞼下制(たれ目術) 1ヶ月後の経過です。

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

IMG_1695目IMG_2563目2

 

だいぶなじんで自然です。

 

同時に目頭切開をおこなっていますので、タレ目単独と少し印象が変わるかもしれませんが、目の下のラインに注目してください。

 

経験的に、もともと右目より左目のラインが下がっている方が割合としては多いのですが、今回のお客様も左が下がり気味です。

 

ですので、そこは左右差が強くならないように、左を控えめに、右を逆にしっかりめで下げることで調整しました。

 

左右差も少なくなって、白目の部分の面積が大きくなりましたね。

 

 

下眼瞼下制はまぶたの裏側を切ってしっかり目の下のラインを下げます。

 

傷は表に出ませんので、整形したこともばれませんし、腫れもそれほど出ません。

 

きつい目に見られがちの方、目を女性らしく大きくしたい方におすすめの手術ですよ。

2016.08.12

下眼瞼下制 1週間後、全切開・眼瞼下垂・目頭切開 半年後 施術症例 , , 全切開 , 眼瞼下垂 , たれ目 , 目頭切開

下眼瞼下制 1週間後、全切開・眼瞼下垂・目頭切開 半年後

 

【下眼瞼下制、全切開・眼瞼下垂・目頭切開】

(手術前)⇒(手術後)

DSC06893目

DSC03885目

 

目元が上下左右大きくなったことで目の印象が大きく明るくなりました。

 

ここまでがっちり変えるのは個人的には少し抵抗もありますが、ご希望に合わせて段階的におこないました。

 

上方向⇒二重切開、眼瞼下垂

内側方向⇒目頭切開

下方向⇒下眼瞼下制

の手術で目の縦幅・横幅を広くしていますので変化も大きくなります。

 

ちなみに

【下眼瞼下制】

(手術前)⇒(1週間後)

DSC03646目

DSC03885目

下眼瞼下制だけの変化だけ見てみますとこのような感じです。

 

まだ1週間ですのでこれからやや後戻りして完成していきます。

 

目の下のラインの外側が下がってタレ目になりましたね。

2015.04.2

目尻切開+たれ目形成で明るく優しい目元に。&目の下脂肪取り 1か月半 施術症例 , , たれ目

目尻切開、下眼瞼下制(たれ目形成)、目の下脂肪取り 1か月半後の画像です。

 

(手術前)⇒(1か月半後)

目尻切開、下眼瞼下制、目の下脂肪取り 手術前

目尻切開、下眼瞼下制、目の下脂肪取り1ヶ月後

?デファインが入っているので比較しにくいかもしれませんが、明らかに目元が華やかになりましたね。

 

下眼瞼のラインが下がって優しい目元になりました(カメラの角度を変えているわけではありません)。

 

また、目尻切開を併せて行うことで、より効果的にラインを下げて白目を大きく見せることができます。

 

たれ目形成(下眼瞼下制)の際には下眼瞼の眼窩脂肪を露出しますので、脂肪除去がついでに簡単にできます(セットでお安くしています)。

 

今回のお客様も、手術前の画像では目の下に少し脂肪のふくらみがあると思いますが、眼窩脂肪を同時に除去してクマを改善させました。

 

さて、たれ目形成ですが、今回の切るたれ目形成(下眼瞼下制)では眼瞼下垂の手術(まぶたを開けやすくする手術)と上下逆さまのことを行っています(下眼瞼の瞼板を引き下げた状態で、CPFという組織に縫って固定します)。

 

また、切らずに糸で同じようなことをおこなう「切らないたれ目術」もあります。

 

ダウンタイムを少なく手軽にやりたい方には切らない方法をされ方も多く、おすすめです。

 

上記のように目尻切開を併せて行うことで、より効果的に目の下のラインを引き下げて、目を大きく見せることが可能です。

 

目元がきつく見える方、

優しい目元にしたい方、

目を大きく華やかに見せたい方。

たれ目形成がおすすめですよ。

 

また、同時に脂肪が除去可能ですのでクマがあるかたは一石二鳥ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.06.18

下眼瞼下制 1ヵ月後 No.6364 施術症例 , , たれ目

下眼瞼下制 1ヵ月後 

 

(手術前)⇒(1ヵ月後)

DSC02479目DSC03797目

目の下のライン外側が下がって目の印象が優しくなりました。

 

目の下のラインが下がると白目が大きく見えやすくなり、目の印象が大きく見えるようになります。

 

今回はまぶたの裏側を切開してしっかりタレ目にする下眼瞼下制を行っていました。

 

切らないタレ目は、切らないので腫れにくく手軽な施術ですが、切るタレ目より戻りやすいという欠点があります。

 

タレ目をなるべく長持ちさせたいという方は下眼瞼下制がおすすめです。

 

ページトップに戻る ^
TOP