院長ブログ 院長ブログ

2017.12.7

下眼瞼下制、目頭切開(Z形成) 3ヶ月後 施術症例 , , たれ目 , 目頭切開

(手術前)⇒(3ヶ月後) DSC07173目 DSC09905目 目頭切開で目の幅が広くなりましたね。 後戻りの少ないZ形成で行っています。 切るタレ目(下眼瞼下制)をおこなって、目の下の外側のラインが下がり、優しい目元になりました。 また、白目の面積が大きく成ることでデカ目効果にもなりました。 目は上下左右に大きくすることができますが(下記コラム参照)今回は目の内側方向(目頭切開)とした方向に広げました。

2017.09.1

切らないタレ目 7ヶ月後 施術症例 , , たれ目

(手術前)⇒(7ヶ月後) DSC04303目 DSC00984目 今回の方は控えめな変化を希望されていました。 術前は左の目の下ラインが下がっていて、右の外側は上がっていました。 右の目尻は上がっているので右はしっかりめご希望でした。   右外側はしっかりめに、左は控えめに、切らないタレ目をおこないました。 右の外側はしっかりめに下がって、右目の外側の吊り上がった感じが改善し、白目の面積も大きくなったかと思います。 術前は目立った左右差が改善されました。 7か月経ったのでだいぶなじんで完成しています。   切らないタレ目は通常、左右しっかり目の下のラインを下げていきますが、今回のケースのように左右差を減らすように調整したり、ご希望に応じてしっかりめ・控えめに調整が可能です。

関連する施術

2017.08.4

切らないデカ目2点セット 1ヶ月後 施術症例 , , 眼瞼下垂 , たれ目

(手術前)⇒(1ヶ月後) DSC04229目 DSC05755目 切らないデカ目2点セット(切らない眼瞼下垂+切らないタレ目)をおこないました。 切らない眼瞼下垂で上瞼の開きが改善し、眠たそうだった目がはっきりとしました。 切らないタレ目で目の下の上がり気味だったラインが少し下がりましたね。 上下に目の開きが良くなったことで、黒目がしっかり見えるようになり、白目の露出も大きくなって目が大きく見えるようになりました。

2017.07.3

切らないタレ目 1ヶ月後 施術症例 , , たれ目

(手術前)⇒(1ヶ月後) DSC06491目 DSC07516目 切らずに糸でタレ目になりました。 切らないタレ目ではCPFという組織を瞼板に縫い縮めて目の下のラインを下げてタレ目にします。 切らない方法では、切るタレ目(下眼瞼下制)より腫れや内出血も少なくダウンタイムが短いです。 気に入らなければ糸を抜糸してたれ目を解除することが可能です。 ただ、目の下の外側をピンポイントで下げるため、最初のうちはラインがカクッとしていますが、1週間ほどでなじんでいきます。 戻せたりできて、ダウンタイムが短く安全な方法が良いという方にはおすすめの方法です。

関連する施術

2017.04.11

切らないタレ目 1週間後 No.8999 施術症例 , たれ目

(手術前)⇒(1週間後) DSC00484目 DSC00833目 切らないタレ目で黒目の外側の部分のラインを下げたことにより、上がっていた目尻側のラインが下がって優しい目元になりました。 目尻側のラインが下がったことで外側の白目の露出も大きくなり、デカ目効果もでましたね。 左目の下にやや内出血はありますが、切らずに糸で行っていますので1週間でこのような感じで不自然さは少ないです。 切る下眼瞼下制(グラマスライン)の場合は内出血や結膜浮腫、結膜下出血などでもう少しダウンタイムが長引く傾向があります。 切らないタレ目では気に入らなければ抜糸して戻すこともできますし、なるべくリスクをとりたくない方、ダウンタイムを長く取れない方ではおすすめの施術です。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP